マジシャンから見たタロットカードの真実。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに

私はマジックに応用出来ないかとタロット占いを少しだけ勉強してみたことがあります。

ですので、簡単なタロット占いなら出来るようになりました。

実際にタロットカードについて調べてみると、なかなか面白いものです。

それでは、タロットカードの歴史や真実について、驚きの逸話を、まとめてみましたので、ご一読ください。


トランプはタロットカードが進化したもの?

トランプは元々はタロットカードから生まれたという説があります。

タロットカードといえば、よく占いに使われるアイテムですが、トランプも占いに使われる事があります。

そして・・

トランプも元々は占いに使われるアイテムとして生まれたものなのではなっかったのか・・とも?

それを裏付けるような説が・・

・ジョーカーは元々はタロットのフールのカード。

・1人で遊ぶソリティアは占いが発展したもの。

・トランプは1年間365日を現しているカードである。

・トランプの4つのマークは四季を意味している。

・Aを1、Jを11、Qを12、Kを13として52枚のカードの数字を全て足すと364になる。

・それにジョーカーを1として足すと1年間の日数と同じ365になる。

・エキストラジョーカーが入っているのは4年に1度の閏年は366日であることを意味している。

なかなか、神秘性を感じる説ではありますが、実は・・

これらは、全て間違いなのです。

真実は・・

トランプは元々、ゲーム用のカードとして生まれたものです。

トランプの数字を全て足すと364日なるのは単なる偶然です。

そして・・

タロットカードも元々はゲーム用のカードとして生まれたものなのです。


タロットはカードゲームとして生まれた

タロットは14世紀から15世紀頃に北イタリアで生まれたゲーム用のカードなのです。

ですので・・

タロットカードは占いをする為に発明されたというのは間違いです。

ヨーロッパの一部の地域では実際に今でもタロットを使ったカードゲームがプレイされているそうです。

しかし、イギリスやアメリカでは、全くタロットのゲームがプレイされることはありませんでした。

タロットカードが占いのアイテムとして使い始められたのは19世紀頃からなのですが・・

タロット占いをする人達はタロットを使ったカードゲームの存在を知らなかったのです。

その為、タロットカードは占いをする為のものというイメージが定着してしまいました。

さらに・・

タロットカードは占いをする為に発明されという、間違った解釈も広まったのです。


スポンサーリンク


タロットカードとトランプは元々は同じカードだった?

タロットカードの構成は大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードの2種類に大きく分かれていて、合計78枚あります。

その中の小アルカナはトランプと同じく、4つのスート(組)に分かれて、さらに数字(1~10)を示す数札と人物を描いた人物札に分かれています。

トランプと違うのは人物札がトランプはJ(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)の3種類ですが・・

