高知県民は本当に酒が強いのか?



スポンサーリンク

はじめに


高知県民は昔から酒が強いというイメージがあります。

実際に2014年の「酒豪」が多そうなイメージの都道府県はどこ?というランキングで高知県は・・

1位です。

こちら→「酒豪」が多そうなイメージの都道府県はどこ? 

しかし・・

実際の所は、私の知人でも高知県民なのに、ほとんどお酒が飲めない人もいます。

私もお酒は好きですが、特に強い方ではありません。

他県と比べて高知県民は本当にお酒が強いのでしょうか?

高知県民は本当に酒が強いのか?


面白いデータをいくつか見つけたのでご紹介します。

まず・・

2016年の都道府県別の飲酒費用ランキングで・・

高知県は1位です。

こちら→都道府県別統計とランキングで見る県民性

ちなみに2位は東京都で3位は山形県でした。

これは総務省が都道府県別で家計で使う飲酒費用の平均を調査したものです。

高知県は38910円で全国で断トツです。

このデータから高知県民は圧倒的にお酒を飲む習慣が多いことがわかります。


スポンサーリンク

さらに・・

成人一人当たりのアルコール消費量ランキングでは・・

高知県は2位です。

こちら→お酒の消費量 一番飲酒量の多い都道府県は?

1位は東京都でした。

こちらは国税庁のデータを元に成人一人あたりのアルコール類の消費量の平均を都道府県別で調査したものだそうです。

1位は東京都でしたが、高知県も2位ですので・・

やはり、酒好きが多いということですね。

ただし・・

詳しく調べてみると、高知県はある特定のお酒の消費量が全国で断トツ1位であることが分かりました。

それは・・

発泡酒です。

発泡酒と言えば、ビールよりも安く飲めるお酒。

つまり・・

高知県民はお酒において、質よりも量という事ですね(笑)

さらに調べると・・

医学的に・・

酒豪の遺伝子を持っている人の多い都道府県ランキングというデータ

というものがありました。

そちらで高知県は・・

10位でした。

こちら→“酒豪”どこに多い? 「全国酒豪マップ」の謎

1位は秋田県で2位は岩手県です。

高知県は高い方ではありますが・・

10位ですので特別高いというほどではないですよね。

つまり・・

高知県民は酒が強いとは限らないけれど、酒を飲むことが大好きという事です。

高知県の酒文化


高知県では昔から「おきゃく」という文化があります。

高知県民は、冠婚葬祭や神事、節句など、何でも理由をつけて宴会をします。

親戚や友人、近所の仲間等が集まると必ずと言っていいほど宴会をするのです。

そこから、宴会の事自体を「おきゃく」と言うようになったらしいです。

ですので、改めて・・

結論は・・


高知県民は宴会が好き

という事ですね。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

まるでリアル「君の名は。」北川村の星神社の伝説。



スポンサーリンク

はじめに


先日、今更ながら、2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」を観賞しました。

物語の中で、ヒロインは田舎町にある神社の娘で巫女として1200年続く伝統儀式を受け継いでいて、隕石落下の災害から町を守っているという設定でした。

「君の名は。」を観賞して私は、子供の頃に父親から聞いた、父親の故郷の神社に伝わる奇妙な話を思い出しました。

私の父親は高知県の東部に位置する安芸郡北川村出身です。

*北川村にある平鍋ダム湖 
パブリックドメイン ウィキメディア・コモンズより

北川村は人口1200人程度の小さな村で、コンビニも見かけることが出来ないような、いかにも田舎という場所なのです。

まさに「君の名は。」に登場する架空の田舎町の糸守町のような場所・・

いや、それよりも田舎かも。

北川村には星神社という神社があり・・

その神社で2年に1度、「お弓祭り」という村をあげての一大行司のようなお祭りが行われます。

この、お祭りには大変に奇妙な逸話があるのです。

お弓祭りとは?


