カテゴリー別アーカイブ: マジックの歴史

マジシャンから見たタロットカードの真実。



スポンサーリンク

はじめに

私はマジックに応用出来ないかとタロット占いを少しだけ勉強してみたことがあります。

ですので、簡単なタロット占いなら出来るようになりました。

実際にタロットカードについて調べてみると、なかなか面白いものです。

それでは、タロットカードの歴史や真実について、驚きの逸話を、まとめてみましたので、ご一読ください。


トランプはタロットカードが進化したもの?

トランプは元々はタロットカードから生まれたという説があります。

タロットカードといえば、よく占いに使われるアイテムですが、トランプも占いに使われる事があります。

そして・・

トランプも元々は占いに使われるアイテムとして生まれたものなのではなっかったのか・・とも?

それを裏付けるような説が・・

・ジョーカーは元々はタロットのフールのカード。

・1人で遊ぶソリティアは占いが発展したもの。

・トランプは1年間365日を現しているカードである。

・トランプの4つのマークは四季を意味している。

・Aを1、Jを11、Qを12、Kを13として52枚のカードの数字を全て足すと364になる。

・それにジョーカーを1として足すと1年間の日数と同じ365になる。

・エキストラジョーカーが入っているのは4年に1度の閏年は366日であることを意味している。

なかなか、神秘性を感じる説ではありますが、実は・・

これらは、全て間違いなのです。

真実は・・

トランプは元々、ゲーム用のカードとして生まれたものです。

トランプの数字を全て足すと364日なるのは単なる偶然です。

そして・・

タロットカードも元々はゲーム用のカードとして生まれたものなのです。


タロットはカードゲームとして生まれた

タロットは14世紀から15世紀頃に北イタリアで生まれたゲーム用のカードなのです。

ですので・・

タロットカードは占いをする為に発明されたというのは間違いです。

ヨーロッパの一部の地域では実際に今でもタロットを使ったカードゲームがプレイされているそうです。

しかし、イギリスやアメリカでは、全くタロットのゲームがプレイされることはありませんでした。

タロットカードが占いのアイテムとして使い始められたのは19世紀頃からなのですが・・

タロット占いをする人達はタロットを使ったカードゲームの存在を知らなかったのです。

その為、タロットカードは占いをする為のものというイメージが定着してしまいました。

さらに・・

タロットカードは占いをする為に発明されという、間違った解釈も広まったのです。


スポンサーリンク


タロットカードとトランプは元々は同じカードだった?

タロットカードの構成は大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードの2種類に大きく分かれていて、合計78枚あります。

その中の小アルカナはトランプと同じく、4つのスート(組)に分かれて、さらに数字(1~10)を示す数札と人物を描いた人物札に分かれています。

トランプと違うのは人物札がトランプはJ(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)の3種類ですが・・

人物札にはペイジ(小姓)のカードが加わって4種類あるところです。

それ以外は、トランプと大変に似ています。

ですので・・

この小アルカナがトランプの原型ではないかという説があります。

しかし・・

タロットカードが生まれたのは14世紀から15世紀頃と言われていますが・・

トランプが生まれたのは、12世紀以前に中国で生まれたというのが、現在、有力な説とされています。

その説に基づけば、タロットよりトランプが先に生まれたということになります。

ですので・・

トランプからタロットの小アルカナが生まれ、さらに大アルカナが加わって、タロットカードが生まれたという説もあります。

しかし・・

タロットもトランプも、昔は枚数等も今と同じでなく、少し違った状態のものだったそうです。

時代と共に、タロットは占いをしやすいように、そして、トランプはゲームをしやすいようにと、用途に合わせて進化していったのです。

ですので・・

元々は同じものであったのではないかという風にも解釈出来るはずです。

ちなみに・・

トランプをトランプと呼ぶのは実は日本だけで英語圏の国ではplaying cards(プレイングカード)と呼びます。

trump(トランプ)という呼び名は元々、ゲームのルール内にある切り札の意味です。

実はタロットというのも、同じく、元々はタロットカードを使ったゲームのルール内にある切り札の意味だそうです。

元々は同じものだとすれば、それぞれのゲームをしやすい風に進化していったとも考えられますよね。


タロットカードを使ったマジック

ほとんどのマジシャンはトランプを使ったマジックを演じています。

トランプはマジックのアイテムとして、最もポピュラーなものと言えます。

その理由は・・

トランプは、とても身近なアイテムでマジシャンに限らず誰もが、手にして遊んだことがあるものだからです。

トランプの数字やマークの構成は、ほとんどの方が知っています。

例えば・・

「好きなトランプを1枚言ってください。」

と、質問をすれば、世の中の、ほとんどの方が答えられます。

つまり・・

トランプは身近で誰でも、よく知っているものですから、とてもマジックの構成を作りやすいアイテムなのです。

ところが・・

「好きなタロットを1枚言ってください。」

と、質問して答えられる方は少ないです。

それは、タロットカードは見たことはあったとしても、手にしたことのある人は少なく身近なものではないからです。

しかし・・

実際にタロットカードを使ったマジックも存在します。

日本でも、「タロットカードマジック事典」という、タロットカードを使ったマジックの専門書も出版されています。

私も、こちらの本を読んでタロットカードを使ったマジックを勉強してみました。

本の内容は・・

既存のトランプを使ったセルフワーキングやメンタル系の作品をタロットカードを使うバージョンにアレンジしたものが、ほとんどで目新しいと言えるものはありませんでしたが・・

