まんが王国を名乗っているのは高知県だけではない件。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


高知県は漫画家を多く輩出しているということで、県が力を入れて「まんが王国」をアピールしています。

1992年より開催されている、全国の高校生の漫画コンクールの「まんが甲子園」を始め、沢山の漫画に関するイベントを開催しています。

高知県出身の主な漫画家。


高知県を代表する漫画家と言えば・・

アンパンマンでお馴染みの「やなせたかし」。

残念ながら2014年に他界されましたが・・

晩年は高知に在住されて、県民から、とても愛されていた漫画家でした。

出身地の香美市には香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」があります。

その他にも・・

青柳祐介

横山隆一

はらたいら

徳弘正也

窪ノ内栄作

等・・

その他にも沢山の有名な漫画家を輩出しています

しかし・・

まんが王国は高知県だけではないのです。

スポンサーリンク

まんが王国を名乗っている県は高知県だけではない。


高知県以外でも「まんが王国」としてアピールしている県があります。

その一つは・・

鳥取県

です。

鳥取県も沢山の漫画家を輩出しています。

有名なのは・・・

ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの「水木しげる」。

さらに・・

名探偵コナンでお馴染みの「青山剛昌」。

その他にも・・

谷口ジロー

森秀樹

藤原芳秀

山松ゆうきち

川崎三枝子

等・・

その他にも沢山の有名な漫画家を輩出しています。

鳥取県は「国際まんがコンテスト」等・・

高知県と同様に「まんが王国」と銘打って、漫画に関するイベントを多数、開催しているようです。

さらに「まんが王国」と言われている県が・・

新潟県

です。

新潟県も沢山の漫画家を輩出しているのです。

有名なのは・・

天才バカボンでお馴染みの「赤塚不二夫」。

ドカベンでお馴染みの「水島新司」。

うる星やつらでお馴染みの「高橋留美子」。

パタリロでお馴染みの「魔夜峰央」。

るろうに剣心でお馴染みの「和月伸宏」。

デスノートの画を担当した「小畑健」。

その他にも・・

えんどコイチ

新沢基栄

八神ひろき

しげの秀一

安田弘之

等・・

多数のアニメ化やドラマ化された作品を描いた有名漫画家を輩出しています。

あれ・・何だか・・

高知県と鳥取県の「まんが王国」の座が危ういかも・・(笑)

その他にも「まんが王国」を名乗っているのは県が・・

岐阜県

です。

岐阜県には「飛騨まんが王国」という・・

40000冊のまんが本ばかりを集めた漫画専門の図書館があるそうです。

本当の「まんが王国」は何処なのか?


本当の「まんが王国」は・・

・・

・・

東京の秋葉原でしょう(笑)

いや・・

誰もが納得出来る場所となると、そこしかないという意味です。

まとめ。


「まんが王国」を名乗っている県は・・

・高知県

・鳥取県

・新潟県

・岐阜県

調べた限りで全国に4県以上はある。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です