北川村にある星神社という神社で2年に1度、1月8日に開催される、1000年以上続くと言われる大変に伝統のあるお祭りです。

村で生まれ育った長男達12人が元旦から1週間、毎朝、川で水行をして身体を清めます。

祭り当日は五穀豊穣・悪霊退散を祈願して、全員で合計1008本の弓を引くという神聖なお祭りだそうです。

現在は少子化の影響で長男でなくても弓を引くことが出来るそうですが。

お弓祭りの奇妙な伝説


お弓祭りは早朝から始まり、夕暮れに終わるのですが・・

「お弓祭りの後は星神社の森に天狗が出るから誰も立ち入ってはならぬ。」

という言い伝えが昔からあるそうです。

ですので・・

お弓祭りの後は村人達は皆、星神社には残らず、別の場所で集まりお酒を飲んで宴会をしているそうです。

しかし、

過去に一人、祭りの最中に酔っ払った村人の男性が・・

「俺は天狗が出るなんて信じない!夜までここに残ってやる!」

と、その言い伝えに逆らって、祭りの後に星神社に残ろうとしたそうです。

他の村人は星神社から出るように忠告をしましたが、その男性は聞く耳を持たずに頑なに動こうとしませんでした。

結局・・

村人達は諦めて、その男性だけ残して、星神社を後にしました・・

その日の夜、

男性は村人達の元へ、異様な姿で現れたそうです。

顔は真っ青、

服はボロボロ、

体中が震えて、

何かがあって、大変に脅えている様子。

村人達は驚いて・・

「一体、何があったんだ?」

と聞きましたが・・

その男性は一切、何があったのかを口にしなかったそうです。

その後・・

男性は数日経つと元気を取り戻し、元通り何もなかったかのように過ごしていました。

しかし・・

村人達から、お弓祭りの夜の事を聞かれると・・

急に顔色を変えて、頑なにその日の事だけは口にしなかったそうです。

それは仲の良い友人や家族にも話そうとしなかったそうです。

やがて、時が過ぎて男性は年老いて、お亡くなりになりました。

ところが・・

男性は亡くなる直前に自分の息子だけに、お弓祭りの夜の事を話したという噂が村に広がりました。

そして・・

村人達はその事を、息子に聞こうとしました。

しかし、

その息子も、父親のお弓祭りの夜の事を聞かれると・・

急に顔色を変えて決して話そうとしなかったそうです。


スポンサーリンク

以上が私が父親から聞いた、お弓祭りに関する奇妙な逸話です。

本当にあった話なのか、どうかの確認はしていませんが・・

「お弓祭りの後は星神社の森に天狗が出るから誰も立ち入ってはならぬ。」

という、言い伝えがあるのは本当です。

最後に・・


お弓祭りは昭和39年に高知県の無形民俗文化財に指定されているようです。

私は高知市で生まれ育ったので、お弓祭りを見に行ったことは2回ほどしかないのですが・・

高知県の郡部は特に少子高齢化が進んでいる場所が多いですので、こういった伝統あるお祭りを続ける事が難しくなっている場所が多いそうです。

ですが・・

1000年以上続く伝統を、何とか、これからも守って行ってもらいたいと願いたいですね。

スポンサーリンク

2019年にマジックブームがやって来る!?



スポンサーリンク

はじめに


マジックブームは7年周期で来るという説があります。

最近のマジックブームと言える時期は・・

2012年頃でした。

その年はメンタリズムと言われる心理トリックを利用したマジックが話題となり、テレビ等のメディアでメンタリストと呼ばれるパフォーマーが活躍しました。

その時期から予想すると・・

2019年が7年後となり、マジックブームになる!

かもしれません。

マジックブームの歴史


日本での過去のマジックブームを調べると・・

・1970年頃
大脱出マジックブーム

・1977年頃
超能力ブーム(スプーン曲げ等)
*正確には1974年から80年代初頭まで。

・1984年頃
お笑いマジックブーム?
(1980年代初頭の万歳ブームの中でお笑い系マジシャンかブレイクした。)

・1991年頃
超魔術ブーム
*正確には1989年から90年代初頭まで。

・1998年頃
種明かしマジックブーム(主にイリュージョン)
第2次超魔術ブーム
*両方とも2000年代初頭までブームが続いた。

・2005年頃
ストリートマジックブーム
クロースアップマジックブーム
お笑い系マジシャンがブレイク
*2003年~2007年頃は爆発的なマジックブームだった。

・2012年頃
メンタリズムブーム

ブレイクしたマジシャンによって多少の前後はありますが、大まかには、こんな感じです。

たしかに・・

ほぼ7年周期でマジックブームになっています。

さらに・・

爆発的なマジックブームは14年周期で来ているようにも思えます。

2005年頃は爆発的なマジックブームで各テレビ局がゴールデンの特番で幾つものマジック番組を放送するほどでした。

しかし・・

2012年のメンタリズムブームは、そこまでではなく、バラエティー番組等のゲストとしてマジシャンが、よく出演していたという程度のものです。

ですので、もしかしたら・・

2019年は爆発的なマジックブームになるのかもしれません!?


スポンサーリンク

次はどんなマジックがブームになるのか?


テレビで特番が組まれるような爆発的なマジックブームになるのは主に・・

視覚的にインパクトのある派手な現象のマジック。
(イリュージョンやストリートマジック)

もしくは・・

超能力のようなミステリアスで不思議さをより強調するマジック。
(スプーン曲げ等、超能力や超魔術。)

です。

さらに・・

それが交互してマジックブームになっているように思われます。

2012年頃にブームになったメンタリズムは超能力のような現象のマジックでした。

ですので・・

次は視覚的にインパクトのある派手な現象のマジックがブームになると予想出来ます。

て事で私の予想は・・

第2次ストリートマジックブーム

だと思います。

2004年~2007年頃にマジシャンが街を歩いて様々な不思議な現象を起こすというスタイルのマジック番組が多く放送されてブームとなりました。

しかし・・

2000年代後半からは徐々に放送が少なくなって、ブームは去って行きました。

ブームが去った原因は・・

単純に世間に飽きられてしまったことと、

さらに・・

番組が放送される度に視聴者は、よりインパクトのある派手な現象を求めてしまう事にあると思います。

しかし・・

前回のブームから10年以上経つのですから、そろそろ、新しく進化したストリートマジックを作る事も出来るでしょうし・・

前回のブームを知らない子供たちには新鮮なインパクトを与えることか出来ると思います。

ですので・・

2019年に進化したストリートマジックブームがやって来る!

と、あくまて私の勝手な予想です(笑)

個人的には、それよりもステージマジックのブームが来てほしいですけどね・・。

まとめ


・マジックブームは7年周期で来るという説がある。

・前回のマジックブームは2012年頃のメンタリズムブーム。

・2012年から7年後の2019年頃にマジックブームが来ると予想出来る。

スポンサーリンク


*画像「Pixabay」より