タロットの歴史等についても書かれていたりして、興味深い内容もありました。

また、自分でタロットを使ったマジックを考える際の参考になりました。

タロットカードは身近なものではありませんが、神秘的なイメージがあり、幻想的なデザインですから、メンタルマジックと呼ばれるマジックに大変に相性が良いと思われます。

数年前に「メンタリズム」と呼ばれる、人間の心理や行動学を利用したパフォーマンスがテレビ等でも話題になり、ブームになりましたが・

それは、元々は「メンタルマジック」と呼ばれて、古くからマジシャンの世界に存在しているパフォーマンスなのです。

メディアでメンタリズムと呼ばれるようになり、最近ではマジシャンの間でも、その呼び名が普通に使われるようになっています。


実際にタロット占いは当たるのか?

マジシャンは占いというものを、どう思っているのかと言うと・・

マジシャンの間でも主に3つのタイプに別れます。

①ぜひ、自分の事も占ってもらいたい。

②自分も占いが出来るようになりたい。

③占いなんてインチキ。

つまり・・

世間一般の方と特に変わりはないということです。(笑)

ちなみに、私は②のタイプです。

実際に占いを仕事にしたいとまでは思いませんが・・

興味はあるので、タロットの勉強もしてみたのです。

タロット占いでカードの意味を読み取るテクニックを「リーディング」と呼びます。

その「リーディング」のテクニックは、まさに、マジシャンの「メンタルマジック」を演じるテクニックと共通する部分があります。※

さらに、占い師がよく使うと言われている「ゴールドリーディング」と呼ばれるテクニックは、マジシャンにとっては「メンタルマジックそのもの」と言えるようなテクニックです。※

(※個人的な見解です。)

しかし・・

マジックと占いは、もちろん別物です。

それは、目的が違うからです。

マジックは人を楽しませるエンターテイメントです。

占いは人の悩み事を解決するアドバイスをする。人助けが目的です。

占いが当たるのか?

それは、人それぞれでしょう。

マジシャンはお客様の選んだカードを必ず当てます。

それは、当てる事が目的である、エンターテイメントだからです。

しかし・・

占い師がお客様のカード当てたとしても、何の意味もありません。

目的は悩みを解決することですから。

ですので・・

占いが当たるのか?

というのは・・

悩みが解決したか?

