西日本豪雨で高知道の立川橋が崩壊。高知と高松の区間はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


西日本豪雨の影響で土砂崩れにより・・

2018年7月9日現在、高知自動車道(上り線)の立川橋(大豊町立川)が崩壊しています。

復旧のめどは現在、経っていないとのこと。

高知から高松方面へ高速道路で行く場合は、どうすれば良いのでしょうか?

高知新聞2018年7月9日夕刊より

高知ICから高松西ICまで移動する方法。


西日本豪雨で7月6日まで高知自動車道の大部分が通行止めになっていましたが・・

7月9日に大豊から川之江東の区間以外は通行止めが解除されたそうです。

そして・・

7月13日から崩落していない下り線側を片側1車線として、通行止めが解除されるそうです。

7/11高知さんさんテレビ・さんさんプライムニュースより

ただし・・

制限速度は50キロの応急としての解除だそうです。

7月12日までは・・

高知ICから高松西IC方面へ移動する方法は・・

大豊ICで高速道路を一度下りて、

国道32号線を通り、

井川池田ICで徳島自動車道に入る。

そこから・・

川之江東JCTを経由して高松西ICへ行くことが出来ます。

高知新聞2018年7月9日夕刊より

そうすれば、約2時間20分で高知ICから高松ICまで移動することが出来るそうです。

また・・

高松から高知へ移動する場合は、その逆のルートとなります。

そして・・

高速バスも7月9日から国道32号線経由で一部の運転を再開しているとのことです。


スポンサーリンク

大豊ICから川之江JCT区間の通行止め解除はいつ頃になるのか?


現在、立川橋崩落の復旧のめどは立っていないとのことで・・

それ以上の情報は無いです。

ちなみに・・

立川橋の上り側は2007年12月に完成して、その時点では大豊から川之江JCTの区間は2車線でした。

そして・・

2008年3月に下り線側が完成して4車線となりました。

ですので・・

崩壊はしていない下り線の安全性が確認されたましたので、

とりあえず、2車線で通行止めが応急で解除される事になったのでしょう。

しかし・・

崩壊した上り線側の復旧は時間がかかると予想されます。

最後に。


西日本豪雨で被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

西日本豪雨の支援募金はネット上からでも可能です。

YAHOO!ネット募金

募金について、詳しくはこちら。

クレジットカードやTポイントでも募金が出来ます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です