ちぃたん☆が須崎市の観光大使を解任。しんじょう君と全面対決の真相。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


高知県須崎市の観光大使と称していた大人気ゆるキャラ「ちぃたん☆」が須崎市から観光大使を外されたそうです。

ところで・・

須崎市公認のキャラクターといえば「しんじょう君」なのですが・・

「ちぃたん☆」と「しんじょう君」はどういう関係なのか?

「ちぃたん☆」は元々、どういう経緯で観光大使になったのか?

この辺りは地元の高知県でも知っている人は少ないようです。

また・・

商標権をめぐり、須崎市と「ちぃたん☆」の運営会社が全面対決?という報道も出てきました。

*こちらの記事は2019年1月17日に作成したものを2月7日、さらに2月9日に再編種いたしました。

「ちぃたん☆」とは?


日本テレビ news every より

ちぃたん☆はコツメカワウソをモチーフにしたキャラクターで秋葉原観光推進協会に属しています。

さらに、若い女性に人気の雑誌、ポップティーンの専属モデルとの事。

つまり・・

東京の秋葉原を拠点にしている、ゆるキャラです。

実は、ゆるキャラの「ちぃたん☆」にはモデルとなった実在のコツメカワウソがいるのです。

そちらも、名前は同じく「ちぃたん」。

すなわち・・

ネット上で可愛いと話題になった、本物のカワウソの「ちぃたん」をモデルとして、ゆるキャラの「ちぃたん☆」が生まれたのです。

「しんじょう君」とは?


日本テレビ news every より

「しんじょう君」高知県須崎市のマスコットキャラクターで、二ホンカワウソをモチーフにしています。

須崎市は40年ほど前に二ホンカワウソが最後に確認された場所。

しんじょう君は2016年の全国ゆるキャラグランプリで1位になりました。

「ちぃたん☆」と「しんじょう君」の関係。


二ホンカワウソをモチーフにした「しんじょう君」がゆるキャラ日本一になり、須崎市を中心に「しんじょう君フィーバー」が2年前に起こりました。

そこで、須崎市は、ネット上で話題になったコツメカワウソの「ちぃたん」にも、カワウソ繋がりで観光大使を依頼したのです。

日本テレビ news every より

つまり・・

正式な須崎市観光大使だったのは、本物のカワウソの「ちぃたん」だったのです。

ゆるキャラの「ちぃたん☆」は、そのカワウソをモチーフとして作られたキャクターですので、その関係から自称していたという事です。

しかし・・

須崎市も市のアピールになればという事で黙認していたそうです。

実際に須崎市観光大使の任命式の場へは本物のカワウソ「ちぃたん」と一緒にゆるキャラの「ちぃたん☆」も出席していました。

日本テレビ news every より

ところで・・

「ちぃたん☆」と「しんじょう君」は見た目が大変に似ています。

日本テレビ・news every より

まるで、兄妹のように見えます。

それもそのはず・・

キャラクターをデザインしたデザイナーが同じ人だそうです。

そして・・

どちらも、カワウソをモチーフにしたキャラクターだからですね。

「ちぃたん」が観光大使を外された理由。


「ちぃたん」が須崎市の観光大使を外された理由は・・

ゆるキャラの「ちぃたん☆」がネットで配信している動画が原因だそうです。

ちぃたん☆の動画はツイッター等でも話題で人気なのですが・・

内容は少々、過激なものなのです。

トランポリンで頭から落下したり、公園の噴水に突っ込むなど・・

見ためとはギャップのある破天荒な内容。

この動画を見た一部の方から、須崎市へ苦情が入ったとの事。

「暴力的」

「中の人が心配だ。」

等、苦情は100件以上寄せられたそうです。

また・・

「市のキャラクターがこんな事をしていいのか?」

と・・

「しんじょう君」と間違えての苦情もあったそうです。

そこで、須崎市は市のPRが出来ていないという理由で・・

元々、観光大使を依頼した本物のカワウソの「ちぃたん」の観光大使を解任して・・

必然的に、ゆるキャラの「ちぃたん☆」の観光大使も解任するように処置をした・・

そのように報道されています。

ただし、この内容について、しんじょう君のパートナーとして知られる須崎市役所職員の守時健さんはツイッター上で否定のコメントをしています。

では、本当の理由は何なのか?