ということです。

昔から占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦と言われています。

残念ながら、マジックとは違って、必ず当たるとは限らないでしょう。

しかし、実際は・・

そこが、占いの重用な部分ではないのでしょう。

人は自分の悩みを誰かに相談し、話を聞いてもらいたいものなのです。

それだけで、心が楽になるものなのです。

特に女性の方が、その傾向が強いのです。

ですから、占いというものは、男性よりも女性の方が興味を持つ傾向があるのです。

例えば・・

浮気性の彼氏と別れたいけど、なかなか別れを切り出せないでいる女性がいるとします。

そういう方が占い師に相談をするとします。

女性はもちろん・・

「別れた方が幸せになれるのか?」

と訪ねるでしょうが・・

実際に答えは、占う前に、すでに出ているのです。

占い師の役目は、悩んでいる人に、占いを通して・・

一歩踏み出す勇気を与えることです。

人間は人生において、迷ったり悩んだりと、決断力を必要とする場面が多々あります。

もちろん、占い等は特に必要としない人もいるでしょう。

しかし・・

世の中、そのような強い方ばかりではないのです。

人間は弱い生き物なのです。

ですから、世の中で占いというものが、これだけ流行っているのでしょうね。

ですから・・

占いを上手く利用して、人生に生かすことは、決して悪い事ではないでしょう。

それで、人生が良い方向へ進んでいくのであれば、喜ばしい事です。

ただし・・

残念ながら、まれに悪徳な占い師が存在することも事実です。

そこには気をつけないといけません。

昔から言われる、災いが起こると脅して高額な壺を売り付けたりとするような悪徳な占い師に騙されてはいけません。

恐怖心を煽り、高額な金額を要求するのは100%詐欺師です。

また・・

あまりにオカルト的な話をしたり、マジックのようなパフォーマンスじみた事をする占い師も怪しいです。

例えば・・

初対面なのに、生年月日や家族の名前等を占いで当てられたとしたとしたらならば・・

驚いて、すごい占い師だと思ってしまうかもしれません。

しかし・・

そういう、パフォーマンス的な占いをする人ほど、怪しいものです。

今はインターネットが発達した情報化社会です。

SNS等で初対面の人の生年月日等、個人情報を調べることは簡単な事です。

マジシャンは人を決して騙しません。

なぜなら・・

マジシャンはマジックにはトリックがあると認めた上で演じているからです。

しかし・・

トリックがあるのにな無いふりをして、オカルト的なパフォーマンスにしてしまう人は詐欺師です。

占いの目的は人の悩み事を解決することであり、良心的な占い師は、オカルト的なパフォーマンスや、また、人の恐怖心を煽るような事はしないはずです。


まとめ

・タロットカードはゲームを楽しむカードとして生まれた。

・タロットとトランプは元々は同じカードだった可能性がある。

・タロットカードを使ったマジックも存在する。

・占い師の役目は人の悩み事を解決する事である。占いを悩みの解決に上手く役立てるのは、悪い事ではない。

・ただし、悪徳な占い師も存在するので気をつけないといけない。恐怖心を煽って高額な金銭を要求したり、オカルト的なパフォーマンスをするような占い師は怪しい。

スポンサーリンク


最後に・・

トランプの歴史について、もっと詳しく知りたい方は以前に書いた記事の・・

トランプの歴史。


こちらも読んでみてください。

こちらの記事の写真で使っているタロットカードはこちらです。

The Rider Tarot Deck

新品価格
¥1,715から
(2017/9/29 03:26時点)


おそらく、最もオーソドックスなタイプのタロットです。

 

タロット占いを勉強してみたい方は、まずは、こちらの本をお勧めします。

はじめての人のためのらくらくタロット入門

新品価格
¥1,296から
(2017/9/29 03:20時点)


わかりやすく、基本から書かれています。

 

タロットカードを使ったマジックの専門書はこちらです。

タロットカード・マジック事典

新品価格
¥21,678から
(2017/9/29 03:17時点)


現在は発行されてないのか・・
プレミアで値段は、かなり高くなっているようです。

トランプの歴史。日本で真っ先にカジノを禁止したのは高知県のあの人?



スポンサーリンク

トランプの歴史

トランプの起源については、諸説ありますが、現在、有力な説とされているのは中国で生まれたという説です。

日本にトランプが伝わったのは、戦国時代の16世紀にポルトガルからです。

日本に鉄砲が伝わった時期と、ちょうど同時期。

その頃、トランプはポルトガル語のcarta(カルタ)と呼ばれて伝わりました。

つまり、今の日本におけるカルタの起源でもあります。

英語圏の国ではトランプの事をplaying cards(プレイングカード)と呼びます。

trump(トランプ)という呼び名は元々、ゲームのルール内にある切り札の意味。

なぜか、その呼び名が日本ではカード自体を指す呼び名として広まったのです。

ちなみに、日本のマジシャンもトランプという呼び名は、あまり使わず、カードと呼ぶ事が多いです。


日本ではトランプを使うギャンブルは古くから禁止されていた

戦国時代に日本にトランプが伝わってから、日本ではカルタ遊び、すなわち、トランプを使った賭博が大ブームになったそうです。

カルタは持ち運びが簡単かつ、何処でも遊べるから、武士が戦場等へも持っていきやすいからです。

しかし・・

あまりの加熱ぶりに危機感を覚えたのが、土佐の国(高知県)の大名である長宗我部元親でした。

長宗我部元親は1597年に「博奕かるた諸勝負」を禁止にしたという、史実があります。

つまり・・

日本で初めてトランプを使ったギャンブルが禁止になったのは高知県、

ということです。

高知県は現在も人口比率に対してのパチンコ店の件数が全国トップクラスだったりと、ギャンブル好きが多い県民性なのですが、それは、すでに戦国時代からだったのですね(笑)

