冬場に乾燥肌で体が痒い場合の4つの対処方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


私は人一倍、乾燥肌体質です。

そのせいか、冬場になると背中や足、腕などが痒くなります。

痒みのせいで、夜、なかなか寝付けないことも。

40歳を超えて、年齢と共に、体の乾燥と痒みも増してきたような気がします。

しかし・・

調べてみると、正しい対処方法をすれば、痒みを抑えられる事がわかりました。

乾燥肌による痒みを抑える方法。


①ヒートテックを着ない。

ヒートテックは汗など水分を吸収して熱に変えて暖かくする機能です。

つまり・・

着ると暖かくなる分、体の水分を奪ってしまいますので、より乾燥してしまうのです。

ですので、乾燥肌体質の人はヒートテックを着るのはやめた方が良いでしょう。

私は、寒がりな体質でもありますので、ヒートテックの寝巻を着て寝ていた事があったのですが、体が痒くて、なかなか寝付けない事が多かったです。

しかし・・

ヒートテックを着るのをやめると、痒みを抑えることが出来ました。

②加湿器を置く。

冬場に暖房を付けると部屋がとても乾燥します。

暖房を付けていなくても冬場は乾燥しています。

寝室には加湿器を置いて寝ましょう。

部屋自体に乾燥を防ぐことで、体の感想も防げます。

それにより、痒みも抑えることが出来ます。


スポンサーリンク

③痒い部分には専用の薬を塗る。

乾燥による痒みを抑える市販薬も販売されています。

専用のものを使用しましょう。

虫刺され用の痒み止めは一時的には効くかもしれませんが、根本的に治すことは出来ないでしょうし、塗りすぎると副作用が出る場合があるでしょうから、おススメ出来ません。

写真はドラッグストアなどで市販されている、メンソレータムADクリームです。

保湿成分が配合されていて、痒みを抑える効果もあります。そして、ステロイドは入っていないようです。

ちなみに・・

ステロイドは痒みに対して、とても即効性のある治療薬ですが、塗りすぎると副作用で毛深くなったり、皮膚が黒くなったりすることがあるようです。

痒みが酷い場合は飲み薬タイプの痒み止めもあるようです。

痒みで寝付けない場合は、寝る前に飲むと良いのではないでしょうか。

また・・

痒みが酷い場合は病院で診察を受ければ、医師による処方薬を出してもらえます。

私は病院でビーソフテンローションという薬を処方してもらいました。

市販薬よりも効き目がある気がします。

④体を洗い過ぎない。

体を石鹸やボディソープで洗い過ぎるのは体を乾燥させてしまいます。

体には必用な油分がありますし、実は体の汚れはお湯だけで9割落とせるとも言われています。

また・・

実は体の洗い過ぎは体臭の原因にもなり逆効果だそうです。

それについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

*中年男の正しい加齢臭対策。テレビやネットの情報は間違いだらけ。

最後に。


乾燥肌で悩む人の参考になれば幸いです。

ちなみに・・

体の乾燥を防ぐにはワセリンがおススメです。


スポンサーリンク

関連記事。

*鼻の中が猛烈に痒い「鼻前庭湿疹」。

*マジシャンはハンドクリームを塗ってはいけない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です