カテゴリー別アーカイブ: パソコン・スマホ関係

激安6000円以下。コンパクトで使いやすいインクジェットプリンター。



スポンサーリンク

はじめに。


先日、自宅で使用していたインクジェットプリンターが故障しました。

おそらく、10年以上使用していましたので、さすがに寿命なのか。

そこで、新しいプリンターを購入する事にしました。

ちなみに、今まで使用していたプリンターは・・

エプソンのPXA-650というタイプでした。

インクジェットプリンターの種類。


予算は2万円程を用意して、パソコン専門店に行きましたが・・

プリンターの品揃えはあまりなくて、業務用のような大きめのタイプが多い。

家庭用のインクジェットプリンターは2種類ほどしかなく、値段は2万円を超えていました。

そこで・・

家電販売店のケーズ電器へ行くと、家庭用のプリンターが沢山ありました。

メーカーは・・

エプソン、キャノン、ブラザーなど。

値段は4000円程度から30000円を超えるものまで様々です。

値段によって何が違うのか?

まず・・

パソコンから出力されるデータのみを印刷出来るタイプのものと、コンビニのプリンターのようにプリンターそのものだけで印刷出来るタイプのものがあります。

パソコンからのデータのみタイプは安くなり、プリンターそのものだけで印刷出来るタイプは高くなります。

そして・・

インクの色数が4色〜6色のタイプまでありました。

色数が多いほど綺麗な印刷が出来ますが、値段も高くなります。

あとは・・

印刷の速さ。

速いタイプほど値段は高くなります。

私の要望は・・

プリンターそのものだけでの印刷もしたい。

色数は4色のでOK。(以前のPXA−650も4色だったので。)

印刷の速さはそこそこで良い。

そして・・

出来るだけコンパクトな事です。

置き場所があまり広くないですので。

要望に最も当てはまるのが・・

エプソンのPX−049Aでした。

PX−049Aの特徴。


エプソンのPX−049Aはとてもコンパクトなインクジェットプリンターです。

以前使用していた、PXA−650と比べても一回りくらい小さくてコンパクト。

(左PXA-650・右PX-049A)

重量も軽いです。

(黄色い箱はティッシュ箱)

プリンターだけで印刷も出来ます。

Wi-Fi機能があり、スマホからの印刷もアプリを使えばいい出来ます。

スキャナー機能もあります。

スキャン解像度は1200dpi×2400dpiですので十分。

印刷スピードはL判74秒と少し気になりましたが・・

実際に使用してみると、それほど遅くは感じませんでした。

以前のPXA−650よりは速く感じます。

値段は5918円で購入しました。

格安です!


スポンサーリンク

ソフトウェアディスクをインストール設定してもオフラインだった場合。


PXA-049Aを購入してから、パソコンの設定は付属されているソフトウェアディスクで出来ます。

しかし・・

私はソフトウェアディスクをインストール設定しても、なぜかプリンターがオフラインと表示されてテスト印刷も出来ませんでした。

同じような症状になった場合のか解決方法を説明しておきます。

ちなみに、OSはWindows10です。

まず、パソコン画面の左下にあるスタートメニューから・・


歯車の設定をクリック。


デバイスをクリック。


プリンターとスキャナーをクリック。


EPSON PXA-049A Seresをクリック。


管理をクリック。


規定として設定するをクリック。

私は以上の設定で無事に印刷出来るようになりました。

最後に。


とりあえず、普通に使えるプリンターが欲しいという人にはお勧めです。

エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 カラリオ PX-049A

新品価格
¥5,242から
(2019/3/11 00:09時点)