しかし、江戸時代以降もカルタを使う賭博は、武士の間でブームになります。

江戸幕府は賭博に熱中しすぎると、勤労意欲が下がるとし、カルタ賭博を禁止にします。

ところが・・

幕府が禁止すると、賭博好きな人達の間で新しいカルタが考案されるのです。

今で言う「法の抜け穴」による「いたちごっこ」という事ですね。

そこから、生まれたのが、花札や百人一種という、日本独自のカルタなのです。

現代では「法の抜け穴」によるパチンコが国民の娯楽のギャンブルとして発展していますが・・

まさに、ギャンブルを楽しみたい人達と規制をしようとする国の「いたちごっこ」は江戸時代から続いていたのです。

ちなみに・・

江戸時代にすでに公営ギャンブルである宝くじは「富くじ」という名前で幕府公認で売られていたそうです。

スポンサーリンク


トランプは本来、大人の遊び道具

明治以降、文明開化により、西洋からトランプが日本へ輸入されるようになり、庶民の間でもトランプがブームになります。

しかし・・

明治13年に再び賭博禁止令が出てトランプを使ったギャンブルが法律で禁止されます。

それから、日本ではトランプを使う遊びは大人でなく、子供の間で広まるようになります。

実はババ抜きや神経衰弱、セブンブリッジ等も日本で発展した遊びで海外では、あまり知られていません。

海外でポピュラーなトランプゲームといえば、バカラやブラックジャック等、ギャンブル性の強いゲームです。


トランプには税金がかけられていた

トランプはイギリスで大ブームになった、1711年に税金がかけらるようになりました。

当事、「税金をちゃんと払いましたよ」という、証拠の判子をイギリス政府が1枚のカードに押していました。

その判子を押していたのが、スペードのエースです。

つまり・・

今でも、スペードのエースだけ他のエースのマークより大きいのは、その名残なのです。

日本でも、1902年より骨牌税(こっぱいぜい)という名前でトランプに税金がかけられていました。

戦後の1957年からはトランプ類税という名前を変えて、しばらく税金がかけられていましたが・・

1989年(平成元年)に消費税導入と同時にトランプ類税は廃止になりました。

実は、わりと最近まで、トランプを買う際に税金を払っていたということですね。


プラスチック製のトランプは日本だけ?

プラスチック製のトランプは1953年に任天堂が開発製造しました。

つまり、日本で生まれたものです。

ちなみに、マジシャンはプラスチック製のトランプを使うことは、あまり、ありません。

また、カジノでも使用されているのも紙製のものです。

おそらく、その頃、日本では子供の遊び道具として広まっていた為、丈夫かつ屋外で雨に塗れても大丈夫なプラスチック性のトランプが製造されて広まったのではないでしょうか。


世界で最も売れているトランプ

世界で最も売れているトランプは、アメリカのUSプレイング・カード社が製造する、バイスクルというブランドのトランプです。

もちろん、紙製です。

バイスクル=自転車

その名の通り、裏模様は天使が自転車に乗っているトランプです。

そして、ジョーカーはスペードの王様が自転車に乗っている絵が描かれています。

世界で最もポピュラーなトランプなのですが・・

日本ではマジシャン以外の方には、あまり知られていませんよね。

日本でポピュラーなトランプといえば、任天堂のプラスチック製のものでしょう。

そのせいか、マジシャン以外の方には珍しいトランプに見えるようで・・

「マジック用の仕掛けのあるトランプですか?」

と、よく聞かれますが・・

特に仕掛けなどは、ありません。

海外では普通にゲームでも、よく使用されているトランプです。

マジシャンが、このトランプを使う理由は・・

単純にシャッフル等がしやすいことと・・

世界中のマジシャンが多く愛用しているので、マジックを練習し始めた頃から、何となくバイスクルを使用しているマジシャンが多く、愛着があるからです。

BICYCLE(バイスクル) 808 ライダーバック STANDARD トランプ 赤 ポーカーサイズ

新品価格
¥500から
(2017/9/27 04:06時点)


最後に・・

現在、日本でカジノ法案が話題です。

法案が成立すれば、日本にカジノが出来て、トランプゲームによるギャンブルが国内で公認されることになります。

先進国でカジノが無いのは日本だけとも言われています。

日本ではトランプゲームによるギャンブルは江戸時代から、ずっと禁止でした。

そして・・

日本で初めてトランプを使ったギャンブルを禁止したのは高知の大名である長宗我部元親だったのです。

つまり・・

日本で真っ先にカジノを禁止にしたのは長宗我部元親と言えます。

それが、現代まで続いていたという事です。

そのせいか、日本ではトランプは子供の遊び道具というイメージが強いのです。

しかし・・

世界的にはトランプは大人の娯楽の為の物なのです。

そして・・

マジックも決して「子供だまし」ではなく、本来は大人が楽しむエンターティメントなのです。

私はラスベガスと韓国でカジノを楽しんだことがあります。

日本にもカジノが出来たならば、ぜひ、行ってみたいと思います。

しかし・・

やはり、ギャンブルは大人として「たしなむ程度」に楽しまなければいけません。

ギャンブルにのめり込むのは人生を台無しにするし、国の危機にも繋がってしまうでしょう。

それは、すでに江戸時代や戦国時代に証明されているという事ですね。

スポンサーリンク

なぜ、マジシャンは鳩を出すのか?



スポンサーリンク

マジシャンが出す動物といえば?で、誰もが真っ先に思いつくのは「鳩」でしょう。

しかし・・

一般的に鳩と言えば、普段から公園などで目にするのは、こういう鳩です。

*画像「Pixabay」より

当たり前ですが、こちらの鳩はマジシャンは出しません。

一般的に公園などで、よく目にする鳩は「土鳩(ドバト)」、または「カワラバト」と呼ばれる鳩です。

マジシャンが出す真っ白な鳩は「銀鳩(ギンバト)」と呼ばれる鳩です。

さて、鳩は昔から「平和の象徴」と言われます。

なぜ、平和の象徴なんでしょうか?

