新元号「令和」を3年前に予言したとされるツイートが話題。真相は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


2019年 4月1日に平成の次の新元号が発表されました。

新元号は「令和(れいわ)」です。

新元号が発表されてから、すぐにツイッター上では、ある方の3年前のツイートが話題になっています。

なんと・・

3年前の2016年に新元号の「令和」を予言していとされるツイートが発見されたのです。

新元号を予言されていたとされるツイート。


それが、こちらです。

明治大正昭和平成令和

違和感ないね!

と呟いています。

このツイートの日付は・・

2016年7月13日となっています。

時間は19時41分です。

2016年7月13日は平成天皇が退位を発表された日だそうです。

さらに・・

時間は19時41分。

新元号が発表されたのは2019年4月1日。

その日までを予言していたみたいで、謎に拍車をかけています。

新元号を予言していたとされるツイートの真相は?


はたして、予言ツイートの真相とは?

いくつかの仮説が立てられています。

誤字により偶然当たった節。

文字の入力ミスによる誤字で、たまたま偶然「令和」になっていたのでは?

と、推測されている方がいました。

例えば・・

「平和」と入力しようとして「令和」と入力ミスでなったのではないかと?

しかし・・

3年前に「れいわ」を変換して令和という漢字になる可能性は少ないと考えられます。

日付の捏造説。

実際はツイートは2019年4月1日の新元号発表の後に作成されたもので、日付を何らかの方法で3年前に書き変えられたのではないか?と吸いしている方がいます。

こちらです。

こちらは・・

とても現実的な仮説で可能性は否定出来ないかと。

しかも・・

予言とされるツイートはTweetDeckというアプリケーションからのものでパソコンから書き込んだ可能性が高いと思われます。

それなら、何らかのプログラミングスキルで日付を変更する方法があるのかもしれません。

さらに・・

ツイートされた日は4月1日であり、エイプリル・フール。

ただし・・

基本的にツイッターのツイートは後で編集出来ないものです。

ツイッター社はツイートの信頼性を高める為に、その辺りは徹底しているようです。

もし・・

日付の変更をする方法があるなら、犯罪のアリバイに利用されたりの可能性もありますので、怖いですよね。


スポンサーリンク

未来人?本物の予言者?説

オカルト的な話になりますが・・

本当にツイートした方が3年前に新元号をわかっていたのだとしたら、未来からやってきた人か?未来がわかる人か?という事になります。

このような都市伝説で有名なものが過去にあります。

2000年に未来人ジョンタイターという都市伝説が話題になりました。

インターネット上にタイムマシンで2036年から来たという人物が突然、現れたのです。

ジョンタイターとされる人物は、これから起こるとされる世界的な出来事を幾つか予言しました。

予言は当たったものもあれば、はずれたものもあります。

ジョンタイター曰く、未来の時間線は複数あるので、予言は全て当たることはないと説明していたそうです。

つまり・・

自分はパラレルワールドの未来から来ているので、予言を見た人の未来は、ジョンタイターの知っている未来とは少し違うものになるという事です。

しかし・・

後にイタリアの国営放送でジョンタイターの正体を追求するドキュメント番組のが放送されました。

それによると・・

ジョンタイターの招待には、ある弁護士とその弟が関わっている可能性がある。

世界中で話題となったジョンタイターに関する著作権を、その弁護士が管理している

その弁護士に現在、ジョンタイターに関する印税が全て入っている可能性が高い。

つまり・・

未来人の話題を捏造して、印税を稼ぐ為に作られた陰謀ではなかったのでは?と。

ただし・・

真相は不明です。

ご本人の名前が「令和さん」だった説。

これは私の考えた説でありますが・・

ご本人の名前が「令和さん」なのではないかと?

実際に新元号の「令和」が発表されてから全国の「令和さん」という名前の方々が話題になっています。

多くは「のりかず」もしくは「よしかず」と読む方々です。

実際に新元号が発表される前に新元号予想として、ご自分の名前になったら面白いなという人達が沢山いました。

ですので・・

実はこのツイートも元々、そういう内容で書かれたものなのではないかと?

しかし・・

ツイートしたご本人自身は未だ真相には全く触れていない様子。

それどころか・・

少し戸惑っている様子でもあります。

ご本人へテレビや新聞からの取材依頼も来ているようです。

そちらにも応じるような気配はありません。

アカウントは偽名でツイートの内容もプライベートに関する事には殆ど触れる内容は見当たりません。

もし、メディアなどの取材に応じると、個人情報を明かすことになるかもしれませんよね。

ご自分の個人情報を明かすことに抵抗のある方なのかもしれません。

最後に。


真相は今のところ、本人のみぞ知るという状況のようです。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像・moritz320によるPixabayからの画像より

*挿入画像「Pixabay」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です