スポンサーリンク

パソコンからクロームキャストへ繋がらない原因はカスペルスキー。



スポンサーリンク

はじめに。


私は自宅ではネット上で見る動画をスマホやパソコンからクロームキャストでテレビ画面へ繋いで楽しんでます。

テレビ画面へ繋げばアマゾンプライム等の映画も大画面で楽しむことが出来ます。

ところが・・

先日、パソコンからクロームキャストへ繋ごうとすると・・

「デバイスが見つかりません」

というメッセージが出て繋ぐことが出来なくなりました。

原因がわかって、解決することが出来ましたので記事にしておきます。

パソコンからクロームキャストへ繋ぐ方法。


パソコンからクロームキャストへ繋ぐ方法は・・

Google Chromeを立ち上げます。

パソコン画面上の右上に「︙」をクリック。


「キャスト」をクリック。


表示されたキャスト先をクリックすることでパソコンの画面全体をテレビ画面に表示することが出来ます。

通常であれば上記の方法でパソコンからクロームキャストへ繋ぐことが出来ます。

パソコンからクロームキャストへ繋がらない場合の対処方法。


①パソコンを再起動してみる。

パソコンを再起動するだけで繋がる場合もあるそうです。

それでも、繋がらない場合は・・

②クロームキャストを再起動してみる。

クロームキャストの電源コードをコンセントからを抜いて、1分ほど待ってから電源を繋ぎなおしてみてください。

それでも、繋がらない場合は他の原因が考えられます。

私は上記の初めに上記の2つを試してみましたが、繋がらず・・

原因はパソコンにインストールしているセキュリティソフトの「カスペルスキー」の設定にある事がわかりました。


スポンサーリンク

③セキュリティソフトの設定。(カスペルスキー)

私はカスペルスキーを下記のように設定することで、クロームキャストに繋ぐことが出来るようになりました。

ただし・・

設定をする際は自己責任でお願いします。

まず・・

パソコン画面右下からカスペルスキーのアイコンを表示させてクリック。カスペルスキーの画面を立ち上げます。


「便利ツール」をクリック。

「マイネットワーク」をクリックして・・

さらに「ネットワークモニター」をクリック。


右上に「Google Chrome」と書き込み検索。

ポートが「8009」の部分の「リモートIPアドレス」をメモしておきます。(例えば、192.100.0.1 など)。


カスペルスキーの立ち上げ画面に戻り、左下の歯車をクリックして、設定画面を立ち上げます。


「プロテクション」をクリック。

さらに「アプリケーションコントロール」をクリック。


「アプリケーションの管理」をクリック。


右上に「Google Chrome」と書き込み検索。

さらに「Google Chrome」のアイコンがある部分をクリック。


「除外リスト」をクリック。

「指定IPアドレスのみ:」の部分に先ほどメモした「リモートIPアドレスを」入力。(例えば、192.100.0.1 など)。

さらに「指定ボード」のみの部分に「8009」を入力。

「保存」をクリック。


以上で設定は完了。カスペルスキーの画面を閉じます。

パソコンを再起動。

私は上記の設定をするとクロームキャストに繋ぐことが出来るようになりました。

最後に。


設定は自己責任でお願いします。

万が一、トラブルなどが起こった場合でも対応しかねます。


スポンサーリンク

光回線のしつこい勧誘電話をかかって来ないようにする方法。



スポンサーリンク

はじめに。


私は以前まで自宅や店に光回線の勧誘電話がしつこく何度もかかってきて、困っていました。

多い時は3日には連続でかかって来ることもあったり。

しかし・・

ある対策をして最近は殆ど、かかってくる事がなくなりましたので記事にします。

光回線の勧誘電話とは?


勧誘の電話をかけて来るのはNTTではなく、代理店です。

NTTが2015年に自社商品の「フレッツ光」の回線を「光コラボレーション」という商品名で他者へレンタル出来るようにしました。

それによって、様々な企業が参入して、全国に沢山の代理店が出来たのです。

光コラボは本当にお得なのか?