それは旧約聖書の中で書かれている「ノアの方舟(はこぶね)」という神話の中で鳩が登場するからなんです。

ノアの方舟について、簡単簡潔に説明いたしますと・・

むかしむかし・・

人間がだらけていて、神様を怒らせました。

怒った神様は大洪水を起こすことにしました。

しかし、ノアという人だけは真面目に働いていましたので「大洪水を起こすから、助かるために方舟(はこぶね)を作りなさい。」と言ってあげました。

ノアは方舟を作って家族と動物だけを乗せました。

大洪水が起こって世界は水没しました。

40日間たっても水が引く気配がありませんので、ノアはカラスを飛ばして、様子を見に行かせましたが、カラスは戻って来ません。

次に鳩を飛ばして様子を見に行かせることにしました。

鳩は7日後にオリーブの葉をくわえて戻って来ました。

オリーブの葉をくわえているという事は、方舟からは見えない遠くで水が引いて地上が出てきているという事がわかりました。

やがて、ノアは方舟を漕いで地上を見つけることが出来ました。

めでたし、めでたし。

ざっくりですが、こんな話です。

その神話から、鳩は平和の象徴と言われるようになったのです。

鳩のイラストでよく、葉っぱをくわえているのもノアの方舟からの影響です。そして、真っ白な鳩ですよね

*画像「Pixabay」より

さて、なぜ、マジシャンが鳩を出すようになったのか?という理由の一つは、実は鳩はとても人間に懐きやすい鳥だからだそうです。

そして、マジシャンがいつから鳩を使うようになったのか?は、私にはハッキリとはわからないのですが、「鳩出しマジック」を世界中に広めたのは、「チャニング・ポロック」というアメリカ生まれのマジシャンです。

1960年に公開された「ヨーロッパの夜」というイタリア映画の中でチャニングポロック氏が鳩出しを演じているのです。

その映画によって、チャニング・ポロック氏の鳩出しマジックが世界中で評判になり、鳩出しが広まるようになったのです。

チャニング・ポロック氏の鳩出しはネット上に公開されていますので、見ることが出来ます。

現代でも、まったく色あせることのない、とても美しい演技です。

【送料無料!】【ゴム製ハト】 ゴム鳩 マジック 手品 宴会 かくし芸 ★◎★

価格:699円
(2017/6/19 17:00時点)
感想(3件)

◆マジック・手品◆手品用 鳩◆Z0810

価格:29,160円
(2017/6/19 17:00時点)
感想(0件)



スポンサーリンク

超能力ハンター!フーディーニの伝説。



スポンサーリンク

20世紀前半に「アメリカで最も有名なマジシャン」と言われた天才マジシャンのハリー・フーディーニ。

日本ではマジシャン以外の方には、あまり知られていないとは思いますが、ポケモンのキャラクターの「フーディン」を知っていますでしょうか?実はモデルはフーディーニです。

そして、仲間由紀恵主演の人気ドラマ「トリック」の中でも、何度かフーディーニの事が紹介されていました。

フーディーニは脱出マジックを得意とし、命がけのようなパフォーマンスをして「不死身の男」「脱出王」という異名で、アメリカで大活躍しました。その人気はマジシャンとしての活躍に収まらず、俳優として映画にも出演するほどだったそうです。

フーディーニの人生を調べると映画が3本以上は作れるのではないか?と思うくらい、大変に波乱万丈です。

実際に何本か作られていて、1番最近のものだと、「奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜」です。

[DVD] 奇術師フーディーニ~妖しき幻想~

価格:3,110円
(2017/6/17 16:37時点)
感想(0件)

残念ながら、日本では未公開のようですが。

そして、現在、ハリウッドでジョニーデップ主演でフーディーニの映画を計画中という噂もあります。

ちなみに、フーディーニには「ベス」という名前の美しい奥様がいて、奥様は元歌手でしたが、結婚後にフーディーニのアシスタントをしていたそうです。

さて、ここからはフーディーニのマジシャン以外の顔、「サイキックハンター」としてのエピソードをご紹介します。



スポンサーリンク


フーディーニが大活躍をしている同時期に、アメリカではスピリチュアルブームになりました。霊媒師と呼ばれる方々がメディアなどで心霊術を披露して活躍していたのです。(そういえば数年前に日本でもあったような・・笑)