人物札にはペイジ(小姓)のカードが加わって4種類あるところです。

それ以外は、トランプと大変に似ています。

ですので・・

この小アルカナがトランプの原型ではないかという説があります。

しかし・・

タロットカードが生まれたのは14世紀から15世紀頃と言われていますが・・

トランプが生まれたのは、12世紀以前に中国で生まれたというのが、現在、有力な説とされています。

その説に基づけば、タロットよりトランプが先に生まれたということになります。

ですので・・

トランプからタロットの小アルカナが生まれ、さらに大アルカナが加わって、タロットカードが生まれたという説もあります。

しかし・・

タロットもトランプも、昔は枚数等も今と同じでなく、少し違った状態のものだったそうです。

時代と共に、タロットは占いをしやすいように、そして、トランプはゲームをしやすいようにと、用途に合わせて進化していったのです。

ですので・・

元々は同じものであったのではないかという風にも解釈出来るはずです。

ちなみに・・

トランプをトランプと呼ぶのは実は日本だけで英語圏の国ではplaying cards(プレイングカード)と呼びます。

trump(トランプ)という呼び名は元々、ゲームのルール内にある切り札の意味です。

実はタロットというのも、同じく、元々はタロットカードを使ったゲームのルール内にある切り札の意味だそうです。

元々は同じものだとすれば、それぞれのゲームをしやすい風に進化していったとも考えられますよね。


タロットカードを使ったマジック

ほとんどのマジシャンはトランプを使ったマジックを演じています。

トランプはマジックのアイテムとして、最もポピュラーなものと言えます。

その理由は・・

トランプは、とても身近なアイテムでマジシャンに限らず誰もが、手にして遊んだことがあるものだからです。

トランプの数字やマークの構成は、ほとんどの方が知っています。

例えば・・

「好きなトランプを1枚言ってください。」

と、質問をすれば、世の中の、ほとんどの方が答えられます。

つまり・・

トランプは身近で誰でも、よく知っているものですから、とてもマジックの構成を作りやすいアイテムなのです。

ところが・・

「好きなタロットを1枚言ってください。」

と、質問して答えられる方は少ないです。

それは、タロットカードは見たことはあったとしても、手にしたことのある人は少なく身近なものではないからです。

しかし・・

実際にタロットカードを使ったマジックも存在します。

日本でも、「タロットカードマジック事典」という、タロットカードを使ったマジックの専門書も出版されています。

私も、こちらの本を読んでタロットカードを使ったマジックを勉強してみました。

本の内容は・・

既存のトランプを使ったセルフワーキングやメンタル系の作品をタロットカードを使うバージョンにアレンジしたものが、ほとんどで目新しいと言えるものはありませんでしたが・・

タロットの歴史等についても書かれていたりして、興味深い内容もありました。

また、自分でタロットを使ったマジックを考える際の参考になりました。

タロットカードは身近なものではありませんが、神秘的なイメージがあり、幻想的なデザインですから、メンタルマジックと呼ばれるマジックに大変に相性が良いと思われます。

数年前に「メンタリズム」と呼ばれる、人間の心理や行動学を利用したパフォーマンスがテレビ等でも話題になり、ブームになりましたが・

それは、元々は「メンタルマジック」と呼ばれて、古くからマジシャンの世界に存在しているパフォーマンスなのです。

メディアでメンタリズムと呼ばれるようになり、最近ではマジシャンの間でも、その呼び名が普通に使われるようになっています。


実際にタロット占いは当たるのか?

マジシャンは占いというものを、どう思っているのかと言うと・・

マジシャンの間でも主に3つのタイプに別れます。

①ぜひ、自分の事も占ってもらいたい。

②自分も占いが出来るようになりたい。

③占いなんてインチキ。

つまり・・

世間一般の方と特に変わりはないということです。(笑)

ちなみに、私は②のタイプです。

実際に占いを仕事にしたいとまでは思いませんが・・

興味はあるので、タロットの勉強もしてみたのです。

タロット占いでカードの意味を読み取るテクニックを「リーディング」と呼びます。

その「リーディング」のテクニックは、まさに、マジシャンの「メンタルマジック」を演じるテクニックと共通する部分があります。※

さらに、占い師がよく使うと言われている「ゴールドリーディング」と呼ばれるテクニックは、マジシャンにとっては「メンタルマジックそのもの」と言えるようなテクニックです。※

(※個人的な見解です。)

しかし・・

マジックと占いは、もちろん別物です。

それは、目的が違うからです。

マジックは人を楽しませるエンターテイメントです。

占いは人の悩み事を解決するアドバイスをする。人助けが目的です。

占いが当たるのか?

それは、人それぞれでしょう。

マジシャンはお客様の選んだカードを必ず当てます。

それは、当てる事が目的である、エンターテイメントだからです。

しかし・・

占い師がお客様のカード当てたとしても、何の意味もありません。

目的は悩みを解決することですから。

ですので・・

占いが当たるのか?

というのは・・

悩みが解決したか?