基本的に光コラボはフレッツ光よりも安く料金出来るようになるようです。

乗り換える時に特に工事も不要で工事費なども必要ないよう。

ただし・・

代理店によっては、ネットが繋がらなくなった際にオペレーターの電話に全く繋がらないなどのトラブルがあったりもするようで。

さらに・・

一度、光コラボに乗り換えると、同じ回線ではフレッツ光に戻せなくなるそうです。

ですので・・

もし、乗り換えるとのなら、信頼出来る代理店なのかを慎重に選ぶ必要があります。

そもそも、代理店の勧誘電話のセールストークは怪しい所が沢山あります。

「毎月の電話代が安くなりますよ。」

と、言われる事が多いのですが・・

詳しく聞いてみると、安くなるのは電話をかけた際の通話料。

基本料金は殆ど変わらない。

私の場合、自宅でも店でも固定電話は殆ど受信様で、電話をかける際はスマホを利用します。

通話料が安くなっても、あまり意味はありません。


スポンサーリンク

光回線の勧誘がかかって来ないようにする方法。


NTT東日本、西日本にはフレッツ光などの勧誘停止登録の窓口があります。

NTT東日本(勧誘停止登録ダイヤル)
電話番号 0120-849-994
営業時間 平日午前9時~午後5時まで
休業日 土日・祝日・年末年始

NTT西日本(勧誘停止登録ダイヤル)
電話番号 0120-019-390
営業時間 平日午前9時間~5時まで
休業日 土日・祝日法・年末年始

登録が完了するには一週間ほどかかります。

私は、こちらに電話して、登録をすると勧誘電話は劇的に減りました。

全く無くなった訳ではありませんが、今では殆どかかって来ません。

最後に。


最近は電力自由化の影響で、電機販売代理店からの勧誘電話が増えて来ました。

こちらも、停止が出来ないか、調べてみようと思います。

そもそも、本当に良いのかサービスがある会社であれば、今時、わざわざ電話営業などする必要ないはずですよね。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

自分のパソコンだけアドセンス広告が表示されない原因。Windows10



スポンサーリンク

はじめに。


こちらのブログにはグーグルアドセンスの広告を導入しているのですが、ある日、アドセンス広告が表示されなくなっていることに気付きました。

アドセンス広告を張り付けた部分がベージュ色のままで広告は表示されない。

スマホでは表示されているのですが。

ネット上で調べて、色々と試してみましたが、なかなか解決に至らず。

最終的に自力で原因を特定できましたので、記事にしておきます。

パソコンでアドセンスが表示されない原因。


ポリシー違反

アドセンス広告が表示されなくなった原因として、よくあるのが、アドセンスの規約に違反した記事などを書いていて、「ポリシー違反」として広告配信が停止された場合があります。

しかし、この場合はスマホ等、全ての端末で表示されなくなるはずです。

念の為、アドセンスのサイトでポリシー違反の警告が来ていないか、確認もしましたが、やはり、ポリシー違反はありませんでした。

他に人には表示されているのでしたら、問題は無さそうなのですが・・

やはり、自分のパソコンでも、せっかく張り付けたアドセンス広告は表示させたい。

そこで、ウェブ上でパソコンだけアドセンス広告が表示されない原因を調べると、同じような症状になった人が多いようで・・

沢山の原因と解決方法が出てきました。

パソコンだけアドセンス広告が表示されない主な原因。

・ブラウザのキャッシュとcookieを削除してみる。

・ブラウザでJavascriptが有効になっていないので有効にする。

・アンチウイルスソフトの「バーナー広告ブロック」がONになっているのでOFFにする。

・サイトをSSL化すると表示されるようになる。

主に上記のような内容です。

詳しくはウェブ上で調べると詳しく書かれています。

私は全て試してみました。

これを機に時間かけてサイトをSSL化もしましたが・・

それでも、アドセンス広告は表示されませんでした。


スポンサーリンク

アドセンス広告が表示されなくなった原因はカスペルスキーの設定。


ウェブ上で調べた、解決方法を色々、試しても改善されませんでしたが、原因は何となく、インストールしているアンチウィルスソフトのカスペルスキーにありそうな気がしましたので、調べてみることに。

すると・・

やはり、カスペルスキーの設定にありました。

では・・

詳しく、設定方法を説明します。

まず、パソコン右下に隠れているのカスペルスキーアイコンを表示させて、クリック。

カスペルスキーの画面が出てきたら、左下の歯車をクリック。

「プロテクション」をクリック。

その中の・・

「Webトラッキング防止」と「バーナー広告対策」の2つをOFFにします。

すると・・

アドセンス広告が表示されるようになりました。

バーナー広告対策はウェブ上で調べた情報で知り、早い段階でOFFにしていたのですが・・

Webトラッキング防止もOFFにしないと表示されないようです。

Webトラッキング防止とは・・

Webサイトでは、閲覧者の好みに応じて対象を絞り込んだ広告を表示するために、閲覧者の行動に関する情報が収集されています。

Webトラッキング防止を利用すると、Web閲覧時の情報収集をブロックすることができます。Webトラッキング防止の初期設定では、すべてのWebサイトでの情報の収集が許可されており、ブロックするには、手動で設定を変更します。

