坂本龍馬の実家である才谷屋は現在、どうなっているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


坂本龍馬が生まれ育ったのは土佐。

現在の高知県です。

そして・・

実家の場所があったのは現在の高知市上町です。

坂本龍馬の実家は商人の家で、わりと裕福な家庭だったそうです。

現在・・

龍馬の実家は、どうなっているのでしょうか?

才谷屋とは?


才谷屋(さいたにや)とは坂本龍馬の実家の屋号。

坂本龍馬の実家は質屋、酒屋、呉服店等を営む、土佐の城下町の中でも屈指の豪商の家だったそうです。

また・・

坂本龍馬は「才谷梅太郎」という偽名を名乗っていた事があるそうです。

龍馬の実家である才谷屋は現在、どうなっているのか?


坂本龍馬の実家があったのは、現在の高知市上町(かみまち)です。

上町は江戸時代は本丁筋(ほんちょうすじ)と呼ばれていた場所です。

本丁筋は下級武士や職人、商人等が多く住んでいた場所だそうです。

さて現在の上町は・・

路面電車沿いに、高知県民なら誰でも知っている、明治創業の老舗のホテル「城西館」があります。

城西館は皇室の方が高知へ来られた際にも宿泊する格式の高いホテルです。

城西館の南側の裏通りに・・

「龍馬の生まれまち記念館」があります。

この、龍馬の生まれまち記念館が坂本龍馬の実家である才谷屋跡なのかと言うと・・

違います。

才谷屋跡は龍馬の生まれたまち記念館から、東へ200メートル歩いた所だそうです。

実際に歩いてみました。

しかし・・

なかなか、それらしき場所が見つかりません。

周辺を探してみると・・

ありました!

なんと・・

現在は喫茶店になっています。

その名も・・

「コーヒーハウス さいたにや」

入り口に小さな才谷屋跡の石碑があり・・

才谷屋に関する説明書きもあります。

この日は火曜日の4時頃でしたが、お店は閉まっていました。

この喫茶店を営んでいるのは、坂本家の末裔の方なのか?

私自身は確認はしていませんが、末裔の方が営んでいるという情報があります。

ちなみに・・

坂本家の末裔は高知県だけでなく・・

北海道、東京、神戸の3ヶ所にもいるとの情報です。


スポンサーリンク

近藤長次郎邸跡。


坂龍馬が生まれまち記念館から才谷屋跡までの途中に・・

近藤長次郎(こんどうちょうじろう)邸跡がありました。

近藤長次郎は坂本龍馬と共に海援隊の前身である亀山社中を立ち上げた一人です。

龍馬と長次郎は、とても仲良しだったとか。

本当に近所同士だったのですね。

近藤長次郎の実家は饅頭屋だったそうなのですが・・

現在、その辺りにはマンションがあり・・

1階には美容室があります。

最後に。


才谷屋跡の住所は・・

〒780-0901
高知県高知市上町3丁目6−1
(コーヒーハウス さいたにや)

です。


スポンサーリンク

「坂本龍馬の実家である才谷屋は現在、どうなっているのか?」への2件のフィードバック

  1. この喫茶店の方が才谷屋の本家の方の血筋。坂本龍馬が分家です。
    脱藩した罪人の血筋であることから最近までそのことを秘匿として隠し続けてきたそうですが、時代も変わったので公表してますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です