睡眠時無呼吸症候群の検査をしてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


数か月前から妻からある事で指摘をされるようになりました。

それは、「毎晩、イビキがうるさい。」と・・

妻によると、「寝てる間、ずっとイビキをしている。」との事です。

何だか申し訳ないと思いましたが・・

さらに、妻からの次の言葉で私は「ヤバいかも・・」と、深刻に考えるようになったのです。

それは・・

「たまに呼吸が止まっているような状態になっているけど、大丈夫?」と言われました。

それって、もしかして・・

睡眠時無呼吸症候群?

睡眠時無呼吸症候群とは?


睡眠時無呼吸症候群とは・・

眠っている最中に呼吸が止まっている状態があり、それを繰り返す疾患です。

中年以上の男性に多いようで、イビキを毎日、かいている人と、肥満型の人に多いようです。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中にで起こる症状ですので、本人は自覚しずらいのですが、重度になると、寝てもなかなか疲れが取れないとか、日中に眠たくなるなど、睡眠中以外の日常生活に支障が出る場合もあるそうです。

WEB上でセルフチェックも出来ますので、気になる人は調べてみると良いでしょう。

*睡眠時無呼吸症候群セルフチェック あなたは大丈夫?

私は数年前に知人から、睡眠時無呼吸症候群の治療をしていると言う話を聞いてましたので、こういう疾患があるという事は知ってました。

睡眠時無呼吸症候群の検査。


妻から「寝ている最中に呼吸が止まっているような時がある。」と言われて、心配になり、ネットで睡眠時無呼吸症候群の検査をしている病院を探して、電話してみました。

検査は予約制との事。

一番、早くて、一か月後と、言われました。

それまでは予約が埋まっているそうで・・

意外と、このような症状のある人は多いという事なんでしょうか。

一か月後の検査予約をしました。

簡易検査について。

一か月がたち、予約した病院へ行きました。

問診表を記入して、先生から診察の診察を受けることに。

睡眠時無呼吸症候群の出る人は肥満型の人が多い。しかし、私は一般的に言って、太ってはいません。どちらかと言えば痩せ型です。

しかし、先生曰く・・

肥満型の人に症状が出やすい原因は脂肪が多いせいだとの事。

痩せ型の人でも、年齢を重ねて筋肉が少なくなり、脂肪の比率が上がると、症状が出やすくなるんだそうです。

とりあえず、先生から、小型の機会を渡されて、「簡易検査をするので、今晩はこちらの機械を付けて寝てください。」と・・

機械は小型のもので、腕に巻き付け、そこから鼻にチューブを入れ、指にセンサーを付けるというものでした。

ちなみに、その日の診察代は5千円ほど。

その夜、機械を付けて布団に入りました。

しかし・・

何だか寝付けない。。

2時間ほど経っても寝付けなかったですので、自宅にある睡眠導入剤を飲みました。(以前に病院で処方してもらったものです。)

そこから、一時間ほどで何とか寝付けました。

次の日に簡易検査の機械を病院へ返却して、検査結果は一週間後。

簡易検査の結果について。

一週間経ち、検査結果を聞きに病院へ・・

結果は・・

「1分以上呼吸が止まっている事があるようなので、精密検査を受けてください。」

と、言われました。

簡易検査の結果。

精密検査の検査代は2万3千円ほどかかるとの事でしたが、4日後に精密検査の予約をしました。


スポンサーリンク

精密検査について。

精密検査は一日入院になります。

夜9時~11時頃から検査開始。

精密検査用の機械を頭や体に取り付けて寝てる。

朝6時頃に起きて検査終了という日程です。

私はいつも早朝に寝て、昼頃に起きる生活ですので、その時間に眠れるか心配でしたので、検査当日は朝9時に起きました。私にとっては早起きです。

夜7時半に病院へ着き検査の準備。寝巻に着替えて、機械を取り付け、念の為、睡眠導入剤を処方してもらい、寝る事に。

意外な事に・・

直ぐに眠れました。

何度か目が覚めはしましたが、検査上、問題ないくらいには眠れたかと。

無事に終わって、検査結果は、また、一週間後。

一週間経ち、検査結果を聞きに病院へ。

精密検査の結果について。

結果は・・

睡眠中に無呼吸状態がある。ただし、軽症との事でした。

精密検査の結果。

やはり、長い時は1分近く呼吸が止まっている事があるようですが、平均は20秒ほどでした。

ちなみに、10秒未満の無呼吸ならば普通にある事のようで、正常なんだそうです。

1時間当たりの無呼吸回数は5回でした。これが4回以下ならば正常なんだそうです。つまり、それほど深刻では無い。

重症の場合は毎日、治療用の機械を付けて寝る必要があるそうですが・・

軽症なので、機械を付ける必要は無いようです。

ただし、それなりの治療はしておいた方が良いそうで・・

無呼吸は仰向けに寝ている状態だとなりやすいそうですので、横向きで寝た方が良いのだそうです。

そこで先生から、こちらの枕を勧められました。

市販されているもので、イビキの予防にもなるようです。

早速、注文しました。

さらに・・

歯医者で睡眠時無呼吸症候群を治療するマウスピースを作る事を勧められました。

料金は1万5千~2万円ほどかかるそうですが・・

近日、歯医者へ行って作ってもらおうと思います。

最後に。


こちらの記事は今後、枕の寝心地やマウスピースについての感想などを加えて更新して行きます。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像:Myriams-FotosによるPixabayからの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です