マジシャンはサーストンの三原則を守るべきなのか?



スポンサーリンク

はじめに。


マジシャンの世界ではマジックを演じる際のルールとして・・

「サーストンの三原則」

という有名な格言があります。

これは、マジックを学ぶ際に必ず教わるルールです。

サーストンの三原則とは?


サーストンの三原則はアメリカの偉大なマジシャンである、ハワード・サーストン氏が唱えたと言われているものです。

①現象を先に言わない。

②同じマジックを二度繰り返して見せない。

③種明かしをしない。

以上の3つです。

①現象を先に言わない。

マジックは何が起こるか、わからない所に面白さがあります。

例えば、ハンカチから鳩が出て来るマジックをする際に、先に「今から鳩が出ます。」と言ってしまっては驚きが半減してしまうでしょう。

映画の結末を先に知ってしまうのと同じようなものです。

②同じマジックを二度繰り返して見せない。

①と同様にマジックは何が起こるかわからない所に面白さがあるのですから、同じマジックを二度繰り返して演じてしまっては、何が起こるか観客が知っている状態で演じる事になります。

二度目は一度目と同じ驚きや感動を与える事は出来ません。

③種明かしをしない。

マジックの種を明かしてしまうと、せっかくの驚きや感動を台無しにしてしまいます。

また・・

種を知ってしまった観客は二度と同じマジックを楽しむ事が出来なくなってしまいます。

ディズニーランドのミッキーマウスの中身を見てしまうのと同じようなものです。

サーストンの三原則は必ず守られているのか?


実はサーストンの三原則は殆ど日本でしか流通していないそうです。

日本でもサーストンの三原則は必ず守られているわけではありません。

有名なMr.マリック氏は自らの代名詞である超魔術がマジックの違うのは「何が起こるのかを先に言う所。」と言っています。

実際にMr.マリック氏は起こる現象を先に言ってから演じる事が多いです。

また・・

数年前からテレビで、よく演じられているアンビシャスカードはサインしたカードが何度もトップに上がって来るマジックであり、同じ現象を何度も繰り返しますし・・

マギー司郎氏やナポレンズは種を明かして笑いを取る事が多い。

このような例外が、むしろテレビなどメディアに出る有名なマジシャンにこそ多いのは事実ですし・・

サーストンの三原則に異論を唱えるマジシャンがいるのも事実です。


スポンサーリンク

マジシャンはサーストンの三原則を守るべきなのか?


