カードマニピュレーション専用の加工用ロウ。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


ミリオンカードやファンカード・・

いわゆるカードマニピュレーションの演技をする為には基本的に専用のファンカードをローソクのロウ、もしくは、ファンニングパウダーを使い加工する必要があります。

しかし・・

なかなか、これが少し面倒な作業です。

カードマニピュレーション専用カードの加工方法。


専用のカードで綺麗なファン等を作る為には加工が必要です。

加工をする方法は・・

①ローソクのロウで加工する。

②ファンニングパウダーで加工する。

以上の2種類です。

①ローソクのロウで加工する。

ファンカードを1枚づつ両面にローソクのロウを擦りつけて、全体にロウを塗り加工します。

②ファンニングパウダーで加工する。

マジック用品専門店で販売されているファンニングパウダーをファンカードに1枚づつ両面にパウダーを付けて加工します。

ロウとファンニングパウダー、どちらが良いのか?

ファンニングパウダーの方が加工する時間は短縮されます。

しかし・・

パウダーはロウよりも耐久性が弱いので、定期的に再加工が必要になるそうです。

ロウの方が1度、加工をすると、しばらく使えます。

ただし・・

カードが汚れてメンテナンスをする場合はロウで加工していると、ロウを削り落とさないといけないので、面倒になります。

ですので・・

どちらも一長一短です。

ちなみに・・

私はロウ派です。

と、言うよりも・・

ファンニングパウダーは、あまり使った事がありません。


スポンサーリンク

「ファン加工用ロウ」というアイテムが販売されている。


少しでも、ファンカードの加工を楽にする方法がないものかと、調べると・・

ファン加工用ロウというアイテムが販売されていました。

ローソクとは違い、四角いロウのかたまりです。

値段は864円。

実際に購入して使ってみました。

とても、加工が楽になったのか?

と言うと・・

そこまででは、ありませんが・・

今までのように、ローソクのロウを使って加工をするよりは、時間も短縮出来ます。

ローソクの場合は加工中にローソクが折れたりして、不便な所がありましたが・・

ファン加工用ロウは、とても丈夫で折れたりする事はなくなります。

ロウ派の方には、お勧め出来ます。

UGM、もしくはIーMAGIC等で販売されています。

UGM

I-MAGIC

最後に。


市販のローソクのロウで加工する場合は、出来るだけ大きくて太いローソクを使った方が加工しやすいです。

加工の際にはに新聞紙等を敷いた上でする事を、お勧めします。ロウがテーブル等に付着する事を防げます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です