くせ毛の改善と抜け毛予防には湯シャンがお勧め。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

私は湯シャン歴2年です。

湯シャンとは髪を洗う際にシャンプーは使わずに、お湯のみで洗う洗髪方法です。

リンスもしません。

それだけを言うと・・

「髪が臭くならない?」

「フケが溜まって痒くならない?」

「ハゲない?」

等と言われがちですが・・

いやいや・・

実は、

2年前から湯シャンに変えてから、私は良いことづくめです。

湯シャンにして良かった事の主な3つは・・

・髪がまとまりやすくなりセットが簡単になった。

・抜け毛が減った。

・お金と自由な時間が増えた。

です。

では、上記の3つに分けて、湯シャンの魅力を詳しく説明いたします。


①髪がまとまりやすくなりセットが簡単になった。

私が湯シャンにしてみようと思ったきっかけは昔から、ひどい「くせ毛」が悩みだったからです。

くせ毛は髪が乾燥しやすく、さらに乾燥によって、くせが出やすくなってしまいます。

私は元々、乾燥肌で汗はあまり書かない体質ですので、余計にでしょう。

2年前までは、髪がパサつき、くせでまとまりにくかったので、毎日、洗髪後にヘアオイルやヘアクリームでパサつきとくせを落ち着かせていました。

しかし・・

湯シャンに変えると、ビックリでした。

1日目からヘアオイル等を使う必要もなく、髪がパサつかず、しっとりして、今までにないくらい、まとまりやすくなったのです。

写真は湯シャンに変えたばかりの頃の私の髪です。

シャンプーは髪の油や頭皮の皮脂を、しっかり落として清潔にする・・

いやいや、騙されてはいけません。

実は・・

髪の油や皮脂は髪の健康の為に必要なものなのです。

その脂分が髪をコートして、まとまりやすくしてくれるのです。

シャンプーをしてリンスをして、さらに椿油等のヘアオイルで髪をケアしている方が多いですよね。

私も男なのに2年前までは、そんな事をしていました。

ハッキリ言いまして・・

そんなのは無駄な労力です。

ヘアオイルで髪をケアをするくらいならば、初めからシャンプーはせずに自分の体内から分泌された脂分で髪をコートすれば良いのです。

市販のヘアオイル等は、どんな添加物が入っているか素人にはわからないですし、人間の体に悪い成分が入っているかもしれません。

しかし、自分の体内から分泌された脂分ならば安心です。

専門家によると・・

髪の汚れは、お湯だけで十分に落とせる。

との事です。

ですので、洗髪はシャンプーは使わずに、お湯だけで良いのです。

でも、匂いやフケが心配という方・・

安心してください。

私は、湯シャンにしてから、家族や親しい知人に匂いを何度かチェックしてもらいましたが・・

特に髪から不快な匂い等はしていない事は確認済みです。

フケもシャンプーをしていた頃と比べて、特に増えた感じはしません。

それどころか、髪がまとまりやすくなって、以前より清潔に見えます。

くせも以前と比べると目立たなくなりました。

くせ毛の改善について、さらに詳しく知りたい方は、以前に書いた記事の・・

くせ毛の男性が縮毛矯正をかける際にお勧めの髪型

こちらも合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク


②抜け毛が減った。

抜け毛予防の為に毛穴に詰まった皮脂をしっかりと落とす・・

なんて、うたい文句のシャンプーがあったりしますが・・

こちらも騙されてはいけません。

先ほども言ったように・・

皮脂は髪の健康の為に必要なモノなのです。

とは言っても・・

皮脂が溜まりすぎるのもダメです。

では、やっぱり、シャンプーが必要なのか?

いいえ、違います。

シャンプーで皮脂を落とすのは逆効果なのです。

皮脂を洗い流すと、人間の体は自然に皮脂を補充する為、さらに分泌するように出来ています。

しかし、それが続くと体は大量の皮脂を分泌するようになります。

つまり、皮脂が溜まりすぎる原因は・・

皮脂をシャンプーで落としすぎるからなのです。

ですので、

抜け毛予防の為にも、洗髪は湯シャンが、ちょうど良いのです。

私は湯シャンにしてから、排水溝に溜まる抜け毛が一気に少なくなりました。

今年、40歳になりますが、同性代の方と比べても髪の量は若いころと比べて、あまり変わっていない方だと思います。


③お金と自由な時間が増えた。

湯シャンに変えてから、シャンプーとリンスを買う事は、ほとんど無くなりました。

さらに・・

髪がまとまりやすくなったので、整髪料を使う事も滅多にありません。

ですので・・

シャンプーとリンス代、整髪料等を買うお金を節約することが出来るのです。

また・・

シャンプーとリンス、さらに洗髪後のヘアオイルなど、髪のケアにかける時間が格段に減らす事が出来ます。

その分の時間をほかの事に使うことが出来るのです。


正しい湯シャンの方法はシャワーを流しながら髪だけでなく、頭皮も優しく、しっかりとマッサージすることです。

しかし・・

私は現在、まったくシャンプーをしないというわけでは、ありません。

いつもより大きな舞台でマジックショーをする際などは、気合を入れるために髪をセットする時があります。

その日は、整髪料を落とすために、シャンプーをするようにしています。

ただし・・

それは、月に2~3回程度です。

つまり・・

それ以外の日はシャンプーもしていないし、整髪料なども、まったく付けていないという事です。

そもそも、日本でシャンプーが普及したのは戦後からだそうです。

それまでは、シャンプーをする習慣は、ほとんどの人が無かったのです。

湯シャンについて、もっと詳しく知りたいという方には、こちらを読んでみてください。

マンガで分かる肉体改造 湯シャン編 (ヤングキングコミックス)

私は湯シャンに変えてから、体も石鹸やボディーソープなどは、あまり使わないようにしています。

ボディーソープを使うのは・・

夏場は2日に1度。

冬場は週に2回程度です。

それ以外の日は、お湯のみで体も洗っています。

お湯だけで体の汚れも大半は落とせるのですから、それだけで十分なのです。

毎日、ボディーソープで体を洗っている頃は、冬場になると、体が乾燥で痒くなることが多かったのですが・・

お湯のみで洗う事で、痒くなる事がなくなりました。

脂分を落としすぎるのは、髪にも頭皮にも、また、体全体の肌にも良くありません。

髪も体も毎日、お湯で洗えば十分に清潔なのです。

スポンサーリンク


*アイキャッチ画像「Pixabay」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です