1000円以下で簡単に作れる、大型鳥用ケージ。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに

大きいサイズの鳥用ケージは意外と高価になります。

銀鳩(ギンバト)を2羽以上、飼育できるケージを購入すると、通常1万円以上はかかります。

先日、私は東北でのマジックショーの依頼がありました。

イリュージョン道具や銀鳩も運ばないといけないので、交通手段は車移動にしました。

銀鳩3羽とともに長旅をすることになりましたが、銀鳩には4日間車中泊してもらわないといけません。

4日間だけの為に高価なケージを購入するのは、何だか勿体ない。

そこで・・

段ボールで手作りのケージを作成しました。

製作費は1000円以下で完成しました。

意外と簡単に作れて、銀鳩もとても快適に過ごせた様子でした。

そちらの、作り方を、わかりやくすく、ご説明いたします。


材料と必要な道具

材料は・・

・段ボール箱

・ワイヤーネット
(段ボールのサイズに合わせて数枚購入してください。)

・クリップ

・結束バンド

こちらは全てダイソーで揃えました。

さらに・・

・止まり木用の木の丸棒

ホームセンターで購入できます。

購入した際に、店員さんに頼めば適度な長さにカットしてもらえます。

長さは段ボール箱の横幅より2~3センチほど長めが丁度です。

作成に必要な道具は・・

・梱包用テープ(もしくはガムテープ)

・輪ゴム

・カッター

・スケール

・マジックペン

以上です。

さらに、ハサミもあれば便利です。

段ボール箱のサイズは鳥の大きさや、数に合わせてください。

今回、私は銀鳩3羽用でしたので、サイズはこちらにしました。

十分な大きさでした。

ちなみに、段ボール箱はホームセンターで300円もあれば大き目のものが購入できます。

そして・・

ワイヤーネットも段ボールのサイズに合わせたものを購入してください。

スポンサーリンク


作り方

段ボール箱を組み立てて・・

上側の開いている部分はカッターで切り取ってください。

止まり木を取り付ける部分にカッターでバツ印のような切れ込みを入れます。

今回、入れる部分は横から15センチ、下から20センチほどの部分にしました。

もちろん、切れ込みは両側に入れます。

止まり木用の丸棒の両側に輪ゴムを巻いて取り付けます。

止まり木を段ボール箱の切れ込みを入れた部分に取り付けます。

丁寧にやれば、頑丈に取り付けることが出来ます。

ワイヤーネットを結束バンドを使い、段ボールのサイズに合わせます。

結束バンドの余った部分はハサミ等で切り取ってください。

段ボールの片側の上部分に数か所、カッターで小さめの切れ込みを入れて、結束バンドでワイヤーネットを結びます。

これが、鳥を入れる扉になるのです。

餌入れや水入れを取り付けたい場所にもカッターで切れ込みを入れます。

餌入れのサイズに合わせて切れ込みを入れてください。

中に新聞紙を敷いたら完成です。

ワイヤーネットの扉はクリップで留めておくと、勝手に開く心配がありません。

新聞紙は毎日、取り換えて掃除をしてください。


最後に

段ボール箱を保温効果もあるので、寒さに弱い鳥には、快適な材料です。

実際、私の相棒である銀鳩3羽も4日間、車中泊ながら快適に過ごせた様子でした。

ただし・・

夏場など暑い季節に、長期間、こちらのケージを使用するのはお勧めしません。

段ボールは虫が湧きやすいですので・・

あくまで、数日間の簡易的なケージとして使用してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です