ということです。

昔から占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦と言われています。

残念ながら、マジックとは違って、必ず当たるとは限らないでしょう。

しかし、実際は・・

そこが、占いの重用な部分ではないのでしょう。

人は自分の悩みを誰かに相談し、話を聞いてもらいたいものなのです。

それだけで、心が楽になるものなのです。

特に女性の方が、その傾向が強いのです。

ですから、占いというものは、男性よりも女性の方が興味を持つ傾向があるのです。

例えば・・

浮気性の彼氏と別れたいけど、なかなか別れを切り出せないでいる女性がいるとします。

そういう方が占い師に相談をするとします。

女性はもちろん・・

「別れた方が幸せになれるのか?」

と訪ねるでしょうが・・

実際に答えは、占う前に、すでに出ているのです。

占い師の役目は、悩んでいる人に、占いを通して・・

一歩踏み出す勇気を与えることです。

人間は人生において、迷ったり悩んだりと、決断力を必要とする場面が多々あります。

もちろん、占い等は特に必要としない人もいるでしょう。

しかし・・

世の中、そのような強い方ばかりではないのです。

人間は弱い生き物なのです。

ですから、世の中で占いというものが、これだけ流行っているのでしょうね。

ですから・・

占いを上手く利用して、人生に生かすことは、決して悪い事ではないでしょう。

それで、人生が良い方向へ進んでいくのであれば、喜ばしい事です。

ただし・・

残念ながら、まれに悪徳な占い師が存在することも事実です。

そこには気をつけないといけません。

昔から言われる、災いが起こると脅して高額な壺を売り付けたりとするような悪徳な占い師に騙されてはいけません。

恐怖心を煽り、高額な金額を要求するのは100%詐欺師です。

また・・

あまりにオカルト的な話をしたり、マジックのようなパフォーマンスじみた事をする占い師も怪しいです。

例えば・・

初対面なのに、生年月日や家族の名前等を占いで当てられたとしたとしたらならば・・

驚いて、すごい占い師だと思ってしまうかもしれません。

しかし・・

そういう、パフォーマンス的な占いをする人ほど、怪しいものです。

今はインターネットが発達した情報化社会です。

SNS等で初対面の人の生年月日等、個人情報を調べることは簡単な事です。

マジシャンは人を決して騙しません。

なぜなら・・

マジシャンはマジックにはトリックがあると認めた上で演じているからです。

しかし・・

トリックがあるのにな無いふりをして、オカルト的なパフォーマンスにしてしまう人は詐欺師です。

占いの目的は人の悩み事を解決することであり、良心的な占い師は、オカルト的なパフォーマンスや、また、人の恐怖心を煽るような事はしないはずです。


まとめ

・タロットカードはゲームを楽しむカードとして生まれた。

・タロットとトランプは元々は同じカードだった可能性がある。

・タロットカードを使ったマジックも存在する。

・占い師の役目は人の悩み事を解決する事である。占いを悩みの解決に上手く役立てるのは、悪い事ではない。

・ただし、悪徳な占い師も存在するので気をつけないといけない。恐怖心を煽って高額な金銭を要求したり、オカルト的なパフォーマンスをするような占い師は怪しい。

スポンサーリンク


最後に・・

トランプの歴史について、もっと詳しく知りたい方は以前に書いた記事の・・

トランプの歴史。


こちらも読んでみてください。

こちらの記事の写真で使っているタロットカードはこちらです。

The Rider Tarot Deck

新品価格
¥1,715から
(2017/9/29 03:26時点)


おそらく、最もオーソドックスなタイプのタロットです。

 

タロット占いを勉強してみたい方は、まずは、こちらの本をお勧めします。

はじめての人のためのらくらくタロット入門

新品価格
¥1,296から
(2017/9/29 03:20時点)


わかりやすく、基本から書かれています。

 

タロットカードを使ったマジックの専門書はこちらです。

タロットカード・マジック事典

新品価格
¥21,678から
(2017/9/29 03:17時点)


現在は発行されてないのか・・
プレミアで値段は、かなり高くなっているようです。

「マジシャンから見たタロットカードの真実。」への8件のフィードバック

  1. いつも面白く拝見しています。
    私の元マジシャン、現プロタロット占い師という立場での意見を述べますと、タロット占いとメンタルマジックは共通する部分はあまり感じません。
    タロット占いはダウジングに近く、カードを読むリーディングより相手のイメージからカードを混ぜるシャッフルが遙かに重要だからです。
    あと、コールドリーディングという当たったかのように誘導させる話術はタロット占いでは必要が無く、コールドリーディングを使う占い師は占う技術の無い三流占い師と言わざるをえません。
    また、タロット占い師はカード一枚一枚の意味をお客さんに伝えるなどという事もしません。カード一枚の意味を読むという事もしません。ほとんどの場合複数読み、多い時には22枚以上同時読みをするので一枚の意味を伝えることは意味が無いのです。
    テーブル一面に並んだカード群を見るだけで情景が浮かび、その人の想いや状況、未来の出来事が手に取るように物語として読み、相手にその物語を伝えるのがタロットリーディングです。
    例えるならムスカが飛行石を手に持ってラピュタ語を「読める!読めるぞぉ!」と叫ぶ…あのイメージです。
    タロット占いは地球上どんなに離れていてもタロットカードを使えば「名前」と「年齢」があればその人の気持ちや未来に起こりうる状況を信じられないぐらい当てられます。シャッフルとリーディングが完璧に出来れば誰でも出来ます。
    それがタロット占いです。そこにはメンタルマジックの技術は無く、当てるための技術自体存在しません。
    タロットは当たるのですから。

