ダイソーのマジックグッズでオススメの品ベスト3。



スポンサーリンク

はじめに。


最近の100ショップではマジックグッズコーナーがあり、なかなかの品揃えです。

特に最大手のダイソーのマジックグッズコーナーへ行くと驚きです。

マジシャンであれば・・

これが100円!?

と、ビックリする有名なマジック道具が販売されているのです。

ダイソーで販売されている驚きのマジックグッズ。


私の自宅近所のダイソーでも、様々なマジックグッズが販売されています。
例えば・・

有名なサイコロのマジック。

さらに・・

フローティング現象の名作ギミック。

そして・・

リンキングリングまで。

全て100円。

これ、100円で売っていいの?

と、驚かされます。

全部で数十種類の品揃えがあります。


スポンサーリンク

オススメするダイソーのマジックグッズ。


実際に私が購入した事のあるダイソーのマジックグッズで良かったものを紹介致します。

それでは・・

オススメするダイソーのマジックグッズ第3位。

選んだナットがはずれる

これは、よく考えられているマジックです。

私は購入する前に知り合いのマジシャンの方に見せてもらったのですが、不思議でした。

プロマジシャンが演じても良いくらいのマジックでしょう。

オススメ出来るダイソーのマジックグッズ第2位。

赤い玉が青い玉に変わった!?

これは、よく出来ているギミックです。

一人で遊んでいても、とても楽しい。

これで、100円!?

と思ってしまいます。

ほとんど練習要らずで出来ます。小さな子供でも演じられそうなマジックです。

オススメ出来るダイソーのマジックグッズ第1位。

紙が破れないボールペン

これは実際に購入してみて、一番ビックリした、ダイソーのマジックグッズです。

ギミック自体は昔からある、マジシャンの間では大変に有名なもの。

一昔前は1万円ほどしたマジック道具であり、テレビで有名なマジシャンも演じた事のあるマジックです。

とは言え、100円ショップのものですので、クオリティーは大したことないだろうと思ったのですが・・

ビックリ!

クオリティーが、とても高いです。

ペンの見た目は安っぽいのですが・・

ギミック自体の構造は高価なものと変わらず、しっかりとした作りです。

オススメ出来ないダイソーのマジックグッズ。


逆にオススメ出来ないダイソーのマジックグッズは・・

魔法の風でお札が宙に浮く

これです。

スレッドが丸見え・・。

こちらは値段が少し高くなってもテンヨーやマジック専門店で販売されているものを買った方が良いでしょう。

最後に。


ダイソーのマジックグッズでグラススルーコインのギミックが販売されているとの情報をSNSで見かけたのですが・・

私の地元にあるダイソーを数件、探してみたのですが、見つかりませんでした。

高知では入荷されていないのでしょうか?

見つけたら買ってみたいと思います。


スポンサーリンク

面白い土佐弁。標準語にはない現在完了形のある独特の方言。



スポンサーリンク

はじめに。


高知県民が話す土佐弁には標準語にはない現在完了形の話し方があります。

これは、高知県民でもあまり気付いている人が少ないのですが、標準語で話すよりも簡単に状況が伝わりやすく便利な表現です。

現在完了形とは?


現在完了形とは学生の頃に英語の授業で習う英語独特の文法です。

英語では表現出来ますが、日本の標準語にはないですので、日本人には分かりにくい文法です。

例えば・・

I cleaned my room

こられは、日本語に訳すと・・

部屋を掃除をした。

となり、過去形です。

過去形の文は以前に部屋を掃除をしたという事実だけを表していて、現在は掃除をした綺麗な状態かどうかは関係のない表現になります。

そして・・

I have cleaned my room

これは、現在完了形の文で・・

部屋を掃除をした。(そして、部屋は現在も綺麗。)

となる表現です。

これが、日本の標準語では簡単に表現出来ない文法なのです。

土佐弁には現在完了形がある。


土佐弁には現在完了形の表現の仕方があります。

例えば・・

①雨が降りゆう

これは、現在進行形です。

②雨が降っちゅう。

これは、現在完了形です。

③雨が降っちょった

これは、過去形です。

①は標準語で「雨が降ってる。」となり・・

現在、雨が降っている事を表現しています。

②は「雨が先程まで降っていたけど、現在は降っていない。」という表現です。

例えば、部屋の窓を開けて、雨で地面が濡れているけど、今現在は雨が降っていない状況で高知県民は・・

「あれ!?雨が降っちゅう。」

と、言います。

標準語では表現出来ない土佐弁独特のものです。

③は標準語で「雨が降っていた。」となり・・

過去に雨が降っていた事を表現しています。

これは、昨日やそれよりも前に雨が降っていた事であり、現在の状況は関係のない事です。

ちなみに・・

「部屋を掃除しちゅう。」

と言う土佐弁の表現も現在完了形となり・・

「部屋を掃除して、現在も片付いており綺麗な状態。」である事を表します。


スポンサーリンク

面白い土佐弁。


土佐弁は語尾に4匹の動物が付くと言われている。

雨が降っちゅう。(雨が先程まで降っていた。※現在完了形)

「ちゅう」はネズミ。

雨が降りゆうきー。(雨が降っているから。※現在進行形)

「きー」はサル。

雨が降りゆうがぁ?(雨が降っているのですか?※疑問形)

