新型コロナの影響で収入減なら国民健康保険を減額できる件。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

はじめに。


新型コロナウィルスで収入が減ったフリーランスや個人事業主の方は国民健康保険を減額できる可能性があります。

ただし、この制度がある事を知らない人も多いようですし、自分から問い合わせて申請をしないと減額できません。

私もマジシャン仲間から教えてもらって、初めて知りました。

知らずに損をしている自営業者やフリーランスの方もいるかもしれませんので、具体的な内容を記事にしておきます。

国民健康保険を減額できる条件とは?


新型コロナウィルスに感染して仕事ができなくなっている人は国保が全額免除されるそうです。

また・・

感染していなくても、新型コロナウィルスの影響で収入が前年度よりも減る見込みの人は減額できるそうです。

減額される条件は・・

前年度の所得が1000万円以下であり、今年度の所得が30%以上減る見込みの人だそうです。

具体的に、どのくらい減額されるのかは計算方法が大変に複雑だけどなので、私にはわかりませんが・・

前年度の所得などに応じて2割〜10割の減額されるそうです。

また・・

前年度の所得が300万円以下であれば全額免除される可能性もあるとの事です。

ちなみに・・

持続型給付金などは収入として含めず計算されるそうですので、給付金を含めるとそれほどの収入減になっていないという人でも減免される可能性はあると思います。

ただし、上記の内容は私が個人的に調べた情報に過ぎませんので、確実な情報については各都道府県の自治体へ問い合わせて調べることをお勧めいたします。


スポンサーリンク

国民健康保険の減免申請をする方法。


国保の減免申請の方法は・・

まずは、ご自分がお住まいの各都道府県の自治体へ問い合わせて、申請書を送ってもらいます。

そして・・

送られてきた書類3枚を書き込み、前年度の所得が分かる確定申告書のコピーを同封して送り返せば完了です。

具体的には・・

・保険料減免・猶予申請書

・保険料減免に係る世帯主の収入状況等届出書

・同意書

上記の3点の書類に必要事項を書き込み・・

前年度の確定申告書(所得税及び復興特別所得税の申告内容確認票B)を添付して送れば完了でした。

持続方給付金の申請等と比べたら、簡単な内容でした。

ただし、上記の方法で私の場合、減免申請自体は完了しましたが、各都道府県で多少の違いはあるかもしれません。

最後に。


現在、私は減免申請はしていますが、実際に減免されることが確定はしていません。

自治体からの連絡待ちの状態です。

少しでも減免されるのであれば、嬉しく思います。

手続き自体も難しくありませんので、自営業者やフリーランス等、国民健康保険加入者の方は、とりあえず減免申請をしておいた方が良いのではと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です