天才マジシャンであったフーディーニは、ある時期から霊媒師達のトリックを見破り暴露して行くようになります。

そして、科学者をも騙していた有名な霊媒師のトリックまでを見破り、当時、心霊術を調査していたアメリカの科学委員会にマジシャンでありながら入る事になるのです。

科学委員会は本物と認められた霊媒師には高額な懸賞金を出すと明言しました。

そして、沢山の自称・霊媒師達がそこに挑んで来ました。一説によると、その数は数百人以上。

しかし、天才マジシャン、フーディーニの前では全てトリックを見破らてしまうのです。

フーディーニは、まさに「サイキックハンター」という異名まで持つようになりました。

ところが、ある日、フーディーニは不運な事故がきっかけで病気になってしまいます。

そして、フーディーニは愛する妻「ベス」に、こう言っていたそうです。

「死後の世界があるなら、必ず向こうから君に連絡する」

そう、実はフーディーニは死後の世界があることを望んでいたのです。

彼が霊媒師のトリックを暴くようになったのは、大好きだった母親の死がきっかけでした。

本物の霊媒師を探し出して、もう一度、母親と連絡を取りたいと思う願いからだったのです。

しかし、願いは叶わずにフーディーニは52歳の若さで人生を終える事になります。

フーディーニの死後、妻のベスは、その想いを引き継ぎ、賞金1万ドル(当時の日本円で1000万円)をかけて、本物の霊媒師を探すことにしました。

その方法はフーディーニが他界する前に妻に贈った、2人だけしか知らない合言葉(暗号)を霊媒師が霊界にいるフーディーニから聞き出して、ベスに正確に伝えることが出来るかどうか?というものでした。

そして、フォードという名の一人の霊媒師が、その合言葉をベスに正確に伝えたのです!

ベスはフォードを本物の霊媒師と認めて、フォードは一躍、時の人となります。

しかし、後にマスコミの記者によって、フォードの心霊術はトリックがあったことが暴露されてしまいます。

実はフーディーニは伝記を残しており、そこに書かれた暗号の解読方を読めば2人の合言葉はわかるものだったのです。

フーディーニは生前に、

「もっとも簡単な方法が最良のトリックである」

という名言を残しています。

皮肉にも妻のベスは、その言葉通り簡単なトリックに騙されていたのでした。

ベスはフォードを本物と認めたことを撤回しました。

そして、その後も結局、ベスは本物の霊媒師に出会えることはありませんでした。

そして、フーディーニの他界した17年後に、ベスもこの世を去る事になります。

マジシャンは決して人を騙しません。なぜならば、マジックはトリックがあると認めた上でエンターテイメントとして、演じているからです。

本当に人を騙しているのは、フーディーニやベスの前に沢山、現れたトリックがある事を認めようとしない人達ではないでしょうか?

ちなみにフーディーニがベスに贈った合言葉は二つありました。

一つ目は、

「ROSSABELL」(ロザベル)

これは、フーディーニとベスが初めて出会った頃に流行っていた、二人の思い出の曲のタイトル。そして、フーディーニの他界後もベスが大切に身に着けていた結婚指輪の内側に刻まれていた言葉でした。

さらに、二つ目は、

「BELIEVE」(ビリーブ)

「信じる」です。

フーディーニとベス、二人は果たして、あの世で再開することが出来たのでしょうか?

まさに・・

信じるか信じないかは、あなた次第です!

アイキャッチ画像「Pixabay」より

*全体的に諸説あります

 

パーティーグッズ 手品 マジック マネーショック(一万円札)

価格:1,085円
(2017/6/17 16:39時点)
感想(0件)

ニューフライングライト 小ブルー:テンヨー:手品,マジック,奇術,光でアート

価格:950円
(2017/6/17 16:40時点)
感想(2件)



スポンサーリンク

日本のマジックの歴史。そのルーツが高知県にあった!?



スポンサーリンク

日本ではいつから、マジックが演じられていたのか?

正解は・・

奈良時代。現代から約1300年前だそうです。

その時代に中国より「散楽(さんがく)」として日本へ伝わったそうです。

散楽とは狂言や能などの起源でもあり、日本においてマジックは元々、そういった伝統芸能と同じ源流を持つんですね。

江戸時代になるとマジックは「手妻(てづま)」と呼ばれてエンターティメントとして盛んに演じられていたそうです。

しかし、日本のマジックというのは現代のような鳩が出たりトランプを使ったりというような洋装で演じるマジックではありませんでした。

有名なのは水芸(みずげい)と言われる扇子の先やおちょこ等から噴水のように水が溢れ出るマジックや、胡蝶の舞(こちょうのまい)と言われる、紙で作った蝶々が扇子で仰ぐと生きているかのように空中を舞うマジック等です。

それらのマジックは今でも「和妻」と呼ばれて、継承されているマジシャンの方々によって演じられています。

では、現代のようなマジックは日本では、いつ頃から演じられていたのでしょうか?

