車がガス欠した時の対処方法。給油だけではエンジンがかからない?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


先日、車をガス欠させてしまいました。

長年、運転をしていて初めての経験です。

車がガス欠する時の状況。


私がガス欠させてしまったのは、運転中ではありません。

駐車場で人を待っている際に・・

外が暑いので、車のエンジン付けたまま、エアコンを利かせて、待っていました。

気づくと、ガソリンのメーターが0に。

しかし・・

意外と今までの経験ではメーターが0になっていも、しばらくは大丈夫でした。

ですので、そのままの状態で待機。

10分ほどすると・・

車が「ガタッ・・ガタガタ・・」というような音と振動が。

そして・・

突然、エンジンが止まりました。

再び、エンジンをかけようとしても・・

「キュルキュルー」とセルモーターは回りますが、エンジンはかかりませんでした。

車をガス欠させてしまった際の対処方法。


エンジンが突然、かからなくなってしまいましたので始めは・・

ガス欠なのか?

何か別の事が原因なのか?

わかりませんでした。

とりあえず・・

日頃、お世話になっている、車の販売店へ電話。

担当の人に状況を説明すると、おそらくガス欠であろうとの説明を受けました。

とりあえず・・

「こういう場合はJAFを呼ぶしかないのか?」

と、尋ねました。

私はJAFの会員には入っていませんので、料金が高く付くのではないか?

と、心配でした。

ところが・・

「車の任意保険会社へ電話すれば無料で対応してもらえる。」

と、教えてもらうことが出来ました。

最近の任意保険は無料でロードサービスが付いているそうです。

1時間足らずで、ロードサービスが到着して、10リッターのガソリンを給油してくださいました。

ただし・・

私が加入している任意保険の場合、無料でロードサービスを受けられるのは年間で1度だけで、年間2回以上の場合は有料となるそうです。

また・・

保険会社によってはロードサービスが付いていない場合もあるかもしれません。

調べておいた方が良いでしょう。

そして・・

私がガス欠させてしまったのは駐車場ですので、車を手押しで移動させる必要などはありませんでしたが・・

道路などであれば、安全な路肩へ手押しで移動させる必要があるでしょう。


スポンサーリンク

ガス欠した時は給油するだけではエンジンがかからない。


車がガス欠してしまった場合、ガソリンを給油して、直ぐにエンジンがかかるというわけではないそうです。

エンジンまでガソリンを運ぶ必要があるのでしょう。

ですので・・

まずは、アクセルを3回ほど、ゆっくり踏んでみてから、エンジンをかけると良いそうです。

それでも、エンジンがかからない場合は・・

アクセルを少し踏みながらエンジンをかけてみる良いそうです。

ベタ踏みではなく、少し踏みながらです。

それでも、エンジンがかからない場合は・・

少し、時間を置いてから、かけてみましょう。

私の車の場合は、なかなかエンジンがかかりませんでしたが・・

10分ほど時間を置くとかかりました。

最後に。


夏場など外が暑い季節は、エアコンをフルで使いながら、運転しますので、こまめに給油をしてガス欠には注意しましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です