ノンアルコールチューハイでの晩酌が良い事だらけな4つの理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


私は深夜に仕事を終えて帰宅すると、毎日のようにチューハイや梅酒で晩酌をするのが日課でした。

以前は缶ビールで晩酌していたのですが、ビールは二日酔いしやすいので、チューハイや梅酒に変えたのです。

しかし、チューハイや梅酒でも、ついつい飲み過ぎてしまうと、次の日、寝起きに体が重くて二日酔いぎみになり、しんどくなります。

40歳を過ぎて、アルコールが体から抜けにくくなったのか。

晩酌を辞めれば健康的になれるのはわかっているのですが・・

それが、毎日の楽しみですので、なかなか。。

ある日、翌日に朝早くから予定がありましたので、アルコールは我慢して、代わりにノンアルコールチューハイというのを飲んでみました。

サントリーの「のんある気分(レモン)」です。

初めて飲んでみたのですが・・

「えっ?これノンアルなの?普通に美味しいじゃん。」

という感想でした。

ノンアルコールチューハイの味とは?


「ノンアルコールチューハイなんて、ジュースと一緒」と思われそうですが、実際に飲んでみると、私的にはジュースとは違い、チューハイの味にとても似ていて、それなりに飲みごたえを感じて美味しいです。

一口だけなら、ノンアルコールチューハイと普通のチューハイとの違いは、わからないかもしれないと思うくらいです。

少なくとも、ノンアルコールビールと普通のビールの味の違いよりは、ノンアルコールチューハイと普通のチューハイの味の違いの方が差が少ないと思います。

そもそも、チューハイ自体がジュースに近い味なのですから当然と言えば、当然でしょう。

冷静に考えれば、ノンアルコールチューハイで物足らないと思う人は、アルコール入りのチューハイでも物足らないのではないでしょうか。


スポンサーリンク

ノンアルコールチューハイがオススメな4つの理由。


①二日酔いにならない。

当たり前な話ではありますが、アルコールが入っていないのですから、二日酔いになりません。

私は毎日の晩酌をノンアルコールチューハイに変えてから、体の調子が良くなりました。

朝の目覚めの良いですし、さらに、ぐっすり熟睡出来るようになった気がします。

②太らない。

私はどちらかと言えば痩せ方の体格ではありますが、それでも40歳を超えると、30代の頃よりは体重が増えやすくなりました。

しかし、ノンアルコールチューハイで晩酌をするようになってから、体重が10日2キロほど減りました。

アルコールは食欲を増進させる作用があるので、お酒好きの人はお酒の飲み過ぎで太るのでなく、つまみの食べ過ぎで太るとも言われています。

ですから、ノンアルコールなら食欲を増進させる心配もありません。

さらに、カロリー0の商品も多いですので、ダイエットにもなりそうです。

③美味しいし、酒のつまみとも合う。

チューハイが好きな人なら、ノンアルコールチューハイでも、それなりに美味しさを楽しめると思います。

複数のメーカーが色んなバリエーションの味を出していますから、飽きませんし、飲み比べれて、自分の好みに合った味を見つけるのも楽しいと思います。

さらに、意外と「唐揚げ」や「冷奴」など、定番の酒のつまみとも合いますので、普通にお酒で晩酌している気分で楽しめます。

④安上がりで経済的。

350ml1缶が100円程度ですから、缶ビールなどと比べると安上がりです。

最後に。


ノンアルコールチューハイはコンビニでは残念ながら、あまり売られていないようです。

スーパーやお酒の専門店。もしくは、ネットでも購入できるようですね。

【在宅時の気分転換に】サントリー のんある気分 オリジナルセット (8種類・各3本) [ ノンアルコール 350ml×24本 ]

キリン ノンアルコールチューハイ ゼロハイ 氷零 グレープフルーツ [ ノンアルコール 350ml×24本 ]

ちなみに、私の一番のお気に入りのノンアルコールチューハイはサントリーの「のんある気分(ホワイトサワーテイスト)」です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です