タグ別アーカイブ: 飲食店の広告

グルメサイトやフリーペーパーに広告を掲載するのは時代遅れ。



スポンサーリンク

はじめに。


私が経営している手品家高知店は広告費は現状、ほとんどかけていません。

たまにあるとすれば名刺やショップカードの作成費くらいのものです。

クーポン付きのフリーペーパーやネットのグルメサイト、またタウン情報誌等に広告を掲載しないか?

と、営業マンから声がけを頂く事がありますが・・

有料のものは安くても、全てお断りさせて頂いています。

その理由は・・

メリットを感じないからです。

その広告を見て沢山のお客様が来店するかもしれない。

その可能性もあるのかもしれませんが・・

保証はありません。

メリットがあるかどうか不明なものに経費をかけることはしません。

フリーペーパーやグルメサイトは集客効果があるのか?


しかし・・

数年前は、大手のおそらく一番有名なフリーペーパーやグルメサイトに数年間、広告を掲載していた時期がありました。

たしかに・・

「フリーペーパーやグルメサイトを見て来ました。」

という、お客様が月にそれなりの人数で来て頂いていました。

始めはクーポン付きのフリーペーパーへ掲載をしていました。

しかし・・

時代の流れで、フリーペーパーよりもインターネット上のグルメサイトが主流になって行きましたので、グルメサイトのみの掲載へ変えることにしました。

それからも、グルメサイトを見て来られたというお客様の数は毎月、ほぼ一定のペースでご来店頂いていました。

掲載費は月に4万円弱。

損はしていないのでと思い、数年間掲載を続けていました。

しかし・・

ある、時期から疑問に思うようになりました。

「グルメサイトを見て来ました。」

という、お客様は・・

本当にグルメサイトのおかげで、来店されたのか?

グルメサイトには・・

500円割引の携帯電話で表示出来るクーポンがあったのです。

もしかしたら・・

口コミ等がきっかけで来店されたけど、携帯クーポンがあるのを知ったから、ついでにクーポンも使っているだけなのではないかと?

つまり・・

そのような、お客様はグルメサイトへの掲載が無くても来店してくださるのです。

しかし・・

クーポンを表示されたら、お店側はグルメサイトのおかげで来てくれたのだと錯覚してしまいます。

さらに・・

クーポンがあると知れ渡ると、リピーターのお客様でもクーポンを使うようになるという、デメリットも。

疑問に思ってから・・

グルメサイトへの掲載を止めてみました。

すると・・

来客数は、ほとんど変わりませんでした。

ただしそれは・・

手品家高知店がマジックバーという独特なスタイルのお店だったからという部分もあるのかもしれません。

当時から、ネット上でグルメサイト以外にお店の独自のホームページも作ってありました。

ですので・・

例えば、検索サイトで、

「高知 マジックバー」

と、検索をすればグルメサイトへの掲載が無くても、お店の情報は、すぐに出てくるようにしていたのです。

高知県でマジックバーが他には無いおかげです。

ですので・・

居酒屋やカクテルバーなど他に競合店が多いお店や・・

独自のホームページ等を持っていない、お店の場合は、いきなりグルメサイトへの掲載を止めてしまうと、来客数が減ってしまう可能性もあるでしょう。

しかし・・

ネット上での情報を流すためだけに、月に数万円もの広告費をかける必要があるのでしょうか?

今は、FacebookやTwitter等のSNSを使えば簡単かつ無料で、お店の情報をネット上に流すことが出来る時代です。

さらに・・

ホームページの自作は難しいとしても、

ブログサービスでブログを始めれば、ホームページ代わりになります。

つまり・・

グルメサイトに高額な広告費をかけるのは・・

もはや、時代遅れで損をするだけでしょう。


スポンサーリンク

タウン情報誌等に広告を掲載するのも時代遅れ。


それと、

クーポン付きのフリーペーパーやタウン情報誌等に広告を掲載するというのは・・

さらに、時代遅れでしょう。

飲食店を探すのに雑誌を利用する、お客様は減っています。

今は、ネットで探す時代です。

私は、グルメサイトや雑誌などに大きく広告を掲載しているお店を見ると、

申し訳ありませんが・・

「お客様が少なくて、焦っているのかな?」

と、思ってしまいます。

最後に。


そもそも・・

良いお店ならば、広告など掲載しなくても、口コミだけでお客様は来てくれるはずです。

さらに・・

良いお店ならば、お客様がSNS等で情報を書き込み、宣伝してくれます。

グルメサイトや雑誌等などへの広告に経費をかけるよりも・・

口コミやリピーターで来店してくれたお客様を喜ばす為に経費を使う方が繁盛店への近道でしょう。

スポンサーリンク