車の車内の強力両面テープを数秒で簡単に剥がす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


先日、車の車内に取り付けていたデジタル時計が壊れましたので・・

新しいものに取り換えようと、壊れた時計を外そうとしましたが、

時計を取り付けていたステーが・・

強力な両面テープで張り付いていたので剥がれませんでした。

無理やり剥がすと、車内のプラスチック部分が壊れそうでしたので・・

悩みました。

皆さん、こんな時は、どうしているのでしょう?

ネットで調べた強力両面テープの剥がし方。


ネットで調べると・・

ドライヤーやヒートガンで温めると綺麗に剥がせる。

水で薄めた中性洗剤で両面テープにしみ込ませて、しばらく置くと綺麗に剥がせる。

ライターオイルを両面テープにしみ込ませて、しばらく置くと綺麗に剥がせる。

等の情報がありました。

なるほど。

しかし・・

何だか、めんどくさそう・・。

そこで・・

知り合いの自動車販売店に電話で相談してみました。

すると・・

タダで剥がしてあげるから、店に来てと言われました。

とても良心的です。

強力両面テープを簡単に剥がす方法。


自動車販売店の店長さんに頼むと・・

数秒で簡単に剥がれました。

ビックリするほど簡単!

方法は・・

マイナスドライバーのような工具の先端を両面テープの下に差し込み、テコの原理でステーを持ち上げる。

ただ、それだけです。

簡単に両面テープも剥がれ、ステーは外れました。

多少、両面テープのカスが残っていましたが・・

指先でつまみ取り、掃除をしたら、綺麗になりました。

傷や跡も付いていません。

さすがです。

次回からは、この方法で自分で剥がすことにします。

自動車販売店の店長が使用していた工具は、おそらくプライバーと呼ばれる道具でしょう。

プライバーとはドライバーのような形で小型のバールのように使う道具だと思われます。



しかし・・

プライバーではなく一般的な大きめのマイナスドライバーで代用出来るのでは?

と思います。


スポンサーリンク

両面テープの跡を綺麗に取り除く方法。


両面テープを剥がした後に跡が残ってしまった場合、粘着も残って嫌ですよね。

両面テープの跡を綺麗に取り除く方法は・・

ガムテープの粘着部分を後の部分に押し付けて、

何度も剥がして、押し付けてを繰り返す。

私は、この方法を使っています。

根気よく繰り返したら、綺麗に跡が無くなります。

1番手っ取り早くて簡単でしょう。

傷が付く事もありません。

最後に。


記事に書いた「強力両面テープを簡単に剥がす方法。」の部分においては・・

実際に作業をする場合は傷が付いたり、怪我をする可能性もあるかもしれません。

その辺りは自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です