面白い土佐弁。標準語にはない現在完了形のある独特の方言。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


高知県民が話す土佐弁には標準語にはない現在完了形の話し方があります。

これは、高知県民でもあまり気付いている人が少ないのですが、標準語で話すよりも簡単に状況が伝わりやすく便利な表現です。

現在完了形とは?


現在完了形とは学生の頃に英語の授業で習う英語独特の文法です。

英語では表現出来ますが、日本の標準語にはないですので、日本人には分かりにくい文法です。

例えば・・

I cleaned my room

こられは、日本語に訳すと・・

部屋を掃除をした。

となり、過去形です。

過去形の文は以前に部屋を掃除をしたという事実だけを表していて、現在は掃除をした綺麗な状態かどうかは関係のない表現になります。

そして・・

I have cleaned my room

これは、現在完了形の文で・・

部屋を掃除をした。(そして、部屋は現在も綺麗。)

となる表現です。

これが、日本の標準語では簡単に表現出来ない文法なのです。

土佐弁には現在完了形がある。


土佐弁には現在完了形の表現の仕方があります。

例えば・・

①雨が降りゆう

これは、現在進行形です。

②雨が降っちゅう。

これは、現在完了形です。

③雨が降っちょった

これは、過去形です。

①は標準語で「雨が降ってる。」となり・・

現在、雨が降っている事を表現しています。

②は「雨が先程まで降っていたけど、現在は降っていない。」という表現です。

例えば、部屋の窓を開けて、雨で地面が濡れているけど、今現在は雨が降っていない状況で高知県民は・・

「あれ!?雨が降っちゅう。」

と、言います。

標準語では表現出来ない土佐弁独特のものです。

③は標準語で「雨が降っていた。」となり・・

過去に雨が降っていた事を表現しています。

これは、昨日やそれよりも前に雨が降っていた事であり、現在の状況は関係のない事です。

ちなみに・・

「部屋を掃除しちゅう。」

と言う土佐弁の表現も現在完了形となり・・

「部屋を掃除して、現在も片付いており綺麗な状態。」である事を表します。


スポンサーリンク

面白い土佐弁。


土佐弁は語尾に4匹の動物が付くと言われている。

雨が降っちゅう。(雨が先程まで降っていた。※現在完了形)

「ちゅう」はネズミ。

雨が降りゆうきー。(雨が降っているから。※現在進行形)

「きー」はサル。

雨が降りゆうがぁ?(雨が降っているのですか?※疑問形)

「がぁ」はライオン。

雨が降りゆうにゃあ。(雨が降っていますよね。※相手に同意を求める言い方。)

「にゃあ」は猫です。

さらに面白い土佐弁として・・

すきやきがすきやき。

これは、ダシャレのようですが・・

標準語で「すき焼きが好きです。」となる言葉です。

また・・

夕飯はかれーにしちゅー。

これは高知県外の人に「夕飯はカレーとシチューがある。」と勘違いされそうですが・・

標準語で「夕飯はカレーにしている。」と言う意味です。

シチューはないです。(笑)

さらに・・

おまんこっちこんき。

これは何だか下品な表現と勘違いされそうですが・・(笑)

標準語で「お前、こっちに来いよ。」

と言う意味です。

最後に。


土佐弁を使うのは、高知の中心部から東部の地域です。

西部では幡多弁という土佐弁とは少し違う方言が使われています。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です