高知市の柳町ってどこ?の疑問に答えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

手品家高知店は高知市の通称「柳町(やなぎまち)」と呼ばれる場所にあります。

しかし・・

高知市民でも柳町って聞いたことは、あるけど、具体的な場所を知らない人が多いようで。

そして・・

こちらの場所を知らない人には、

少し説明が難しい場所になります。

初めて来られるお客様から電話で・・

「場所は何処ですか?」

と聞かれた際には、いつも・・

「帯屋町と追手筋の間にあります、通称、柳町通りの中の龍馬ビルの8階です。」

と・・

少し回りくどい説明になってしまいます。

実は・・

手品家高知店の住所は柳町ではなく・・

帯屋町1丁目です。

しかし・・

高知県民に帯屋町と言うと・・

こちらのアーケード街をイメージされてしまいます。

帯屋町アーケードは高知市を代表する、大きな商店街で、高知のメインストリートと言っても過言でない場所です。

ですが・・

手品家高知店はアーケード街に面していなくて、アーケードの北側の裏道に入り口があるのです。

では・・

「帯屋町アーケードの北側の通りです。」

と、説明をすると、大抵、お客様から・・

「追手筋ですか?」

という返答が返ってきます。

追手筋とは、江戸時代から続く日曜市が行われている場所で、よさこい祭りの本部競演場にもなる場所。

こちらも高知のメインストリートのような飲み屋街です。

手品家高知店の場所は追手筋から言うと、一本南側の通りになります。

つまり・・

その存在感ある、帯屋町と追手筋、2つの場所の間に・・

ひっそりとある場所が柳町なのです。

しかし・・

実は住所的には「柳町」という場所は存在しません。

なので、手品家高知店の住所は帯屋町なのです。

実は・・

柳町の道を挟んで住所は・・・

南側は帯屋町、

北側は追手筋、

なのです。

スポンサーリンク

つまり、柳町は帯屋町と追手筋の境目になります。

どの辺りまでを柳町と言うかは、旧追手前小学校で現在、図書館を含む複合施設「オーテピア」が建設されている場所から道路を挟んで東側から入り・・

ビジネスホテルのドーミーインが建設されている辺りまでのようです。

ただし、わりとアバウトでしょう。

では、なぜ、この通りを柳町と呼ぶようになったかと言うと、

ご年配の方の話によると・・

昭和30年代頃に、この道に柳の木が生えていたからだそうです。

さて・・

その頃の高知市の中心街は今より、かなり違う町並みで、帯屋町や追手筋の周りには、すぐ川が流れていて人々は手漕ぎ船で行き来をしていたそうです。

「はりまや橋」の下には正真正銘の川が流れていたそうです。

現在は埋め立てられて、はりまや橋は橋と言うよりも道路になってしまいました。

そのせいなのか、

はりまや橋と言えば・・

日本三大がっかり名所の一つです(笑)。

ちなみに、その他のがっかり名所は・・

札幌の時計台と、

長崎県のオランダ坂、

もしくは沖縄の首里城という説もあります。

最後に・・

手品家高知店は、

こちらのビルの8階にあります。

皆様のご来店をお待ちしております。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です