ビジネスの世界で「イノベーション」と言う言葉があります。

イノベーションとは従来とは違う新しい切り口や考え方を用いて、その分野で革命を起こす事です。

数年前に・・

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

というタイトルの本が話題になり、映画化やアニメ化されました。

略して「もしドラ」と呼ばれています。

ストーリーは弱小高校野球部の女子マネージャーが有名なビジネス書である「ドラッカーのマネジメント」を読んで、野球部を改革して、甲子園出場に導くというもの。

もしドラの中でイノベーションに関する話が出て来ます。

高校野球の歴史の中でイノベーションを起こした監督が二人いる。

一人は・・

箕島(みのしま)高校の尾藤監督。

尾藤監督はそれまでスパルタ式のような体育会系の指導を辞めて、笑顔で選手を指導するようにした。

甲子園でも試合中、常に笑顔で尾藤スマイルという言葉で話題になりました。

尾藤監督率いる箕島高校は春3回、夏1回、計4回の優勝経験を持つ名門校として高校野球の一時代を築きました。

もう一人は・・

池田高校の蔦(つた)監督。

蔦監督はそれまで1点を守り勝つ試合をするのが常識だった高校野球に筋力を徹底的に鍛え上げて打線を強化し、打ち勝つ野球を取り入れました。

甲子園では連打で打ち勝つ池田高校野球部は「やまびこ打線」と呼ばれて話題になりました。

池田高校野球部は初夏通じて優勝3回、準優勝2回と甲子園の一時代を築いています。

以上は、もしドラの中でも語られていた高校野球の歴史上に残るイノベーションを起こした監督のエピソード。

しかし、その後・・

逆に、それら高校野球のイノベーションを崩したと言える監督が実はいるのです。

それは・・

PL学園の中村監督です。

PL学園野球部は全寮制であり、従来の体育会系と言えるような厳しい指導法で選手を鍛え上げ、投打のバランスが整ったチームを作り上げました。

当時1年生だった桑田、清原のK.Kコンビの活躍で、池田高校野球部相手に7対0の完封勝ちをしたのは甲子園の歴史上に残る伝説として、今でも語り継がれています。

PL学園は甲子園で春夏通じて優勝7回、準優勝3回と長きにわたり一時代を築いています。

高校野球の歴史から学べる事は・・

従来の常識を打ち破り、革命を起こす事は可能。

ただし、長く生き残るには基本に忠実である事。

と、言えるでしょう。

PL学園野球部は残念ながら、現在は休部状態ではありますが・・

それを証明している名門野球部が私の地元である高知県に存在しています。

それは・・

名将、馬淵監督率いる明徳義塾高校野球部です。

明徳義塾高校野球部は伝統ある1点を守り切る野球を貫いています。

ランナーが出れば必ずと言っていいほど送りバンド。

ミスの少ない丁寧な守備。

馬淵監督は甲子園で通算50勝の記録を保持して現在も現役で更新中です。

話をマジックに戻すと・・

サーストンの三原則はマジックの基本中の基本と言えるでしょう。

これまでの歴史を築いて来た先人達が、それを証明しています。

もちろん・・

基本の常識を打ち破り、革命的なイノベーションを起こして来た人達もいます。

ただし・・

それは基本をしっかりと理解した上で出来る事です。

基本を理解していない人が基本を打ち破ろうとするのは無謀な行為であり危険過ぎるでしょう。

つまり・・

まずは基本を守り勉強する事が大切なのです。

また・・

基本に忠実である事が長く生き残る秘訣でもあるのです。

ですので・・

サーストンの三原則はマジシャンは守るべき基本と言えるでしょう。

最後に。


記事を最後まで読んでくださった方は分かったでしょうが、私は高校野球ファンです。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「萩原 浩一によるPixabay」からの画像

*挿入画像「Pixabay」より

誰も言わないプロマジシャンになる本当のリスク。備えるべき5つの方法。



スポンサーリンク

はじめに。


マジックが好きな若い人達なら、将来、プロマジシャンになってみたいと多少なり思う人が多いのではないでしょうか。

ただし・・

マジックだけで生活していけるか?