    1. タロット占い師まーさんへ

      コメント、ありがとうございます。
      とても、興味深い内容とご指摘を頂き、勉強になります。

      メンタルマジックとコールドリーディングについての本文での内容は私の個人的な見解でしたので、そこは誤解のないように、補足修成させて頂きました。

      タロットを一枚一枚ではなく、複数同時に、さらに22枚を瞬時に読むというのは驚きました。
      素晴らしい熟練者のなせる技術だと思います。
      技術と言うより、能力と言うべきでしょうか。
      コールドリーディングを使う占い師は三流というのも、初めて耳にしました。とても興味深い言葉です。

      私は占い師と呼ばれる人は昔はカウンセラーのような役割をしていたのではないかと思っています。
      医学の世界に西洋医学と東洋医学があるように、現代のカウンセラーが西洋医学なら占い師は古典の東洋医学のような存在。
      もちろん、存在意義があるから、現代にもその文化は引き継がれているのだと思います。

      ただし、占いは未来を予測するもので、それは必ずしも100%当たるものではないと思っていました。
      ですので、幾つか疑問がありますので、3つほど質問をさせてください。

      ①タロット占いは未来を100%当てられるのでしょうか?

      ②だとしたら、近い将来に来ると言われている南海地震は具体的に何年後?そして、日にちまでを正確に当てられるのでしょうか?

      ③名前と年齢だけで、人の未来がわかるのなら、小さな子供が将来、どんな職業について、何歳で結婚をし、何歳まで生きるのか?
      そこまで具体的にわかるということでしょうか?

      極論的な質問で申し訳ありません。
      ですが、どうしても疑問に思ってしまったので・・
      ご回答頂ければ、嬉しく想います。

  2. ①タロット占いは未来を100%当てられるのでしょうか?
    まずタロットが一番得意とするのは人や動物の感情を読み取ることです。これは条件にもよりますが限りなく100%に近い確率で当てられます。タロットで見える未来はその感情の状態の変化が見えるので別れ、ケンカ、離婚、結婚、死期、という人の状態が高確率で見えます。しかしそれは決定未来ではなく変えられる未来なので離婚の回避、ケンカの原因の洗い出しをする事で変える事が出来ます。よって当てられる未来は人に起こる事象が見えるという事になります。
    ギャンブルもある特別な条件下では当てることも可能です。

    ②だとしたら、近い将来に来ると言われている南海地震は具体的に何年後?そして、日にちまでを正確に当てられるのでしょうか?
    タロットで見えるのは人の感情なので正確に南海地震の時期を知ることはできません。ダウジングは無機質なものも当てられるので可能かもしれませんが。
    ただ、我々占い師は日々多くの人々の占いをしていますがその全ての方に未来があります。途切れていません。たとえばあるとき急に多くの占う人たちの未来が終わる…という結果が同時に出だしたら…災害の可能性はあると思います。
    よって今は南海地震はまだ来ないと思っています。

    ③名前と年齢だけで、人の未来がわかるのなら、小さな子供が将来、どんな職業について、何歳で結婚をし、何歳まで生きるのか?
    そこまで具体的にわかるということでしょうか?
    まずタロットで見えるのは長くて1年程度が限界です。あとタロットが感情を読む占いという性質上、一番不得意なのは「どんな」という質問です。
    どんな職業、どんな人と出会い、どんな人と結婚…はほぼ見えません。
    逆に「4月から○○の仕事に就くが上手くやっていけるか?」「付き合っている人がいるが結婚できそうか」は明確に見えます。また、婚約をして婚期に入っていれば結婚の時期と結婚後の生活も見えます。
    死期も近々そうなりそうだという状態なら日まで見えることもあります。

    とまあ、かなり制約も条件もある中ではタロット100%見えるという状態なので占う人の質問の内容、状況によって当たらない(見えない)という事が起きてしまうという事です。

