ひろめ市場が2020年4月から完全禁煙になる理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

はじめに。


ひろめ市場が2020年4月1日から禁煙になるそうです。

喫煙所の設置もなく敷地内は完全禁煙になるとの事。

ひろめ市場と言えば高知の有名な観光名所の一つであり、高知の特産グルメやお酒などが気軽に楽しめる大きな屋台村のような場所です。

現在は殆どの場所で喫煙可能。

お酒を楽しむ人が多く集まる場所ですので、一部からは「禁煙にするとお客が減るのでは?」と心配な声も上がっています。

*ひろめ市場が来春から禁煙に(高知新聞)

ひろめ市場が禁煙になる理由。


なぜ、ひろめ市場が禁煙になるのかと言うと・・

2020年4月1日から、国が進めている受動喫煙防止対策強化により、法律上、原則屋内禁煙となるからです。

つまり・・

禁煙になるのは「ひろめ市場」だけではありません。

2020年4月1日から日本全体で屋内原則禁煙となるのです。

居酒屋やバー、スナック、パチンコ店も原則禁煙となります。

ただし、一部の飲食店には経過措置として、店自体を喫煙可能室として届け出をすれば、店自体を今まで通り喫煙出来る店として営業可能になるのですが・・

以下の条件を満たす店舗のみが対象だそうです。

・2020年4月1日時点で営業している飲食店

・資本金が5000万円以下

・客席の面積が100平方m以下

さらに・・

喫煙可能室の届け出を出すと、20歳未満は立ち入り禁止場所となります。

20歳未満がいるお客は大人同伴でも来店出来なくなりますし、20歳未満の従業員を雇う事も出来なくなります。

これは、小規模なバーやスナックの為の措置であり、ひろめ市場のような広い場所で未成年も出入りする場所は対象外です。

喫煙者にとっては厳しい話でしょうが、時代の流れでしょうね。


スポンサーリンク

禁煙になる事で「ひろめ市場」のお客は減ってしまうのか?


結論から言うと、お客が減るという事は無いと思われます。

理由は「ひろめ市場」だけが禁煙になるわけではなく、近隣の居酒屋なども同じく禁煙となるからです。

ひろめ市場だけが禁煙になるのであれば、喫煙者は別の喫煙可能な居酒屋に流れるかもしれませんが、他の居酒屋なども禁煙となるのであれば流れる理由な無いでしょう。

むしろ、子連れのお客などは増えるかもしれませんね。

ただし、喫煙者にとってはタバコを吸いたくなる度に外へ移動しないといけないわけですので、お酒が進みにくくなる事はあるかもしれません。

最後に。


2020年4月1日からの受動喫煙防止対策強化については、以前に書いた記事に詳しく説明していますので、興味のある方はどうぞ。

*2020年4月1日から屋内禁煙が原則に。バーやスナックはどうなる?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です