それが、不安の要因でしょう。

ところが・・

プロマジシャンになっている人達の中には、意外と頑張ってみれば、すぐにマジックだけで生活していけるようになったと言う人が多いです。

しかし・・

プロマジシャンになる本当のリスクは、なった後にあるのです。

プロマジシャンになる本当のリスク。


プロマジシャンの殆どの人達はフリーランスであり、自営業者です。

プロマジシャンに限った事ではありませんが、自営業者というのは、会社員と違って福利厚生で守られていません。

つまり・・

病気や怪我で仕事が出来なくなった場合、その間は殆ど無収入になってしまうのです。

特にプロマジシャンの場合は体を使って稼ぐ仕事でもあり、しかも舞台に立つ演者でもあり、エンターティメント業です。

例えば、腕を骨折などしてしまったら、完治するまでマジックは出来ません。

生命保険に加入していれば、入院した場合は入院費の保険金が1日ごとに受け取れる場合がありますが・・

通院のみの場合で保険金が支給される事は殆どありません。

また・・

最近はテレビで「仕事が出来なくなった場合の給料保障」というCMをよく見かけますが・・

あれは、寝たきりの重傷で何の仕事も出来なくなった場合の為のものであり、単なる骨折程度では保険金を受け取ることは難しいようです。

会社員であれば、病気や怪我で一定期間、仕事が出来なくなったとしても、有給休暇や傷病手当という公的な保険である程度の収入が、その間も保証されています。

しかし・・

自営業者の場合、それは対象外なのです。

プロマジシャンは働けなくなった場合のリスクにも備えておくべきなのです。

プロマジシャンのリスクに備える5つの方法。


プロマジシャンであっても、例えば会社を立ち上げ、従業員を雇って社長業を目指す人などであれば、この話は少し違って来るかもしれません。

しかし・・

フリーランスのパフォーマーとしてやって行く人などであれば、病気や怪我で仕事が出来なくなった場合のリスクを、ある程度、考えておくべきです。

①貯金をしておく事。

最低でも1ヶ月間は無収入になっても生活出来るだけの貯金はしておくべきです。

若くて健康だから大丈夫なんて思うのは間違いです。

病気だけでなく、交通事故などで骨折しただけでも、マジシャンの場合はマジックが出来なくなるのですから。

②健康管理をしっかりする。

プロマジシャンの生活は不規則な場合が多いです。

しかも、会社員と違って、毎年の健康診断もありません。

健康管理は自分自身でしないといけません。

若いうちは大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねて、特に40歳を超えると、思わぬ病気にかかってしまう人も多いです。

40歳を超えると、自治体の無料健康診断を受ける事が出来たりします。

そういうのも利用して、しっかりと健康管理をするべきでしょう。


スポンサーリンク

③年金と国保はちゃんと支払う。

将来、年金なんて破綻してしまう。

と、言う人もいますが、断言します。

年金は破綻しません。

ただし、今よりも貰える額は減る可能性は高いでしょう。

それでも・・

普通に貯金するよりは多い金額が返って来ます。

もちろん、ある程度の年齢まで生きた場合ではありますが。

日本の平均寿命は毎年、上がっています。

若い人にとっては、ずっと先の話をかもしれませんが・・

自営業者には退職金もなければ、厚生年金もありません。

老後の備えも自力で何とかするしかないのです。

せめて、国民年金は支払っておきましょう。

それと、お勧めするのは不可年金に加入する事。

これは、あまり知られていない制度ですが、実は国民年金に月額400円を足すだけで、将来、もらえる年金額が増えるのです。

詳しくは、以前に書いた記事に詳しく説明していますので、ぜひ、こちらも読んでみてください。

自営業なら必ず加入するべき付加年金。

そして・・

国保は当たり前ですが、支払っておきましょう。

国保に加入してなければ、風邪で病院に行っただけでも、高額な料金を払わなければいけなくなります。

病院なんて行かなくて大丈夫なんて思うのは、ハッキリ言って自殺行為です。

病気や怪我をしない人なんていません。

街を歩いているだけで怪我をするリスクはあるし、病気を移されるリスクもあります。

どんなに健康体な人でも、数年に1度は嫌でも病院へ行かなければいけなくなる場合があります。

④パフォーマンス以外の収入源を作っておく。

怪我などでマジックが出来なくなった場合の為にパフォーマンス以外の収入源があれば少しは安心です。

例えば・・

レクチャー

マジック道具の制作販売

など。

私の場合、現在の主な収入源は・・

①イベント出演。

②マジックバーの経営。

③私立高校の奇術部の指導とマジックの授業。

怪我でマジックが出来なくなった場合、①と②は難しいですが、③の奇術部の指導だけであれば、自分がマジックをしなくても、ある程度は可能です。

また・・

実はこのブログ自体も、わずかながら収入源になっています。

それについて興味のある方は、以前に書いた、こちらの記事を読んでみてください。

自営業、フリーランスの人はブログを書くと成功する。5つの理由。

ただし、これはパフォーマーとして独り立ち出来るレベルになった方への話です。

まだ、独り立ちも出来ていない方が、これを考えるのは少し早いでしょう。

⑤信頼出来るパフォーマー仲間と交流を持っておく。

もし、病気や怪我で自分が受けていた仕事に出演出来なくなると、クライアントに迷惑がかかってしまいます。

予期せぬ、病気や怪我とは言え、プロとして仕事をしている以上は自己責任であり、責任は自分で取るべきです。

ですので・・

普段から代理の出演を頼めそうな信頼出来るパフォーマーと仲良く交流しておきましょう。

個人的には不特定多数と言えるほどのパフォーマーと交流を持つ必要がはないと思いますが、自分が信頼出来ると思うパフォーマーであれば、関係を大切にしておくべきてましょう。

そして、相手が困った場合も力になってあげるべきです。

同業者はライバルでもありますが、困った時は持ちつ持たれずの関係です。

最後に。


関連記事として以前に・・

自営業の現実。独立を考える前に知っておくべき事とは?