    ジャックさんがイメージされているコールドリーディングで当たるように誘導させる占いというのは命、卜、相の命と相の占いの事だと思います。卜は性質が全く違うので占いでひっくるめると誤解されやすいのです。

    1. とても、詳しく、ありがとうございます。

      「命、卜、相」という言葉は正直、知らなかったので調べました。
      占いには、そのようなジャンルの違いがあったのですね。
      勉強になります。

      ご存知かもしれませんが、私は私立高校でマジックの授業を担当しています。
      授業の中でマジックの話から派生して占いの話をすることが、たまにですがあります。
      また、占いに関する質問を生徒から受けることもあります。
      もちろん、占いそのものを否定するようなことは一切、言いません。
      ただ、実際に占いを装う詐欺師のような人もいますので、その部分には気を付けましょうという話は本文のようにしています。
      数年前ですが、実際にタロットに興味があり、タロットカードも持っている女子生徒がいました。
      知識は私よりも乏しかったですので、知っている限りのカードの意味などを、私なりに説明したこともあります。

      今後の参考にしようと思い、遠慮のない突っ込んだような質問をさせて頂きました。

      ただ・・

      ご回答頂いた、内容をそのまま説明するのは高校生には理解しずらい部分が多くあると思います。
      正直、私も一部、理解しずらい部分があります。

      わからない事を、わからないと言うのは簡単ではありますが、出来る限り生徒の質問には、わかりやすく答えたいと思っています。

      ですので、私なりに要約させていただくと・・

      プロの占い師の方の話によると、

      ・タロット占いは当たるとは限らないというわけではなく・・
      当てられる質問もあるが、当てることの出来ない質問もある。
      (文面からすると、未来を当てるというよりは、未来が見えると言った方が正しいようにも思います。)

      ・タロットは天災など、未来に実際に起こるか不明な事を見ることは基本出来ない。
      ただし、人の感情などは見ることが出来る。

      ・タロット占いは、まだ何も決まっていないような将来を見ることは出来ないけど、ある程度、具体的に進んでいる事柄の近い将来なら見ることが出来る。

      という解釈で宜しいでしょうか?

      あと、もう一つ、出来ればお聞きしたいことが・・

      ダウジングが動くこと自体は人間の不覚筋動によるものというのは、占い師の立場の方も同じ見解でしょうか?

      プロの占い師に、このような事を聞ける事なんて、めったにない事ですので、本当に感謝いたします。

      1. 解釈はそういう意味であっています。
        ただ、それが正解というより占い師によっては多少違う意味を持ってる方はいると思います。
        タロットの原理が解明されていない分起きる事象の解釈には幅はあると思います。

        「ダウジングが動くこと自体は人間の不覚筋動によるものというのは、占い師の立場の方も同じ見解でしょうか?」
        これは当たり前ですというぐらいに思っています。
        逆に振り子が動くという事が霊とか未知のエネルギーで動いていると思う事自体が滑稽に思います。
        最初にタロットとダウジングが似ていると言ったのはタロットのシャッフル自体が不覚筋動だからです。
        混ぜるという行為は不覚筋動ではありませんが、カードがその位置に並ぶ、ランダムに並んでいるわけではなく意味のある並びになる事が不覚筋動だからです。
        ●ダウジング→前後に揺らす(自覚筋動)→頭の中に質問のイメージをする→右、もしくは左に回転する(不覚筋動)
        ●タロット→カードをシャッフルする(自覚筋動)→頭の中に質問のイメージをする→カードが意味のある位置に移動する(不覚筋動)
        トランプの最中に混ぜるシャッフルとタロットで占いシャッフルは全くの別物です。
        トランプゲームのシャッフル→文字のランダムな羅列
        タロットのシャッフル→文字の並びが文章

        もう一つ面白いのはタロットはスプレッドという並べ方というものがあります。ヘキサグラム、ケルト十字など。
        プロのタロット占い師の多くはそれを発展させたオリジナルのスプレッド(並べ方)を持っていてスプレッドの形は無限に存在すると言っていいでしょう。
        そしてタロット占い師がそれぞれのスプレッドを使って占う中で質問をイメージしながらシャッフルすれば占い師のイメージするスプレッドの位置にカードはちゃんと並んでくれます。

