子供は早く作るべきか?40代で父親になってわかったこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


私事ではございますが、昨年、第一子を授かりました。

コロナ禍で大変な中、無事に出産してくれた妻と、生まれて来てくれた娘に感謝です。

数年前から「子供を作るならば早い方が良い。」と何度か助言をされたことがあり、世間からもそのような声をよく聞きます。

私は43歳で父親になりました。

実際に40代で父親になってみて思ったことを、記事にまとめてみます。

子供は早く作った方が良いと言うのは本当か?


現在は男性も育児参加をするのが当たり前の世の中です。

私も実際に育児に参加してみて、わかったことは、「想像以上に体力を使う」ということです。

・生まれたての頃は4時間おきに授乳。

・オムツ交換

・沐浴(お風呂)

・着替え

・寝かせ付け

など、24時間つねにやらなければいけないことがあります。

ですので、毎日、睡眠不足です。

我が家では生まれたての頃は母乳と粉ミルクを交互に与えていましたので、主に粉ミルクの時は私が担当しました。

4時間起きですので、真夜中でも我が子のペースに合わせて与えないといけません。

現在は1歳になり、歩き回るようになりました。

そうなると、さらに体力が必要です。

家の中を自由に動き回り、何でもおもちゃにして、手に取ろうとしますので、つねに見守っていないといけません。

ですので、同じように家の中を歩き回らないといけなくなります。

1歳になると体重も10キロほどになります。お出かけの際に抱っこして歩くのにも体力を消耗します。

歩けるようになったことで、足の筋肉も強くなっています。オムツ交換の際に足をバタバタさせるのを抑えるのにも一苦労です。

以上、ざっくりな説明であり、大変な事は他にも、まだまだあるのですが、つまり・・

体力的なことを考えるのであれば、子供は若いうちに早く作った方が良いというのは一理あるのだと思います。

さらに、もう一つ付け加えると・・

40代になると若い頃よりも、体のメンテナンスが必要になりますので、病院へ行く回数が増えます。

しかし、幼い子供がいると、なかなか病院へ行く時間が作れなくなります。

私も現在、歯医者と整体へ行きたいと思っているのですけれど、なかなか、行く時間が作れていません。


スポンサーリンク

40代で子供を作って良かったこと。


40代で子供を作って良かったことも、もちろん、あります。

それは、やはり経済的な部分です。

私の場合は特に就職氷河期世代ですので、20代の頃は、貯金もろくにできないほど、お金には余裕がありませんでした。

現在も自慢できるほどの経済力があるわけではありませんが、20代位の頃と比べれば、まだ、余裕があります。

そして、何より、我が子はとても可愛いです。

若い頃に子供を授かってはいませんので、比べることはできないのですが、おそらく若い頃よりも、この年齢で授かった念願の我が子ですので、可愛いさが、より増しているような気がします。

ですので・・

結論を言うなら、幾つで子供を授かっても一長一短なんだと思います。

最後に。


子供を授かると生活が一変します。

大変なことが増えますけど、楽しいことも増えます。

最後まで呼んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


アドラー式子育て 家族を笑顔にしたいパパのための本 (小学館クリエイティブ単行本) 単行本 – 2018/7/9


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です