20年以上吸い続けていたタバコをやめた理由とやめられた理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


私は20年以上に渡る喫煙者でしたが、5ヶ月前からタバコをやめました。

5ヶ月間一切、プライベートでタバコを吸っていません。
(タバコを使ったマジックを演じる際に吹かす事は今でもあります。肺まで吸い込む事はありません。)

禁煙してもなかなか、タバコがやめれない人が多いようですが、私の場合は意外とやめると決断してから、キッパリとやめる事が出来ました。

私がタバコをやめた理由。


私がタバコをやめるキッカケとなったのは・・

40歳を超えて生活習慣病のような事で病院へ行った際に禁煙を勧められた事です。

ただし、それだけではなく・・

タバコを吸うメリットも無くなったと感じたからです。

「タバコは百害あって一理無し」とは言われますが、一概にそうは言い切れず、私にとってはタバコは一理以上のメリットがあったと思います。

いや・・

かつてはあったのです。

タバコを吸うメリットはタバコを持ち歩いていればタバコを使ったマジックがいつでも出来た事です。

そしてさらに・・

タバコはコミュニケーションのアイテムになっていたのです。

私はプライベートでは人見知りな所があります。

大勢が集う中では、なかなか初対面の人に自分から話しかけるのは苦手だったりします。

ところが・・

タバコを吸いに喫煙所へ行けば、狭い空間で隣合わせた人と話がしやすかったりします。

そこで親しくなれた人もいました。

特に若い頃、マジシャンが集まるイベントなどで、有名な大御所マジシャンに自分から話しかける事は小心者の私には、なかなか、出来ませんでした。

ところが、喫煙所で、たまたま大御所マジシャンの方と合えた際には、挨拶しやすかったですし、向こうから話しかけてもらえたりしたりする事もあったものです。

そういう意味でタバコはコミュニケーションに便利なアイテムでした。

しかし・・

現在はタバコを吸える場所はどんどん少なくなってきましたし、2020年4月からは原則屋内禁煙となります。

タバコがコミュニケーションのアイテムとしての価値も無くなりつつある気がします。

そういった事も禁煙をする理由の一つとなりました。


スポンサーリンク

私が禁煙に成功した2つの秘訣。


私は現在、禁煙して5ヶ月以上になります。

今では、タバコを吸いたいと思う事も殆ど無くなりましたし、吸うつもりも一切ありません。

私がキッパリと禁煙出来た理由の一つは・・

①紙巻から加熱式を得て禁煙した。

私は・・

紙巻タバコ

アイコス

プルーム・テック

禁煙

と、段階を踏んでやめました。

加熱式に変えた時点では禁煙までするつもりはありませんでしたが、実際にそれであまり無理せず禁煙に成功する事が出来たのだと思います。

紙巻からアイコスに変ると当初は物足りなさを感じましたが、3日ほどで慣れました。

1ヶ月間アイコスのみで過ごすと紙巻タバコを吸う気にはならなくなるでしょう。

アイコスからプルーム・テックに変えた当初も物足りなさを感じましたが、こちらも1週間ほどプルーム・テックのみで過ごせば慣れました。

プルーム・テックは低温加熱式ですので、アイコスより匂いも少なくて、有害物質も少ないと言われたりしています。

さらに、禁煙に成功した、もう一つの理由は・・

②毎日の飲酒もやめた事。

私は禁煙と同時にお酒を飲むのと控えるようにしました。

とは、言ってもお酒は一切やめたと言うわけではありません。

以前は毎日、寝る前に寝酒をしていたのですが、それをやめたのです。

喫煙者は飲酒をすると、タバコが吸いたくなってしまいます。

ですので・・

お酒を控えると禁煙しやすくなるでしょう。

お酒も毎日飲むのは体に悪いでしょうから、同時に控えれば健康面で一石二鳥です。

最後に。


喫煙者が禁煙すると過剰な嫌煙家になりやすいと言われたりしますが、私の場合はそのような事はありません。

目の前でタバコを吸われたとしても、それほど嫌ではありませんし、喫煙可能な場所であれば、タバコを吸う人がいても当然であり何とも思いません。

また・・

禁煙する気がない人に対して、禁煙を勧める気もありません。ルールとマナーを守って吸うのであれば自由だと思います。

もちろん、健康の為には禁煙をした方が良いとは思いますが。


スポンサーリンク

アイキャッチ画像:Alexas_FotosによるPixabayからの画像

挿入画像:Colin BehrensによるPixabayからの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です