2月6日に高知新聞が「ちぃたん☆」の運営会社がアメリカと韓国で「ちぃたん☆」の画像と名称の商標登録を進めている事を記事にしています。

*高知新聞より

これに関して運営会社は須崎市に無断で手続きをしているとの事。

須崎市は今秋ごろにアジア圏で、しんじょう君のアニメ放映を目指すプロジェクトに関わっています。

一方、ちいたん☆もアニメ放送を予定しているようで。

もし、ちぃたん☆の商標権が先に認められると、そっくりな「しんじょう君」が商標権侵害となってしまう可能性があります。

守時さんが2月1日にツイッター上で、これに関すると思える内容のコメントをツイッター上でしています。

知られざる、ゆるキャラ界の事情。


ちぃたん☆のキャラクターを制作したのは、東京の芸能事務所だそうです。

芸能事務所に所属しているという事は「ちぃたん☆」はタレントになります。

ちぃたん☆の動画は少々、過激で破天荒ではありますが、若者を中心に人気でツイッター等でも話題で・・

YouTubeのチャンネル登録者数は現在、27万人近くで、人気ユーチューバーの仲間入りをしています。

これは、芸能事務所としてのビジネスですので、苦情があったとしても、簡単に辞めるわけにはいかないのでしょう。

自治体が制作した、ご当地キャラクターとは方向性が異なるのです。

自治体によるご当地キャラクターは県や市の観光アピールが目的ですが・・

芸能事務所が制作したキャラクターはタレントと同じですので、キャラクターそのものを売り込むビジネスとなります。

少し前に話題になった、「ふなっしー」や「ねば~る君」も自治体は非公認であり、実際は芸能事務所に所属するタレント扱いのキャラクターだそうです。

自治体公認のキャラクターとして有名なのは、熊本県の「くまモン」や奈良県の「せんとくん」等です。

つまり・・

ゆるキャラには、ご当地PRが目的の自治体制作のキャラクターとは別に芸能事務所が制作した、タレントゆるキャラもいるのです。


スポンサーリンク

「ちぃたん☆」の運営会社とは?


ちぃたんの運営会社の情報は公式サイトにも載っていません。

ただし、ちぃたん☆の連絡先の住所が載っており、住所で検索をかけると・・

「株式会社キャランドゥ」

という芸能事務所の名称が出てきました。

キャランドゥとはどういった芸能事務所なのか?

しかし・・

所属タレント等の情報までは出てきません。

何だか、謎めいていますが・・

それらについては、こちらの記事で詳しく書かれています。

*【過激ゆるキャラ】「自称」須崎市観光大使の「ちぃたん☆」の運営実態がヤバすぎる!?(ありんど高知)

それによると、キャランドゥというのは「ちぃたん☆」の運営サイドの屋号のようなものであり・・

正式な「ちぃたん☆」の運営会社は・・

「株式会社クリーブラッツ」

という芸能事務所だそうです。

ちなみに、地下アイドルグループの「仮面女子」が所属する芸能事務所のようで。

仮面女子のサイトにも「ちぃたん☆」に関する内容が掲載されたことがあるようです。

須崎市が「ちぃたん☆」の活動停止を申し入れる事態に。


2月6日に須崎市の楠瀬耕作市長が株式会社クリープラッツへ「しんじょう君」の著作権を侵害しているとして、「ちぃたん☆」の活動停止を申し入れしている事を定例記者会見で明らかにしました。

報道では触れられていないようですが、クリープラッツ社が海外で商標権を申請していることが背景にあるのでしょうね。

須崎市はホームページ上で詳しい内容を明らかにしています。

*クリーブラッツ社への対応について(須崎市)

ちなみに、「ちぃたん☆」は4月からアニメ化されテレビ東京で放送が決まっているようなのですが・・

これに対して2月8日にクリープラッツ社が須崎市に対して反論の声明を発表。

高知新聞より

内容の要点は・・

ちぃたん☆デザイナーは須崎市から紹介してもって、複数回、担当者に確認を取ってもらった。

企業が「ちぃたん☆」のデザインを利用する際に市へ許可を求めたところ、許可は不要との回答を貰っている。

ちぃたん☆さえ自由に活動出来れば、海外の商標権者であることに固執しない。

上記のような反論の内容です。

しかし、これに対して、須崎市長側は・・

「さも、市の了解があったと言わんばかりの悪質で巧みな印象操作のある文章。」

「著作権侵害まで認めたものではない。」

と、コメントしているようです。

この騒動により、ゲーム会社のセガは予定していたゲームでの「ちぃたん☆」の起用を中止したとの事。

果たして、この騒動は、この先、どうなるのか?

最後に。


実際にテレビ等、メディアに出演するキャラクターは自治体のキャラクターよりも芸能事務所のキャラクターが多いです。

「ちぃたん☆」もフジテレビのSーPARKというスポーツ番組に出演しているそうです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です