という記事も書いてます。

宜しければ、こちらも合わせて読んでみてください。


スポンサーリンク

*画像「Pixabay」より

マンガ 自営業の老後

新品価格
¥1,274から
(2019/4/12 02:22時点)

大阪を都構想するよりも高知を都構想をするべき?



スポンサーリンク

はじめに。


数年前から大阪都構想が全国的に話題です。

日本全国の都道府県で・・

都は東京都のみ。

道は北海道のみ。

府は京都府と大阪府。

後は全て県です。

この違いについては歴史上の行政の流れなどによって、決められたもので・・

それぞれに、はっきりとした違いもなく複雑なものです。

大阪都構想とは?


大阪府の中心地の大阪市の人口は約270万人。全国で2番目に多い市の人口です。

その為、大阪市の持つ権限が、とても強くて大阪府と同じくらいの権限があるとされています。

ですので・・

大阪市と大阪府の二重行政状態が問題になっていると。

そこで・・

橋下徹氏を中心にした「大阪維新の会」から「大阪都構想」が提案されたのです。

具体的には・・

東京都の特別23区と同じように、大阪市を特別区に分けて、大阪市の財源と行政権を大阪府に託すというものです。


スポンサーリンク

大阪よりも高知の方が二重行政化している?


大阪市の人口は約270万人。

大阪府全体の人口は約886万人。

府全体の人口の3分の1近くが大阪市に集中しています。

これが二重行政の原因。

しかし・・

高知市の人口は約34万人。

高知県全体の人口は76万人。

県全体の人口の半分近くが県庁所在地である高知市に集中しています。

大阪よりも高知の方が二重行政化しているのでは?

高知市には昨年、中心街に「オーテピア」という図書館をメインとした複合施設が建設されてオープンしました。

これは・・

かつて高知市にあった高知市民図書館と高知県立図書館が合併したもの。

高知市内にあった2つの図書館が1本化されて、高知県と高知市が共同で運営していくようになりました。

ちなみに、市と県が共同運営する図書館というのは全国で初めてだそうです。

さらに・・

かつて、高知市には高知市市立病院と高知県立中央病院という大きな総合病院がありました。

こちらの2つあった病院も現在は合併されて・・

高知県と高知市が共同で運営する「高知医療センター」となりました。

これらの流れについては、高知市のような地方都市に公共の大きな施設が2つもあるのは無駄になるでしょうから、1本化されて良い流れでしょう。

ただし・・

運営自体の権限は実際の所、高知県にあるのか?高知市にあるのか?

謎なところ。

上手く共同運営が出来ているのかもしれませんが・・

県民や市民としては、わかりづらいですよね。

公務員をリストラするべきとかは思いません。

身近にいる地元の公務員の方々は大変に激務な行政をこなしてくれている事は知っています。

ただ、高知市の場合は県と市の行政が上手い形で合併されてもいいような気がします。

最後に。


大都市特別区になるには人口200万人以上という法律の条件があるようですので、高知県は県全体でも、それの半分以下ですから、実際は対象外です。


スポンサーリンク

新元号「令和」を3年前に予言したとされるツイートが話題。真相は?



スポンサーリンク

はじめに。


2019年 4月1日に平成の次の新元号が発表されました。

新元号は「令和(れいわ)」です。

新元号が発表されてから、すぐにツイッター上では、ある方の3年前のツイートが話題になっています。

なんと・・

3年前の2016年に新元号の「令和」を予言していとされるツイートが発見されたのです。

新元号を予言されていたとされるツイート。


それが、こちらです。

明治大正昭和平成令和

違和感ないね!

と呟いています。

このツイートの日付は・・

2016年7月13日となっています。

時間は19時41分です。

2016年7月13日は平成天皇が退位を発表された日だそうです。

さらに・・

時間は19時41分。

新元号が発表されたのは2019年4月1日。

その日までを予言していたみたいで、謎に拍車をかけています。

新元号を予言していたとされるツイートの真相は?


