タグ別アーカイブ: 無理せず10日で-3キロ痩せる方法。

40代の男が3日で-2キロ痩せたダイエット方法。全部で5つだけ。



スポンサーリンク

はじめに。


私は昔から細身で痩せ過ぎと言われる体型でした。

身長は174cm。

30歳頃までの体重は55キロほどでした。

しかし、先日、久々に体重計に乗ると・・

65キロになっていました。

10年ほどで10キロ増加した事になります。

しかも、1年前までは60キロくらいだったはずですので・・

ここ1年で5キロ増加した事になります。

やはり、40代になると、体質も変化してしまうのか?

まだ、決して、太っているという体型ではないのですが・・

ただ、これ以上の体重増加はしたくはないし、ポッコリお腹にはなりたくない。

て事で、人生初のダイエットをしてみることになりました。

3日で-2キロ痩せたダイエット方法。


実践した事は全部で5つです。

①夜、寝る前は食べない。

私の生活リズムは早朝4時〜5時頃に寝て、昼の0時〜1時にこ頃に起きる生活です。

昼夜逆転とまでは行きませんが、昼間働いているサラリーマンと比べると、5時間〜6時間ほど体内時計がずれているでしょう。

店が終わり自宅に帰りつくのは、だいたい深夜2時頃。

それから寝るまでの間に夜食を食べながら、缶ビールか缶チューハイを飲むのが、一日の至福のひとときなのですが・・

夜食は控えるようにしました。

ですので・・

寝る前はアルコール類を飲むだけ。

すると・・

アルコールの量も減りました。

やはり、食べながら飲むとアルコールも進み、つい、飲み過ぎてしまいがちですが、アルコールだけになると、すぐに酔いが回りやすく、必然的に量が減ります。

とは言っても・・

やはり、仕事を終えた後ですので、空腹に耐えられない時もあります。

そういう時は、冷や奴など、出来る限りヘルシーな物を少しだけ食べます。

炭水化物類、揚げ物など、カロリーの高いものは寝る前は特に避けるようにしました。

②炭水化物は控えめにする。

私は麺類や丼物が大好きです。

しかし・・

炭水化物は太りやすいと聞きましたので、麺類は基本的に食べず、ご飯は食べても茶碗に少しだけで一杯のみにしてみました。

③間食はしない。甘い缶コーヒーも飲まない。

元々、間食はあまりしないのですが・・

昼間、甘い缶コーヒーは毎日、飲んでいましたが、それも辞めました。

コーヒーは飲むならブラックのみ。

市販の甘いコーヒーとブラックのコーヒーのカロリーを比べてみると、かなりの差です。

④よく噛んで食べる。

よく噛んで食べることで、脳内の満腹中枢を刺激して、食事の量を減らす効果があるそうです。

また・・

あまり噛まずに食事をするのは、胃腸に負担がかかり消化にも悪いそうです。

⑤適度な運動とストレッチを毎日する。

運動不足は自覚していましたので、毎日、5分程度ですが、適度な運動とストレッチをしてみる事にしました。

腹筋を15回。

腕立て伏せを5回。

スクワットを20回。

軽くストレッチ。

それだけ?

と思われてそうで、恥ずかしいのですが・・

いや、、

それくらいしか出来ないのです。

長年の運動不足のせいか、これだけで息が上がってしまいます。

ダイエット3日間の結果。

以上を実践してみたところ・・

1日でマイナス1キロ。

2日でマイナス1.5キロ。

3日でマイナス2キロ。

3日で65キロあった体重が63キロに減りました。

ちなみに、4日目は友人の結婚式に出席しましたので、ダイエットはお休みしました。

しかし、結婚式に参加した翌日に体重を測ってみると・・

63キロ。

変わってなかったです。


スポンサーリンク

ダイエット10日目の結果。


現在、ダイエットを始めて10日目で、上記の方法を毎日出来る限り、実践しています。

現在の体重は・・

61.9キロ。

3日で-2キロ減りましたが、それ以上は、なかなか減らず・・

10日目で、やっと₋3キロ達成。

今後も出来る限り続けてみようと思います。

ダイエットを始めてから体調が良い。


ダイエットを始めてから、体重が減る以外に大きなメリットがある事に気付きました。

それは・・

体調がよくなったのです。

その要因は2つあります。

①炭水化物は眠気を誘発する。

炭水化物を食べると血糖値を上げ、それが原因で眠くなり、体も重だるくなる原因になるようです。

ですので、仕事の前や合間の食事は炭水化物は控え目にするのが良いでしょう。

私は店の出勤前に早く食べられる丼物をよく食べていましたが、その後、眠気が来ることが、よくありました。

しかし・・

炭水化物を控え目にしてからは、眠気が殆ど無くなりました。

②寝る前に食べると睡眠の質が悪くなる。

寝る前に食事をすると、布団に入った後も胃腸は消化活動をしている為、睡眠の質を下げてしまうそうです。

寝る3時間前は出来る限り何も食べない方が良いそうです。

もし、空腹に耐えられないので場合は、肉類や揚げ物は避けて、消化に良いヘルシーな物にした方が良いでしょう。

最後に。


昔から食事は腹八分目が良いと言われていますが、まさに、その通りだと実感する事が出来ました。


スポンサーリンク