正解は・・

明治時代からです。

明治時代に「日本近代奇術の祖」と今でも日本のマジック界に語り継がれる、スーパーマジシャンが現れました。

それは・・

「松旭斎天一(しょうきょくさいてんいち)」という名前のマジシャンです。

松旭斎天一氏は当時では珍しかった西洋のマジックを外国人のマジシャンから学び、「天一一座」を旗揚げして、日本だけでなく海外でも大活躍したマジシャンで、日本のマジック界に大きな革命をもたらしました。

*松旭斎天一一座のポスター(明治41年1月新富座公演分) パブリックドメイン ウィキメディアコモンズより

松旭斎天一氏の孫弟子の弟子にあたるような方々が現在でも第一線で活躍しています。

さて、その偉大なマジシャン、松旭斎天一氏は福井県出身なのですが・・

若かりし10代の頃に、なんと!高知県を拠点としたマジシャンとして活躍していたそうです。

高知市より東部にある地域、赤岡町で自らの劇場を立ち上げると、連日満員の大人気マジシャンとなっていたそうです。

その頃の松旭斎天一氏の十八番の芸は刀の刃の上に足を乗せて歩いて見せるというもの。

この芸が大評判となり「土佐の剣渡りの太夫(たゆう)」と呼ばれていたそうです。*太夫とは「上級」「格式が高い」等の意味。

しかし、この刀の上を歩く芸はマジックというよりは、サーカス芸に近いものでした。なので、特にタネ仕掛けといったものはありません。

なぜ、刀の上を歩けたのか?

刀は包丁と同じで押して引くことによって切れるのです。なので、押す力だけではものを切ることは出来ません。

つまり、松旭斎天一氏は刀の刃の真上から足を真っ直ぐ降ろして、決して引く力を加えずに歩いたのです。

もちろん、少しでも失敗したら大けがをするかもしれないですので、とても危険な芸ですよね。

この事実については、藤山新太郎氏著「天一一代: 明治のスーパーマジシャン」の中で詳しく書かれています。

天一一代 明治のスーパーマジシャン [ 藤山新太郎 ]

価格:2,484円
(2017/6/13 16:23時点)
感想(0件)


偉大なマジシャン、松旭斎天一氏が高知を拠点に活躍していたとうエピソードは高知県はもちろん、おそらく赤岡町でさえ、今では、まったく知られていません。私が知ったのも3年ほど前です(笑)

高知のマジシャンとしては、少しでも多くの人に知ってもらいたいところです。

 

*アイキャッチ画像・出典元:フリー写真素材 フォトック

 

バイスクル トランプ1ダース(12個) BICYCLE STANDARD FACES マジック カードゲーム 手品 マジシャン愛用 プロ仕様

価格:2,840円
(2017/6/13 16:20時点)
感想(1件)



スポンサーリンク

マジックの歴史。エンターテイメントは地球を救う?



スポンサーリンク


前回のブログでマジックは紀元前1700年前から演じられていたことが確認されているということを書きましたが・・

そこから、時代は進んで、マジックは中世ヨーロッパ(15世紀~18世紀)で盛んに演じられるようになります。

中世ヨーロッパでは大道芸のようなスタイル。人通りの多い屋外の路上で披露する、現代で言うとストリートマジックのような形で盛んに演じられていました。

その様子を描いている絵があります。

(*ヒエロニムス・ボス『手品師』(『いかさま師』とも。1475-1480年頃)パブリック・ドメイン ウィキメディアコモンズより)

しかし、上記の絵は、よーく見ると・・

実は「ちょっと怖い絵」なのです。

いったい、なぜ「ちょっと怖い絵」なのか・・?

わかりますでしょうか?

正解は・・

前かがみになって、マジックを夢中で見ている人物の下に小柄な人物が棒のようなもので怪しげな行動をしています。そして、真後ろにいる人物が腰のあたりから財布のような袋を抜き取っています。

そうです。

おそらく、前かがみになって夢中でマジック見ている人物以外は全員がサクラで、マジックに気をそらさせている最中に、お金を盗もうとしている様子なのです。

このように中世ヨーロッパではマジックは、まだエンターテイメントではなく、いわゆる詐欺の目的。不思議なことを見せて、人々の心を惑わしたり、操ったりといった目的で演じられていたのです。

では、マジックはいつからエンターテイメントとして発展したのか?

