坂本龍馬は暗殺されずに生存していた説は本当なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


坂本龍馬が暗殺されずに明治維新後も生存していたという都市伝説があります。

はたして真相は?

坂本龍馬が暗殺された近江屋事件。


近江屋事件(おうみやじけん)とは・・

慶応3年11月15日(1867年12月10日)に当時、京都にあった醤油屋である近江屋にて密会中の・・

坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された事件です

坂本龍馬は後頭部から背中、額を深く斬られ、その場で息を引き取る。

一緒にいた中岡慎太郎も全身数十箇所を斬られ、3日後に息を引き取ったとの事。

実行犯については諸説あり・・

新選組犯行説、

京都見廻組説、

薩摩藩陰謀説、

等があります。

坂本龍馬は暗殺されていなかった説とは?


坂本龍馬の暗殺の現場の状況は・・

一緒にいた中岡慎太郎が亡くなる前に話したと言われているもの。

しかし・・

中岡慎太郎も後頭部と両手両足を斬られ、重傷の状態でした。

当時の医療レベルは現代よりも、かなり低いですし・・

そんな状態でしゃべり続けることは不可能に近いのでは?

ですので、実際は・・

坂本龍馬の暗殺計画をしていたのは長州藩のメンバーであり、

これ以上、政治に関与させない為に龍馬の暗殺を計画。

その暗殺計画の噂を聞いた伊藤博文が・・

坂本龍馬を助けねば!

と・・

板垣退助に助けを求める。

長崎のグラバー邸の屋根裏部屋で密会。

グラバーが軍資金を出して、薩摩の藩士を京都に送る。

実際に、そこで暗殺されたのは、龍馬の影武者であった。

本物の龍馬は岩倉具視にかくまわれており・・

グラバーを通して、スコットランドに渡った。

明治4年に岩倉具視と伊藤博文一行による岩倉使節団が、スコットランドに訪れている。

裏で手引きしたのはグラバー。

なぜ、彼らはスコットランドへ行ったのか?

それは・・

坂本龍馬に会いに行ったから。

事件の真相は旧日本紙幣に隠されている?

という噂もあります。

坂本龍馬と言えば・・

大政奉還の立役者であり、

今の日本は坂本龍馬の存在がなければ無かったと言っても過言ではない。

多くの日本国民から愛されている英雄です。

それなのに・・

なぜ、坂本龍馬は未だに日本紙幣の肖像画になっていないのでしょうか?

その理由は、実は・・

今、自分たちが知っている坂本龍馬の写真は、龍馬の影武者の写真である。

本物の龍馬ではないので、肖像画にすることが出来ない。

しかし・・

坂本龍馬を暗殺から救った幕末の志士達は、皆、旧日本紙幣の肖像画になっています。

板垣退助は旧百円札。

岩倉具視は旧五百円札。

伊藤博文は旧千円札。

そして・・

かつて昭和の時代に旧一万円札と旧五千円札に描かれていたのは聖徳太子でした。

実は・・

その2枚に坂本龍馬を現すメッセージが隠されていたのではないかと?

聖徳太子は天駆ける天馬に乗って現れた、

という伝説がある。

ですので・・

天馬の天は空を飛ぶ「龍」を表しており、

天馬と龍馬をかけて・・

坂本龍馬は聖徳太子に見立てられて肖像画にされている。

以上・・

数年前にテレビ東京の番組「やりすぎ都市伝説」で紹介されていた都市伝説のようです。

はたして本当なのでしょうか?


スポンサーリンク

坂本龍馬は暗殺されていなかった説の真相は?


まず・・

有名な坂本龍馬の写真は影武者の写真という噂についてですが、

実はそれに対する質問への回答そのものを、

高知県立坂本龍馬記念館が発表しています。

*龍馬の写真についての研究(高知県立坂本龍馬記念館)

それによると・・

有名な高知の桂浜にある銅像は、現存している坂本龍馬な写真を元に製作されている。

製作されたのは昭和3年。

当時は幕末維新の志士で存命の人が何人もいた。

特に、土佐藩出身の田中光顕は龍馬が暗殺された現場に真っ先に駆けつけた人でもあり・・

当然、龍馬と交流のあった人で、昭和14年まで生きていた。

銅像の製作時にも関わっていましたし・・

元土佐藩士らによる瑞山会の筆頭で『維新土佐勤王史』にも関わってた。

この瑞山会には明治4年に龍馬の養子である坂本直(龍馬の甥・高松太郎)も参加していた。

こういう人たちが龍馬の写真として色々なものに掲載していた写真なので、疑う余地はない。

との事。

ですので・・

坂本龍馬の写真が影武者という可能性は大変に低いと考えられます。

さらに・・

暗殺されたのが影武者だったという噂も、

実は昭和14年まで存命だった現場の目撃者がいたということですから・・

やはり、坂本龍馬は近江屋事件で暗殺された事に疑う余地は、ほとんど無さそうです。

つまり・・

坂本龍馬は暗殺されていなかった説は都市伝説的な噂に過ぎず、信憑性には欠けると言う事です。

最後に。


歴史上の偉人の生存説というのは、他にも様々あります。

有名なのは・・

源義経、

明智光秀、

等。

しかし・・

坂本龍馬は幕末の偉人ですので、歴史上の人物とはいえ、まだ、150年ほど前。

わりと近年の偉人なのです。

ただ・・

こういった生存説というのは、

さらに、もっと長く生きて活躍してほしかった。

という、ファンの願いから生まれるのでは?

と、思われます。

それだけ、坂本龍馬は英雄という事でしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です