マジックが出来たらモテるというのは都市伝説である。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


マジックを披露すると・・

「モテるでしょ?」

と、よく聞かれますが・・

私はマジックが出来るだけでは、

特別、モテるとは思いません。

その理由を詳しく説明します。

子供の頃にモテた男子の特徴。


小学生の頃は足の速い男子がモテます。

中高生になるとバンドで活躍するような、少しヤンチャな男子がモテます。

大学生になると偏差値の高い大学の男子がモテます。

社会人になると年収の高い男性がモテます。

男はいつの頃でもモテたい生き物なのです。

ですので・・

子供の頃に足が速くてモテた男性はスポーツの世界へ没頭します。

中高生の頃にバンドで活躍した男性は音楽の世界へ没頭します。

一流大学を卒業して、一流企業へ入社した男性は仕事を頑張ります。

しかし・・

そのカテゴリーの何処にも入れなかった男性がマジックの世界等に入って来やすいのです。

マジシャンは元々は地味な性格?


子供の頃に・・

スポーツでも目立てず、

音楽でも目立てず、

勉強でも目立てず、

そんな男子が他で目立つ方法で行き着いたのが・・

マジックということです。

もちろん、極端な例の話ですけどね(笑)

マジシャン全員がそうだなんて言ってしまったら、怒られそうです。

もちろん、スポーツや音楽や勉強が得意マジシャンも探せばいるでしょう。

しかし・・

先程の話が、わりと的を得ているのです。

マジック業界には意外にも子供の頃は・・

どちらかと言えば目立たない地味な子だったという人が多いのです。


スポンサーリンク

マジックを見せすぎる男はモテない。


私もそうです。

子供の頃、足は速い方ではなかったですし・・

中高生の頃はバンドなんてやるようなキャラではなかったですから、楽器は何も出来ません。

勉強も出来る方ではなかったです。

しかし・・

マジックは幼い頃から好きで興味がありました。

中学生の頃に簡単なマジックをクラスの女子に見せたら・・

意外にウケたのです。

普段は内気で、女子とは、あまり話したりしない私が・・

少しだけクラスの女子と仲良くなれたのです。

それが、きっかけでマジシャンを目指した・・

と、言うと、そういうわけではありませんが・・(笑)

マジックをさらに好きになった、きっかけにはなったでしょうね。

子供の頃の成功体験というのは、将来に大きな影響を与えるものです。

しかし、その後・・

調子に乗って、さらに女子に何度もマジックを見せたら、少し気持ち悪がられました(笑)

マジックは出来ても、さりげなく見せる程度が丁度です。

マジックの見せすぎは厳禁です。

カラオケがいくら上手くても、マイクを持ったら話さないような男性は引かれてしまうのと同じです。

色気のある男とは?


色気のある男とは、余裕のある男である。

と、何かの本に書いてありました。

つまり・・

マジックも余裕を持って、さりげなく見せる程度が丁度良いということですね。

必死になって、沢山のマジックを見せようとしたら、台無しになってしまうでしょう。

中学生の頃の私の二の舞です(笑)

最後に。


結論!

モテるマジシャンとは、やはり・・

イケメンなマジシャンです(笑)


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です