それは、さらに時代が進んで19世紀に確立されました。

その時代に現代でも「近代奇術の父」と語り継がれ、「マジシャンとは魔法使いを演じる役者である」という名言を残した、伝説のスターが誕生するのです。

フランスのマジシャン、ロベール・ウーダン氏です。

(*ロベール・ウーダン パブリック・ドメイン ウィキメディアコモンズより)

ロベールウーダン氏は、それまで大道芸として行われていたマジックを大きな舞台で演じるショーとして確立させました。

また、元時計職人だった経歴を生かし、機械仕掛けトリックを製作して、様々なオリジナルマジックで人気を博したのです。

マジシャンと言えば、おなじみのシルクハットに燕尾服というスタイルを生み出したのも、ロベールウーダン氏。

それまでのマジシャンはいかにも魔法使いというような、わかりやす言えばハリーポッターのような怪しげなスタイルだったそうです。

さて、中世のヨーロッパというのは、戦争の多かった時代だそうですが、19世紀のヨーロッパは比較的、平和な時代だったようです。

マジックの歴史を探っていくことで、エンターテイメントというのは平和な時代だからこそ、発展する文化だということが見えてきます。

逆に言えば・・

「エンターテイメントの発展が世の中を平和にする」

と、言えるのかもしれませんね。

(*掲載している写真、画像は全てパブリック・ドメインです。)

バイスクル トランプ1ダース(12個) BICYCLE STANDARD FACES マジック カードゲーム 手品 マジシャン愛用 プロ仕様

価格:2,840円
(2017/6/12 01:01時点)
感想(1件)

マジシャンだけが知っている最強の心理戦略 [ スティーブ・コーエン ]

価格:1,620円
(2017/6/12 01:04時点)
感想(0件)



スポンサーリンク

マジックの歴史。世界最古のマジック



スポンサーリンク

私は私立高知中央高等学校にて、外部講師としてマジックの授業をさせて頂いています。

そこで、よく話すマジックの歴史について書きます。

マジックって、いったい、いつ頃からあったのでしょうか?

答えは・・

紀元前1700年前。

今年が西暦2017年ですから、およそ3700年以上前という想像も出来ないほどの大昔になります。

何で、そんな大昔にマジックが演じられていたと、わかるのか?

それは、その時代にマジックが演じられていたという、書物が発見されているからだそうです。

しかし、紀元前1700年前は紙もないような時代です。ですので、書物というのは紙ではなく葉っぱに書かれたものだそうです。

では、そんな大昔にどんなマジックが演じられていたのでしょうか?

それは・・

ガチョウのような、首の長い大きな鳥がいます。

マジシャンは鳥の首をちょん切ります!

鳥は死んでしまいます。

ところが、どっこい、マジシャンは魔法で鳥の首と身体を引っ付けてしまいます。

あーら、不思議。鳥が生き返ってしまいました。

という、現代では、まず演じられてないような、何ともグロテスクなマジックだそうです。

しかし、この時代のマジックは今のようにエンターテイメントとして演じられていたわけではありませんでした。

演じていたのも現代のマジシャンのような、いわゆるエンターテイナーではなく、その時代の宗教家のような偉い人、権力者のような方が民衆に・・

「俺は皆が出来ないような特別な力があるのだ!スゴいだろ!」

てな感じて、人々を驚かせると同時に怯えさせる為に演じられていたようです。

ですので、おそらく、マジックを見た人たちも、現代のように科学や文明が発達している時代ではないですから、きっと本当に魔法だと思い込んで見たのでしょうね。

上記の内容は(公社)日本奇術協会が高知県内の小学校で講演を行った際に聞かせて頂いた内容です。

さて、紀元前1700年前からマジックが披露されていたというのも驚きですが、実は、さらにもっと大昔の・・

何と!紀元前4000年前からマジックが演じられていたという説もあります。

こちらの絵をご覧ください。

上のような絵がエジプトの洞窟の壁画に書かれているようで・・

それは紀元前4000年前に書かれたものだそうなのですが、これが、カップ&ボールというマジックを演じている様子ではないか?と言われているのです。

ちなみに絵はネット上で検索すれば見ることが出来ますが、著作権の問題があるかもしれませんので、写真の絵は私が真似て書いたものです(笑)

カップ&ボールと言えばマジシャンならば、誰でも知っているマジック。現代でも沢山のマジシャンが演じている有名なマジックです。

簡単に説明しますと、カップと小さなボールを使い、ボールにカップを被せて魔法をかけると、ボールがカップをすり抜けたり、消えたり、瞬間移動したりするというマジックです。

しかし、この絵はマジックをしている様子ではなくて、パンを焼いている様子ではないか?等の説もあるようで、真相はハッキリと、わかっていないようです。

しかし、そんな大昔からパンが作られていたとしたら、それはそれで驚きですよね(笑)

さて、マジックの歴史について今回はここまでにしておきます。

次回はパート2(中世ヨーロッパ編)について書きたいと思います。

*画像は著作権フリーのものです。

バイスクル トランプ1ダース(12個) BICYCLE STANDARD FACES マジック カードゲーム 手品 マジシャン愛用 プロ仕様

価格:2,840円
(2017/6/9 03:37時点)
感想(1件)

【送料無料】【初心者向けマジック】マジックワールド 解説DVD付き[手品 テンヨー 宴会芸 忘年会 パーティ ビギナー向け マジシャン養成キット 120種類]【DC】 【0829ap_ho】【RCP】

価格:3,500円
(2017/6/9 03:38時点)
感想(15件)




スポンサーリンク