はたして、予言ツイートの真相とは?

いくつかの仮説が立てられています。

誤字により偶然当たった節。

文字の入力ミスによる誤字で、たまたま偶然「令和」になっていたのでは?

と、推測されている方がいました。

例えば・・

「平和」と入力しようとして「令和」と入力ミスでなったのではないかと?

しかし・・

3年前に「れいわ」を変換して令和という漢字になる可能性は少ないと考えられます。

日付の捏造説。

実際はツイートは2019年4月1日の新元号発表の後に作成されたもので、日付を何らかの方法で3年前に書き変えられたのではないか?と吸いしている方がいます。

こちらです。

こちらは・・

とても現実的な仮説で可能性は否定出来ないかと。

しかも・・

予言とされるツイートはTweetDeckというアプリケーションからのものでパソコンから書き込んだ可能性が高いと思われます。

それなら、何らかのプログラミングスキルで日付を変更する方法があるのかもしれません。

さらに・・

ツイートされた日は4月1日であり、エイプリル・フール。

ただし・・

基本的にツイッターのツイートは後で編集出来ないものです。

ツイッター社はツイートの信頼性を高める為に、その辺りは徹底しているようです。

もし・・

日付の変更をする方法があるなら、犯罪のアリバイに利用されたりの可能性もありますので、怖いですよね。


スポンサーリンク

未来人?本物の予言者?説

オカルト的な話になりますが・・

本当にツイートした方が3年前に新元号をわかっていたのだとしたら、未来からやってきた人か?未来がわかる人か?という事になります。

このような都市伝説で有名なものが過去にあります。

2000年に未来人ジョンタイターという都市伝説が話題になりました。

インターネット上にタイムマシンで2036年から来たという人物が突然、現れたのです。

ジョンタイターとされる人物は、これから起こるとされる世界的な出来事を幾つか予言しました。

予言は当たったものもあれば、はずれたものもあります。

ジョンタイター曰く、未来の時間線は複数あるので、予言は全て当たることはないと説明していたそうです。

つまり・・

自分はパラレルワールドの未来から来ているので、予言を見た人の未来は、ジョンタイターの知っている未来とは少し違うものになるという事です。

しかし・・

後にイタリアの国営放送でジョンタイターの正体を追求するドキュメント番組のが放送されました。

それによると・・

ジョンタイターの招待には、ある弁護士とその弟が関わっている可能性がある。

世界中で話題となったジョンタイターに関する著作権を、その弁護士が管理している

その弁護士に現在、ジョンタイターに関する印税が全て入っている可能性が高い。

つまり・・

未来人の話題を捏造して、印税を稼ぐ為に作られた陰謀ではなかったのでは?と。

ただし・・

真相は不明です。

ご本人の名前が「令和さん」だった説。

これは私の考えた説でありますが・・

ご本人の名前が「令和さん」なのではないかと?

実際に新元号の「令和」が発表されてから全国の「令和さん」という名前の方々が話題になっています。

多くは「のりかず」もしくは「よしかず」と読む方々です。

実際に新元号が発表される前に新元号予想として、ご自分の名前になったら面白いなという人達が沢山いました。

ですので・・

実はこのツイートも元々、そういう内容で書かれたものなのではないかと?

しかし・・

ツイートしたご本人自身は未だ真相には全く触れていない様子。

それどころか・・

少し戸惑っている様子でもあります。

ご本人へテレビや新聞からの取材依頼も来ているようです。

そちらにも応じるような気配はありません。

アカウントは偽名でツイートの内容もプライベートに関する事には殆ど触れる内容は見当たりません。

もし、メディアなどの取材に応じると、個人情報を明かすことになるかもしれませんよね。

ご自分の個人情報を明かすことに抵抗のある方なのかもしれません。

最後に。


真相は今のところ、本人のみぞ知るという状況のようです。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像・moritz320によるPixabayからの画像より

*挿入画像「Pixabay」より