との事。

とりあえず、私はOFFにしていても、特に問題なさそうなのでOFFにしておきます。

最後に。


同じ症状で困っている方の役に立てましたら、嬉しいです。


スポンサーリンク

*アイキャッチ画像「Pixabay」より

AndroidからiPhone XSへ機種変更してみた感想。



スポンサーリンク

はじめに。


私は長年、スマホはAndroid(アンドロイド)ユーザーでした。

しかし・・

4日前にiPhone XS(アイフォン10S)に機種変更してみました。

理由はiPad(アイパッド)を購入したくなったからです。

iPadを待つならば、スマホも互換性のあるiPhoneに変えた方が良いだろうと思ったのが理由の一つ。

ちなみに、携帯会社はDOCOMOです。

以前まで使っていたスマホはシャープのSH-04Hでした。

使い始めた頃は特に大きな不満はなかったのですが・・

2年ほど経ち、充電がすぐに少なくなってしまうようになりました。

その辺りも機種変更に至った理由でもあります。

AndroidからiPhoneに変えてみて良かった点。


実際にAndroidからiPhoneへ変えてみて、良かった所は・・

①充電の持ちが良い。

最新のAndroidの機種と比べたわけではありませんが、私が今まで持った事のあるスマホの中では、充電の持ちは一番、良い気がします。

実際に調べてみると、AndroidよりもiPhoneの方が充電の持ちは良いという評判のようです。

②販売されているアクセサリーが多い。

これはAndroidユーザーだった頃から思っていた事ですら、

販売されているスマホケース等のアクセサリーはAndroidよりも、ダントツでiPhoneの方が多い。

Androidは販売されている店も少なくて、困っていました。

③ネットがサクサク動いて速い。

Androidと比べてiPhoneの方がネットも早く開けて、ストレスが少ないです。

しかし、これは、機種変更したiPhoneの方が最新の機種だからであり・・

最新のAndroidと比べた場合は、わかりません。

④音質が良くて音量も大きい。

iPhone Xに変えてみて、音楽を再生した際の音質や、電話をスピーカーに切り替えて話す際の音量も大きくて満足です。

以前のSH-04Hは音量が小さくて不満でした。

ただし、こちらも機種によって違うようですので・・

最新のAndroidと比べた場合は、わかりません。

AndroidからiPhoneに変えてみて不満な点。


①ダウンロード出来るアプリが少ない。

これは、iPhoneに変えてから、わかったことですが・・

Androidと比べてiPhoneはダウンロード出来るアプリの数が少ないです。

②LINEの通知をバイブだけに出来ない。

以前のAndroidユーザーだった頃は、LINEの通知がある度に音がするのがイヤだったので、通知はバイブだけにしていたのですが、iPhoneに変えてバイブのみに出来なくなってしまいました。

iPhoneの場合はLINEの着信音をOFFにすると、バイブもOFFになってしまいます。

ですので、仕方なく、現在、LINEの通知は画面上だけにしています。

③文字入力の「進む」と「戻る」ボタンが無い。

iPhoneでLINEなどの文字入力をする際、なぜか、「進む」と「戻る」ボタンがありません。

Androidにはあったのですが・・

ですので、誤字をしてしまった事に後から気付いた場合、その部分に移動するのが難しいです。

④充電器のコードが短い。

Androidに比べてiPhoneの充電器はなぜか短い。

私の場合、部屋によっては長さが足らない為、コンセントに延長コードを挿して、そこから充電器に繋いでいたりしています。

⑤ワンセグ/フルセグを見ることが出来ない。

iPhoneではテレビが見ることが出来ません。


スポンサーリンク

AndroidとiPhone、どちらが良いか?


結論から言うと・・

スマホ以外のApple製品を利用するならば、スマホもiPhone。

スマホ以外の端末でApple製品を使わないのであれば、AndroidとiPhone、どちらでも良い。

と、なるでしょう。

AndroidとiPhone、どちらも、それぞれに優れた部分があり、一長一短です。

実際のところ・・

スマホとしての部分だけであれば、大した違いはありません。

しかし・・

MacBookやiPad、Appleウォッチ等といった、iPhone以外のApple製品を使うなであれば、互換性に優れたiPhoneの方が便利でしょう。

一方・・

Androidが優れている点はアプリも多くて、スマホを自由にカスタマイズしやすい所です。

また・・

AndroidはマイクロSDも使えて、スマホ自体のデータ保存容量を増やす事も出来ます。

iPhoneは端末自体の容量を増やす事は出来ません。

最後に。


私の周りにはiPhoneユーザーが圧倒的に多いです。

しかし・・

元々、日本はiPhoneがAndroidより、シェアを上回っていたようですが、近年になり、Androidが逆転したようでふ。

世界的にもAndroidがiPhoneよりもシェア率を上回っているようです。


スポンサーリンク