「がぁ」はライオン。

雨が降りゆうにゃあ。(雨が降っていますよね。※相手に同意を求める言い方。)

「にゃあ」は猫です。

さらに面白い土佐弁として・・

すきやきがすきやき。

これは、ダシャレのようですが・・

標準語で「すき焼きが好きです。」となる言葉です。

また・・

夕飯はかれーにしちゅー。

これは高知県外の人に「夕飯はカレーとシチューがある。」と勘違いされそうですが・・

標準語で「夕飯はカレーにしている。」と言う意味です。

シチューはないです。(笑)

さらに・・

おまんこっちこんき。

これは何だか下品な表現と勘違いされそうですが・・(笑)

標準語で「お前、こっちに来いよ。」

と言う意味です。

最後に。


土佐弁を使うのは、高知の中心部から東部の地域です。

西部では幡多弁という土佐弁とは少し違う方言が使われています。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

本当の「ゆず王国」は何処なのか?最も柚子の生産量の多い村は?



スポンサーリンク

はじめに。


高知県が全国で生産量1位を誇る果実の一つが柚子(ゆず)です。

全国で約半数のシェアを高知県が占めているそう。

柚子は高知の代表的な特産品でもあります。

高知県内の柚子事情。


高知県民にとって柚子はとても馴染みのある食材です。

刺身やタタキ、あるいは焼き魚にも柚子の果汁を絞って醤油と共に食べる人が多いです。

しかし・・

それは比較的、高知県の東部に住む人に多いです。

その理由は・・

柚子を生産している地域が東部に集中しているからです。

高知県の西部、いわゆる幡多地域では、東部と比べると柚子を料理に使う人は比較的少ないかもしれません。

東部の地域の中でも特に柚子の生産で有名な2つの村があります。

「ゆずの村」と呼ばれる馬路村。

柚子の生産地として最も有名なのは馬路村(うまじむら)でしょう。

人口900人程度の山奥に位置する村なのですが・・

全国的にも有名な柚子ジュース「ごっくん馬路村」や柚子ポン酢の定番ブランド「ゆずの村」。

馬路村ブランドのゆずぽん酢

これらを生産しているのは馬路村農業共同組合です。

馬路村の名前は柚子商品のブランドとなっています。

「ゆず王国」と呼ばれる北川村。

馬路村と隣接する北川村も柚子の生産地として有名な村です。

馬路村と同様に柚子ジュースや柚子ポン酢も生産しています。

また・・

北川村の柚子は日本で初めて欧州へ輸出されて話題となりました。

北川村の柚子が世界的なトップシェフに注目されているそうです。


スポンサーリンク

本当の「ゆず王国」は何処なのか?


高知県内でも柚子の生産地として最も有名なのは馬路村です。

北川村も有名ではありますが・・

馬路村の柚子ブランドは圧倒的でしょう。

しかし・・

馬路村と北川村は隣接している為、馬路村ブランドの柚子加工商品に北川村の柚子も使われているとか?

馬路村と北川村、どちらも柚子の生産に力を入れ出したのは1960年頃からだそうです。

調べてみると・・

馬路村の柚子は農薬を使用しない事に拘った為、形が悪く当初は市場にあまり出回らなかったとか。
*参考サイト:食べてよし、飲んでよし、つよしって?特産品の「ゆず」がすごい!【高知・馬路村ゆずコスメ #1】

そこで・・

柚子ジュースや柚子ポン酢等、加工商品を作り、販売すると徐々に人気となり、有名になったそうです。

つまり・・

馬路村は「柚子加工商品の王国」ですね。

一方・・

北川村は生の柚子が世界的なシェフに認められて、海外へ輸出されています。
*参考サイト:日本のユズを欧州に:高知県北川村の挑戦

つまり・・

北川村は「世界へ輸出している柚子の王国」ですね。

ところで・・

柚子の生産量が一番、多いのはどちらの村なのでしょうか?

馬路村?

北川村?

生産量では、わからないのですが・・

出荷量1位は、その、どちらでもなく・・

旧物部村(ものべそん)だそうです。

*参考サイト:悠々自適なゆず農家と若手有機農家を訪問!香美市移住ツアー体験レポ3

物部村も高知県東部に位置する村でした。

物部村の村は「むら」ではなく、なぜか「そん」と読んでいました。

現在は2006年の市町村合併により、香美市物部町となっています。

馬路村や北川村ほど柚子のイメージが強くはない地域なのですが・・

意外にも全国1位の生産量を誇っているそうです。

つまり・・

香美市物部町は「柚子の出荷量全国1位の王国」です。

ちなみに、生産量と出荷量の違いは・・

「生産量」とは工場で完成品になったものの量。

「出荷量」とは工場での完成品のうち、商品として工場から出て行った物の量。

だそうです。

最後に。


北川村は私の父親の故郷です。

柚子と同様にフランスの画家であるモネの自然豊かな庭を再現した、北川村「モネは庭」や・・

中岡慎太郎館がある事で有名です。


スポンサーリンク

馬路村農業協同組合 ぽん酢醤油ゆずの村 500ml

新品価格
¥598から
(2018/10/14 02:27時点)

ゆずぽん酢(青ゆずごしょう味)500ml

新品価格
¥712から
(2018/10/14 02:29時点)