「上手いマジシャン」と「稼げるマジシャン」は別なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


マジシャンの間ではSNS上などで度々、議論になる内容があります。

その一つが・・

・マジシャンはマジックが上手いからといって稼げるとは限らない?

・稼ぐ能力とマジックの上手さは別?

・下手なマジシャンでも稼ぐ方法はあるのでは?

といった内容の議論です。

そこで、ツイッターでこのようなアンケートを取ってみました。

「上手くなりたい」よりも「稼げるようになりたい」というのが、多くのマジシャンの本音のようです。

では、マジシャンはマジックが上手くなくても稼ぐことが出来るのか?

私の考えを記事にまとめます。

マジックが上手くなっても稼げるとは限らない?


まず・・

上手いマジシャンとは、どんなマジシャンなのか?

そこを定義付けないと話は前に進まないでしょう。

とは、言っても「上手いか?下手か?」そこは、個人の主観によって変わってくる部分が大きいと思います。

例えば、マジシャンにはお馴染みの「アンビシャスカード」をオーソドックスに演じられるならば、それは上手いのか?

プロマジシャンとしては「普通」と言ったところでしょうが、マジシャンではない人達から見れば「上手い」となるのではないでしょうか。

つまり、「上手い」の基準を何処に持っていくかによって判断は変わって来ますよね。

さらに・・

「上手い」とは何で判断するのか?

・テクニックが上手ければ上手いのか?

・テクニックがハイレベルでも、セリフがしどろもどろだったとすれば、それは「上手い」と言えるのか?

・テクニックがハイレベルでも、人の真似ばかりしているマジシャンは「上手い」と言えるのか?

そのような疑問を持つ人達も多いと思います。

しかし・・

私的にはマジシャンに取って上手いとは「テクニックの上手さ」が重要視されると思います。

もちろん、セリフやオリジナリティーなどもマジシャンのレベルを図るのに、とても重要な部分だとは思うのですが・・

マジックに関して「上手い」と言う言葉はテクニック指して使う場面が多いと思いますし、実際に「あのマジシャンはあのマジックが上手いよね」と言うような会話は主にマジックのテクニックに関して話していると受け取る人が殆どだと思うからです。

テクニック以外の部分を「上手い」と表現するのであれば・・

「演出が上手い」

「オリジナリティーを出すのが上手い」

など、具体的な部分を指していう事が多いと思います。

ですので・・

マジシャンの上手さとは「テクニックの上手さ」と捉えるのがオーソドックスな考えと言えるでしょう。

ただし・・

その「テクニックの上手さ」は人によって判断基準が変わってくるという事でしょうね。


スポンサーリンク

下手なマジシャンでも稼ぐ事は出来るのか?


まず・・

マジックで稼ぐにはどうすれば良いのか?

稼ぐという事はお金を払ってマジックを見てくれる観客やクライアントを増やさないといけないでしょう。

つまり、人気のあるマジシャン。

では、観客を増やして人気を得るにはどうすれば良いのか?

マジックが上手くなれば良いのでしょうか?

もちろん、上手いに越したことは無いでしょうが・・

それだけでは足らないと思います。

例えば、一般的に好きな歌手を思い浮かべて、「好きなった理由は?」と聞かれたら「歌が上手いから」よりも、「歌が好きだから」の方が多くの理由となるのではないでしょうか。

つまり、上手いからと言って好きになってもらえるとは限らないでしょう。

それと同じように、マジシャンの場合も人気のあるマジシャンは観客から見て「マジックが上手い」よりも「マジックが面白い」と思われているのが多くの理由ではないでしょうか。

では、「面白いマジック」とは、どんなマジックなのか?

それは、上手いマジックよりも「センスのあるマジック」だと思います。

センスとは、まさに演出やオリジナリティーの部分でしょう。

すなわち・・

稼げるマジシャンとは「上手いマジシャン」よりも「センスのあるマジシャン」なんだと思います。

では、下手なマジシャンでも「センスのあるマジシャン」ならば稼げるのか?

と言われますと・・

残念ながら私的には「下手なのにセンスがあるマジシャン」と言えるような方には未だに出会ったことがありません。

センスのあるマジシャンは総じてテクニックもそれなりには上手い人ばかりです。

その理由は、テクニックが下手なままではセンスもなかなか磨かれないからでは?と思うんですよね。

ただし、テクニックが上手ければ上手いほど稼げるとは限らないのも事実でしょう。

ですので、私的に・・

マジシャンとして最低限、大切な事は「上手くは無くとも、下手ではない事」だと思います。

最後に。


こちらの記事の内容は私の独断と偏見を交えたものです。

マジシャンによっても、人それぞれ様々な考えがあるのは当然だとは思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です