        あともうひとつ、タロット占いがシャッフルの方が重要と言ったのは環境やコンディションに左右されながら、どれだけ集中してシャッフル出来るかによって読みやすい並びになるかどうか=的中率が決まります。
        占い師はそれだけシャッフルに気を遣い、最高のコンディションでシャッフルしようとします。
        ・テーブルの材質
        ・時間帯(この時間帯は占ってはいけないなど)
        ・月齢
        ・鐘やストーンを使う
        ・音楽や香、部屋の色
        さまざまな条件を半ばこじつけに近い状況で占い師ごとにこういうコンディションだとリーディングしやすいというものを持っています。
        ちなみに私は月齢によってリーディングが左右され、満月の夜、特に月食の夜は神がかったリーディングが出来ます。

        1. またまた、詳しい説明を頂き、ありがとうございます。

          タロット占い師が環境がコンディションによって、リーディングのしやすさが変わるというのは・・
          スポーツの世界でアスリートが試合前にシューズを左右どちらを先に履くかを拘ったり、試合前に必ず聞く音楽があるなど、いわゆる、ジンクスと呼ばれる拘りに似ているのかなと。

          そして、最高のコンディションが整えば、神がかったリーディングが出来るというのは・・
          脳がトランス状態になり、驚異的な集中力を発揮している状態なのかもと思います。

          もちろん、私の個人的な見解です。
          素人なのに、すみません。

          しかし、
          イメージをすると不覚筋動によりカードが意味のある並びになるという部分については・・
          こればかりは、常識内では仮説のたてようもないですよね。
          謎としか言うしかないような。
          そもそも、メカニズムが解明されていないとすれば、謎なのは当然でしょうが。

          ただし、
          タロット占いは主に人の感情を読み取るものだとすれば・・
          やはり現象でいうと「当たる」と言うよりも「見る」もしくは「読み取る」と言うようなものではないかと。
          マジックに例えれば「予言」ではなく「読心術」的な現象をおこしているように思います。
          「当てる」というのは、一般的に言うと例えば・・
          次のサッカー・ワールドカップの優勝国はズバリここ!
          という風に、ズバリ的中させる事だと思います。
          しかし、人の感情というものは複雑ですので、ズバリ一言で言い表す事自体が難しいと思いますので。
          なので、一般的にも肯定と否定の見解が別れてしまうのかなと思うところです。

          そこで、もう一つだけ、お聞きしたいのですが・・

          もし、タロット占いでマジックのような現象をおこせるとすれば・・

          例えば、
          お客様がこれから引くトランプを、前もって予言するのは、今まで教えて頂いた話では難しいのではと思いますが・・

          例えば、
          お客様がすでに引いたトランプを、見ずに当てる。
          これなら、可能でしょうか?

          もし、出来るのであれば、その方法を、ぜひとも学んでみたいと思うところです。

  3. 当てるの概念がタロットでの”当たる”と一般的な”当たる”では違うと思います。
    占いで要求される”当たる”は恋人同士の気持ちや今後などですが、確かに次のサッカー・ワールドカップの優勝国は当てられないです。
    しかし死期と離婚の時期は当てた事がありますし、そういう意味での”当たる”はあり得ますね。

    お客様がすでに引いたトランプを、見ずに当てる。
    これなら、可能でしょうか?

    ダウジングなら可能だと思います。
    しかしダウジングもタロットも結果を導き出すにはマジックのテンポは出せません。
    そういった現象はマジックで実現した方がはるかに確実ですし演技として成り立ちます。
    ジャックさんも言うようにタロットで当たるはどうでもよく、その人が幸せになるかが大事ですよね。

    余談としてはある条件下でレースの1着2着3着は当てて利益を出した事もあります。
    (これはタロットの理論上可能ですが詳細は言えません)
    でも次のレースで外せば”ほら当たらなかったじゃないか”になるでしょうね。

    1. さっそく、お返事を頂き、ありがとうございます。

      なるほど。
      占い師の方のスキルでマジックにも応用のきくものがあれば、新しいパフォーマンスを作れないかと思ったのですが。
      なかなか、そこは難しそうですね。

      レースの結果を当てたという話は驚きで興味深いところではありますが・・
      詳細は言えないとのことですので、質問は控えておきます。

      貴重なご意見とお話を沢山、コメントを頂き、勉強させて頂きました。
      本当にありがとうございます。
      感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です